イタグレブリーダー・わんわん日記

イタリアングレーハウンドの出産・子犬の成長の様子・わん達との日常を楽しく紹介していきます。

今年も・・ありがとうございました。

2010年12月31日 | Weblog

 今年最後の日になりました。 わん達のお世話で、いつもと変わらない毎日です。。。 一日のスケジュールは規則正しく決まっています。30分とくるいません。 だから、わん達も時間がくればハウスに入って寝ます。そして時間がくればお部屋の中で自由に過ごし・遊びます。女の子のヒート(発情)がくれば 順番ね という私の声で、男の子と・ヒート中の女の子は交互にハウスに入ります。男の子に追いかけられるのが分っているので、自分から→ハウスに入るわぁ~と入っていきます。可愛いいものですよ 何年も同じことを繰り返しているので、わん達も学習しています。 ヒート中は大変でしょう とよく聞かれますが、そんなに大変ではありません。要は人間の管理の問題です。人がきちんとルールを決めて遂行していけば、犬はおのずとルールを覚えて従います。何の不満もなく、当たり前のように従ってくれます。

 

今日も可愛い子犬達。 産まれて10日を過ぎて、身体は丸々と・・毛もフサフサしてきました。よく動いて、ハウスの中をはいはいしています。私が抱っこすると、ピュウ・ピュウと鳴きます。あらっ~ママのほうがいいの~と母犬の元へもどすと、安心してお腹の中へもぐっていきます。目が開いてなくても、ママのそばと、引き離されたときがわかるのですね。本能ってすごいですね。赤ちゃんをみていると、本当に イノセントパピー・・・汚れのない・純粋・無垢な子犬ちゃんです。

動物をたくさん飼っていれば、お正月もお盆も関係なく、いつもと変わらない日々です。でも好きな事をしているからストレスはありません。子犬がいるときは癒されているから、反対に心が落ち着きます 成犬達も健康で、性格もいい子ばかりで、わたしの大切な仲間・家族です。

今年一年間、たくさんの方々にお世話になりました。ショー会場でハンドリングや犬の事を教えてくださった先生方・大先輩の方々・・ありがとうございます。同じテントで楽しく過ごしてくださった皆さん、新たにお友達になってくださった方々、同じクラブでお世話になったS会長・E子さん~本当にありがとうございましいた。そして、イノセントの子犬とご縁をもってくださった飼い主の皆さま、これからご縁をもってくださる方々、ありがとうございました。

私のH・Pやこのブログを見てくださったみなさん、ありがとうございました。誰にでも見てほしいわけではないけれどね・笑い。 私はブログにパスワードをつけて、特定の人にだけ見てもらうようなことはいたしません。それでは書く意味がないような気がします。読む人にとっては・・・ものの数十秒で読み終わるでしょうけれど、書くほうは、多分30分以上かかって書いています。ネタを絞り出して長時間かかることもあります 書き終えた後も、どなたかが読んで、気分を悪くされてはいけない・・・と書きなおしたりすることもあります。公の場にでるのですから、それくらい気を遣って書いています。

ブログを途中でやめる人もたくさんいらっしゃいます。そのお気持ちも分ります。タダで見れます。匿名で書き込みできます。せっかく頑張って書いたのに、傷つくこともあるでしょう。  私はブログ村のブログを読ませていただいたら、必ずワンクリックしています。書いている方々にお礼の気持ちを込めてです。読ませていただいて勉強になることもたくさんあります。写真や文章が上手で、感心させられるブログもたくさんあります。これだけの情報がタダで読ませていただけるのですから、I・Nってすごい世界です 良くも悪くもね。

来年もまた、マイペースで進んでいきます。よろしければ、イノセントのわん達&管理人を応援してくださいね。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

相変わらず・・健在!

2010年12月29日 | Weblog

私のブログやH・Pを数年前から見てくださっている方々には、おなじみの光景です そうです!のぞき見の初代のストーカー エリーちゃんです。 エリーは赤ちゃんが生まれるたびに興味津々で、しつこくのぞくのです。だから、産んだ直後のママ犬には、時々→ ガウッ!とやられていました。

今回は、最初の3日間くらいはあまりのぞかなかったので・・・ついにエリーちゃんも老衰傾向にあって、赤ちゃんが生まれていることが分っていないのかなぁ~と寂しく感じていたところ・・・4~5日目くらいから、急にのぞくようになりました。良かった~エリーがのぞかないと、どこか身体の具合でも悪いのかと心配になるじゃないですか。。。

うふふいるいる・・・赤ちゃんが見えるわ。 ここ・・タオルがないから、よく見えるわ~

エリーちゃん、何を思っているのでしょうか 可愛いストーカーさんです。ママ犬も、エリーにはあまり怒りません。普段からエリーのことが好きで、まとわりついています。エリーは迷惑そうにお顔をしかめていますけどね。犬にも相性があります。エリーが年をとっているのが分るようで一目おいています。

うふふ ここもよく見えるわ。タオルがまくられてるからね。ひゃーかわいいわぁ~

エリーがまだボケていなくて(11歳です) しっかりストーカーしているので、ヘンに嬉しい管理人です。 でもね~エリーには怒らないのに、モナにはすごく怒るのですよ~自分よりも格下・小娘だと思っているのでしょう。相手によって態度が違うのです。人間と同じですね。そんな様子を見るのも楽しいです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

順調です。

2010年12月28日 | Weblog

パピーちゃんたちは順調に育っています。 通常産まれて一週間~10日で、子犬の体重は、生まれた時の2倍になります。毎日体重を計っています。昨日の時点・・8日目で、体重は2倍になっていました。順調です お腹が一杯になると、このように幸せそうなお顔をして寝ています。

今回のママ犬は、よく食べるのですが・・思ったよりは、お乳は張っていません。程よい量が出ているようです。4匹いるので、かなり吸われていますからね。ママ犬の中には・・・お乳が張りすぎて余ってしまって、熱を持つ子もいます。1~2匹の場合は吸われる量が少ないので余ってしまうのです。そのような場合は、私が余分なお乳を搾って出してあげています。そうしないと、お乳が溜まってしまい、質の良くないモノになってしまうからです。今回は大丈夫 私が手をかけなくてもよいようです。

ママ犬はパピーのおしりを舐めてウ○チを促して出してあげるので・・・おのずとママ犬のウ○チの量が増えます 犬のお産を経験した人は分るでしょう~大半のママ犬はお腹の調子が悪くなり、ウ○チが軟らかくなります。下痢の状態が続く子もいます。 でも今回のママ犬はお腹が丈夫です。多少は軟らかいけれど、健康なウ○チをしています。これも、私の中では大切なバロメーターです。

年賀状~出しましたか? 我が家では主人の分をまず先に作ります。私はいつも忙しいので、あとから作ります。去年までは主人の分も、私が作っていました。この写真を入れて~この文字を入れて~と要望を言ってくるので、その通りに作ってあげていました。でもね~いいかげん・自分で覚えて自分で作ってくれないと困るのよ→ 今年から、自分のことは自分でしてください と言って→ 年賀状ソフトの作り方を教えたのです(えらそうでしょう・笑) そしたら、自分でも覚えたかったらしくて・・・何度も質問しながら、なんとか自分で作っていました。土日に作り上げていました。

主人が終わったから~さあ今度は自分の分だ~ と昨日、写真を選んで構想を決め、住所録に新たな飼い主様を登録し・・・さあ印刷だ~ と年賀状を出したら・・・あらら・40枚しか残っていない 足りないですよ。。。旦那さん、結構使ってる。。。でなわけで、昨日買い足して、今日には出せるかな 元旦に着くかしら・・・微妙なところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守っている母(^v^)

2010年12月26日 | Weblog

パピーハウスのゲージを開けると・・産んだ直後はこのベッドの中にいました。4~5日経ったら、赤ちゃんが大きくなって狭くなってきたのでベッドを取り除いてフリーにしました。パピーハウスの左側には3段マンションがあります。1段目と2段目からは見えないのですが~ 3段目は高い位置なので→ 親子の様子が見えるのです。

そこで、見られることが気に入らないママちゃんは、3段目から見ているわんを・・・じぃっ~と見ています。 なに見てるのよ やめてよ!と言いたげです。

それでも4~5日経ったころから、見るのをやめて~ の光線が弱くなってきました。 他のわんが近づいてきても怒らなくなりました。精神面が落ち着いてきたのでしょう。それに子育てってストレスが溜まるのですよ~きっとね。 人間と同じです。24時間赤ちゃんのお世話を・・・何日も・何カ月もするわけですから。時には息抜きが必要です 私たちは、ことあるごとにママ犬に話しかけて褒めています。そして・・・オ○ッコ行かないの~?ガマンしなくていいよ~とトイレを促しますが~ なかなか行きません。子犬が1匹でもおっぱいに吸いついているときは、トイレには決して行きません。子犬全員がお腹いっぱいになって、お乳から離れて寝てしまったときに・・・そっ~とハウスを抜け出してトイレに行きます。お母さんは→ えらい

ここ数日氷点下の日が続き、道路はツルンツルン スケートリンクの状態です。 昨日は怖かった   ショッピングセンターの駐車場を出るとき、出口が登り坂でツルンツルン つまり、スケートリンクが登り坂になっている状態です。 けれど、滑り止めの砂が沢山まかれていたので大丈夫だろう~とそこを通ったのです。でも大丈夫ではなかったのです   沢山まかれていたのは、それだけ滑って、そこを登れない車が続出したということだったのです。そのショッピングセンターは大きくて、出入り口は四方に沢山あります。私ったら、他の場所から出ればよかったのに・・・去年までは4WDの車で自信があったから、あえてその出口を選んだの。。。

そしたら、あ~あ・よせばよかった  10数年ぶりに恐ろしい目にあいましたよ  上り坂を上がって道路の前まで進んだとき。タイヤがすべって空回りをし始めて・・つまりツルンツルンと滑って全く前に進まなくなりました。それどころか、横滑りみたくなって、となりの建物にぶつかりそうに キャー・冷や汗ものです。私の後ろには十数台の車が数珠つなぎに並んでいて。。。後ろに下がることもできない    ひゃ~・どうしよう!心臓はバクバクです。自分が建物にぶつかるならまだしも・・・後ろの車とぶつかったら・・・とドキドキです。

こんな時、あせってアクセルを踏むと、ますます道路に研磨がかかって、もっと抜け出せなくなるのです。そこで私はサイドブレーキをかけて、車から降り、近くに備え付けてある砂箱から、一袋の砂を持ってきました。砂が1kgほど入っています。北海道では滑りやすい場所には、このような砂箱が設置してあります。いつもは袋を手でちぎるなんて(@_@;) したことがないのに(ハサミです)・・・火事場のバカ力ですね~バリバリと袋を破って(自分でもびっくり!簡単に破れました) 前輪・後輪のタイヤの前と後ろに→ 砂を、ぎゅとこすりつけました 何度も行き来してぎゅ・ぎゅ・ぎゅ!そして余った砂を車の前にまいて~。自分も坂でツルンツルン滑りながら(-_-)zzz なりふりかまわずとは、こういう時ですね。車を進ませたい一心で・・・私の手は労働者のように、砂にまみれて真っ黒になりました。でも、そんなこと構っていられません。私の後ろに十数台も並んでいます。みなさん、早くお家に帰りたいでしょう。 私も帰りたいよ

でも、ありがたいですねぇ~後続の方々は、大丈夫ですか~頑張ってくださいね~てな感じで見守ってくれていました。何しろ坂ですから・・・人が押したとしたら人間が滑ってしまいます。北海道の人って、滑って動けなくなった車には、優しいというか待ってくれるのです。

そして、車に再び乗りドキドキしながら~大丈夫かな~とゆっくりとアクセルを踏んだら・・・動いた→ 前に進みました。良かった~本当は右折の方向なんですけど。そんな贅沢はいってられません。ひっきりなしに車が往来しているので、安全策で左折しました。 車が前に進んだ瞬間は嬉しかった ああ~やっと帰れると(笑)

それからターンして、その駐車場の出入り口を通ると・・・私のまいた砂効果で 後続の車は、どの車も滑ることなくスムーズに出ていました。自分は怖い目にあったけど、人助けができたかな。車が道路を通るたびに、研磨がかかって砂が埋められていきます。するとまた滑りだすのです。多分、何十台・何百台かに一台は、滑って進まなくなる車が現れ→砂をまいて脱出しているのですね。昨日は私の番だったということね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天使です(^。^)y

2010年12月25日 | Weblog

可愛いパピーちゃんです。 天使ですね~ ブルーとオレンジが女の子です。 ブルーの子が、頭が出ていた長女です。毎日体重を計っていますが・・・長女だけ・・ちとばかり(笑) 大きいです。

この時期の赤ちゃんは、お乳を飲むか~寝るか~ の日々です。 平和です。手が掛りません。

夜は、私はパピーハウスの前にお布団を敷いて、ママ犬達を見守りながら寝ています。パピー達は一晩中おっぱいを飲んでいます。ママ犬も一晩中、パピーちゃんのオ○ッコ・ウ○チのお世話で、ゆっくりと休むことができません。4匹だと、けっこう重労働です。パピー達にも癒されますが・・・私はいつも、黙々と赤ちゃんのお世話をするママ犬に感激し、癒されています。

一晩中・・・パピーちゃん達の、ピュウピュウという声を聞き(鳴くだけでなく、お話をしているときもありますよ)夜中に母犬に、ご飯とドリンクをあげているので、私も24時間体制で、ママ犬と一緒に子育てをしている感じです。でも、ちっとも苦になりません。むしろ幸せです。好きなんです。この仕事が。

それに今はまだ序の口 母犬のケアーさえしていればいのですから。これから一ヶ月後・・離乳食が進んで、子犬が自力でウ○チをするようになると→ 夜中に、何度も起きてウンチを拾うことになります。拾うだけなら良いのですが・・ヨチヨチ歩きでだいたい踏んでたりするので→ ギャー プチお掃除です。 眠い・眠い日が続きます。でもそれも私のお仕事・・・楽しいです。犬のことでイヤな事はありません。

昨日はイブでした。いつもより早めに近くのショッピングセンターへ行ったら、すごく混んでいました。店内のケンタッキーには、ただ今1時間30分待ち とボードに書かれていました。えっ!とんでもない!パピー&ママ犬が待っているのに。。。クリスマスだし・・主人はチキンが好きだからなぁ~でもスーパーのチキンは買いたくない! 油っこそうで、イヤだぁ。。。すると時々買っている焼き鳥専門店に、この日だけ特別にフライドチキンが売られていました。からっ!としていて美味しそうだったので買いました。ピザも買いました。ここは色々な専門店があります。 そして、クリスマスケーキは大きすぎるので、バラ売りのクリスマスバージョンのケーキを数個ずつ買いました。わんたちにもお肉を買いました。

子供たちが居た頃は毎年、ケンタッキーのボックスやクリスマスケーキを予約していましたが・・大人だけになってからは、そんなに食べきれないですからね。

通常クリスマスには、主人と外食していたのですが・・・生まれたばかりの子犬がいるので、長時間のお出かけは控えています。気になって、すぐに帰りたくなりますからね。

そしたら、帰宅した主人は~わぁ~クリスマスの食事だ~と嬉しそうでした。いくつになっても、イベント心があるのはよいことですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

興味津々。。。

2010年12月23日 | Weblog

 わん達の会話

ねえねえ~わたしたち最近・・・ハウスに寝てるでしょう。 それってね~赤ちゃんが生まれたからみたい~ この中に居るみたいよ・・・見たいわぁ でもね、管理人さんが、上からタオルをかけて・・・見れないようにしてあるの

 

どれどれ・・・カリカリとタオルをかいてみた。 だめよっ!叱られるわよっ!  案の定~中のママ犬がウーウーとうなっている

よ~し・ではわたしは→ ここから覗いてみるわ! あっ見えた・見えた 小さな・いもむしさんが動いてる。これが赤ちゃんなのね

他のわん達は、赤ちゃんが生まれたのを分っているので・・・気になって仕方ありません。すきあらば覗きたい とチラチラ見ています。その姿は可愛いですよ。出産して数日間は、母犬が神経質になっているので、他のわんからガードするためにタオルをかけています。オープンにすると、他のわんがストーカーのように常に見に来るので、ストレスでおっぱいの出が悪くなったり子犬を守ろうと、異常に舐めまわしたりするので(子犬が疲れて眠れなくなります)よくありません。

わん達がハウスタイムの時は、ママ犬のゲージを開いているので、その時をみはからっておトイレに行っています。他のわんがハウスの中ですから、安心して用を足しています。用を足し終えると→ 速攻、赤ちゃんの元へ戻ります。どの母犬も母性愛が強いです。

でもね、犬同士だと 来ちゃダメ  と威嚇するのですが~ 私が・・・ちょっと赤ちゃんを貸してね~他の子に匂わせてあげてね~と言って赤ちゃんを取りあげて、他のわん達にクンクンクンと匂わせて触らせても、全然怒らなくて静かにみているのですよ。 その間20秒くらいです。すると、他のわん達は満足します。 触らせてもらってよかったね~と言うと、わんたちは満足げに立ち去っていきます。ママ犬にも、ありがとうね!赤ちゃん・・可愛いってさ~と言ってもどすと、ママは何もイヤな事をされないのが分るので→ 次もまた、他のわんに触らせてくれます。

あるブログで、イタグレの♂と牝を飼っていて・・・犬が、飼い主の知らない間に交配をしてしまい→予定外に子犬が産まれてしまったと書いてありました。そこのママ犬は、一週間ほど誰にも子犬を触らせてくれず・・・飼い主が近づいても ガブガブガブ でケガをしたそうです。産まれた子が男の子なのか女の子なのかも…触れないので、一週間ほどは分らなかったそうです。こういうケースってよく聞きますけど・・・私からすると信じられないです。完全に犬のほうが上になっていますね。それは、犬が悪いのではなくて、育て方・しつけの問題ですね。小さい時のしつけを怠るとこうなります。 信頼関係がしっかりとできていて、犬が飼い主を尊敬していれば、どんなことをされても人間に従いますよ。たとえ首をしめられても→ ご主人さまは、ぜったいに自分を死なせたりしない!と信じているからじっとしいています。それが、犬の生まれ持った習性なのですから。

24時間営業になり、頭がボーとしていて、メールの返信が遅れています。すみません。ブログのほうを優先させていただきました。みなさん、更新を楽しみにしています・と書いてくださっているものですから。今までにご予約くださった方々とはご縁がもてます。ありがとうございます 明日には返信させていただきます。子犬の写真も撮りました。すごい!可愛いです ← 親ばかですね~ごめんなさい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事に・・・産まれました<(_ _)>

2010年12月21日 | Weblog

昨日の夕方から陣痛が始まり・・・夜から~夜中にかけて・・・無事に4匹のパピーちゃん達が産まれました~ うちわけは、男の子2匹・女の子2匹です。4匹とも元気で、おっぱいを自力でグイグイと飲んでいます。ママ犬も元気です。見守ってくださった方々 ありがとうございます

せっかくですから、簡単に実況中継を(笑) 私は他のブリーダーさんがやっていないことをするのがモットーでして   たとえば、妊娠中のママ犬の写真を載せたり(今回は安産であろう~というある程度の確証があったからね・母犬の様子で・・ある程度は分ります) 飼い主様が決まっていても、最後まで成長の様子を紹介したり・・・空港まで送る様子もね。。。これは、今すぐにはわんちゃんを飼えない人にも楽しんでいただこうというサービス精神からです。血統書の名前を、わんちゃんの名前と同じで登録して差し上げたのは、私が最初だと思います。今ではみなさんにマネされちゃってるけどね

さて今回のお産。 昨日、ブログを書き終えて、わん達をハウスから出したら・・・すでにママ犬は、か~るく陣痛が始まっているようなようす。。。ハウスの中では何も言わないでおとなしくしていたのだから→ なんて・おりこうさんなの  そして、当然夕飯は食べなかった。 私は他のわん達にご飯をあげて、少し遊ばせてから出産体制に突入 他のわん達を再びハウスに入れて、ママ犬と二人で向き合う~ 他のわんがウロウロしていないから集中してお産に臨めるのよね!

6・25分破水・・・ピンポン玉くらいの羊水だけ入った丸い膜が出てきた。ママ犬は気になって、何度も舐めながら自分で破った。ママ犬が自分で破るのは良いのだけれど・・・いつまでもぶらさがっているからと、人が破ってはいけません。この羊水は子犬が産道を通りやすくしてくれる、大切な役目があります。7:20分二つ目の羊水・玉が出てきました。わんによっては、4つも5つも出てくる場合があります。出産をなめらかにするための大切な羊水・破水です。

そして~8時過ぎから定期的に強いいいきみがきて・・・肛門と陰部の近くまで赤ちゃんがさがってきました。赤ちゃんが、もうすぐこの世に産まれてきます。頭が陰部のところまできています。大きくふくらんでいます。この写真です。 ↓

ここまできたら~私は、すごい!すごい!上手ね  と褒めながら~もうすぐよ~えらいね!と話しかけ続けています。上手にいきむので、そうそううまいねぇ~といきみと一緒にお腹をなぜたり、時にはいきみに合わせて押したりして手助けします。するとママ犬も、ますます頑張ってくれるのよ。そして、ついに頭が出てきました。感動の瞬間です お顔がはっきり分ってキレイです。 まだ膜に包まれています。この写真です。 ↓

もぉ~~~ 見た瞬間、可愛くて可愛くて   何度経験しても感動です  ママ犬ちゃん、もうひと踏ん張りよ! ところがこの第一子は大きいらしく、その後何度もいきんでいるのに、なかなかで出ることができませんでした。首だけ出て、つっかえてる感じで微動だにせず・・身体が出そうにありません。そこで私は指を入れて、赤ちゃんの両肩をつかみました。首だけひっぱるのは危険です。引っ張るときは肩をしっかりとつかみましょう。逆子の場合は、足だけ引っ張ってはいけません。赤ちゃんのおしり・腰の部分までつかんで出してあげなくてはいけません。 私が肩をつかんで・・いくよ とゆっくりと引っ張ると、ママ犬はそれを察知して、合わせていきんでくれました。いつもそうですが、あ・うんの呼吸です。

そして産まれた第一子・女の子 体重は200gでした。大きいね。だからちょっと時間がかかったのね。 でもその後は安産でした。10:30分に第二子・女の子 150g 11:30分に第三子・男の子 150g そして日付が変わって何時だろう?半分うたた寝をしていたら・・第四子・男の子 180gが無事に産まれてくれました。母子ともに元気で安産でした。 こんなに素晴らしい宝物達を産んでくれたママ犬ちゃん、ありがとう お母さんは産婆さんになると燃えるのよ。赤ちゃんの出産のシーンに立ち会い、無事にお産が終わることがお母さんの生きがいです。自分の意思で産んでくれたワケではないのに・・・赤ちゃんを一生懸命に可愛がる母犬の姿には毎回感動し・敬意を表しています。素晴らしい、私の大切な愛おしい仲間です。

そして、お産が終わってからゆったりとするパピーちゃんやたち。。。可愛い  癒されますね。

子犬のご予約を頂いている方や、お問い合わせを下さった方・・・ありがとうございます。 まずは無事に産まれました事をご報告させていただきます。順にメールなどで連絡させていただきますので、よろしくお願いします。子犬の写真は、落ち着いてからH・Pの出産情報に更新させていただきます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まだです。。。

2010年12月20日 | Weblog

 出産の予定日になりましたが・・・まだです  

昨日から、夜中に何かあっては ・・・と電気を点けたまま寝ています。 今朝がた、妊婦ちゃんがそわそわしていたので→ そろそろ近いかなぁ~と思いましたが、今朝の朝食はペロリと平らげました。それで、私も用事があったので、今日の午前中はあまり心配せずに1~2時間ほど出かけることができました。

午後からのおやつタイムにも、いつもと変わらずに食べた。。。きっとこの様子では、これからの夕食も食べるだろうなぁ。 お産はわんによってさまざまです。産む1~2日前から食べなくなる子もいれば・・・出産の直前まで普通に食べる子もいます。でも直前に食べると。。。陣痛が来たときに、気持が悪くなって、必ずといっていいほど もどします。何度も、もどします。可愛そうなくらいに 吐くときって、ウェツ・ウェツと体中に力が入るので体力を消耗します。ですから、予定日を過ぎるとご飯の量は多くはしません。

陣痛が近くなると、お腹の赤ちゃんが下がってくるので、お腹が張ってきます。触ると分ります。私は一日に何度も触って確認していますが~まだ下のほうまで下がっていなくて、軟らかいです。このようすだと、今日の夜中くらいから徐々に始まり→ 明日あたり→ お目見えになるのかな。赤ちゃん、待ってるよ

夏のショーが終わってから9月~12月まで・・・ここ数年のうちで一番ヒマでした だからなのかなぁ~余計な事を考えたり~心配しなくてもよいことが気になったりで→ 体調が悪い日が多くて苦しみました。だけど、食事もお酒もアイスクリームも(昔は好きではなく食べたことがなかったのに・・・)おいしく沢山いただけるのですから、病気ではないのです。10わんもいるのだから、お世話するだけで忙しいはずなんですけど、午前中と午後の決められた時間には、ハウスに入っておとなしくお昼寝をします。わんたち、その間・うん・ともすん・とも言わずおりこうさんです。 だから、ヒマに感じるのでしょうね。

私はヒマな生活は向いてないようです。心が凹みます だけどもうすぐです。赤ちゃんが生まれたら忙しくなってくるので・・・以前の忙しさが戻ってくると思うと楽しみです。出産してくれたママ犬をケアーしてあげることに、私は燃えます 夜中も起きて、ママ犬にスペシャルドリンクやご飯をあげます。ママ犬が、待ってたのよ~起きてくれるのをずっと待ってたのよ~てなお顔をして 嬉しそうに食べる姿に幸せを感じる管理人です。もうすぐ、そんな幸せな時間が訪れる~嬉しすぎます← ヘンな人ですかね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RONALDO’s son

2010年12月18日 | Weblog

 このわんちゃんは、ロナルドの息子です。

ショーの合間に、飼い主様に抱かれてひと休みしている姿は、愛嬌があって可愛いです~ この写真も、私の大好きな写真の中の一枚です。この子もヨーロッパの各国で、いくつかのCHを獲っています。私は、この男の子にひときわ愛着があります。といいますのも、旧ブログにも書いていますが・・・最初は、この子が私の元へ来る予定だったからです。

ところが2004年から(だったかな?)動物の輸入法の改定があり・・・10カ月未満の子犬は輸入できなくなりました。当時、ポーランドでロナルドの子犬が生まれ・・・毎日のようにこの子  の子犬時代の更新される写真を眺め~ この子、来てもらえるかなぁ  と夢見ていた私は・・・法改定にガックリしました 当時は仲介の業者に輸入の手続きをお願いしていました。その業者さんと先方様は、初めてのお付き合いで、10カ月・・・つまり1年近い歳月を・・犬を預かって育ててあげるまでの信頼関係が、築かれていなかったと思われます。先方様から→ 1年もあずかることはできない!とお返事が返ってきたそうです。そして、迎え入れる人(私ですね)のことを、どのような人なのか?もっと詳しく教えてほしいと言ってこられたそうです。当たり前です~大事に育てた我が子を、二度と会えなくなる外国に送るのですから。

それから、私は自分のこと・家族の紹介・飼っている犬の紹介・住んでいる札幌がどのような所か?人口・観光・住んでいる環境などなど~誠意を尽くして文章を書き・家族や犬達の写真を何枚も送りました。譲っていただけるなら、家族と同じようにわんちゃんを大切にすること・・パピーミルではなく大切な仲間として大事にすることなどをお伝えしました・・・すると、誠意が届いたのです  先方様は、子犬ではなく、ロナルドパパを譲ってくださるとおっしゃったのです。

これには驚きましたよ。このお話が来たときは嬉しさで、胸がブルブル震えました  子犬の輸入禁止が→ 反対に良い方向へ向かいました。まさにピンチがチャンスに変わったのです。先方様は、ちょうど新しい男の子を迎えられたので・・・そのあたりもラッキーで タイミングがよかったのだと思います。まさに、ご縁とタイミングが合ったのですね

そのようなワケで、最初に来るはずだった男の子。この子には愛着をもっていました。 こちらの飼い主様もお洒落ですね。やはりご自分で引いていらっしゃるようです。こちらの下の写真は、ショーの合間にお散歩したり、ステイの練習をしたり・・・微笑ましいです。自分の姿とも重なってしまいます。ショーにオナハンで出すって本当にわんと一緒に過ごせるから楽しいです~

 

 

☆余談ですが・・ロナルドが日本に来てからは~ポーランドのブリーダーさんが仲介業者に→ もっと、わたくし・松○のことを知りたい!教えてください!としつこく迫ったそうで(笑) 内緒にしていた、私のH・Pを教えてしまったのです、なぜ内緒かと言いますと~その当時はヨーキーやシュナちゃん達も健在だったので・・・それを知った先方様が、気を悪くされてはいけないという配慮からでした。
けれども先方様は、言葉がわからないにも関わらず、私のH・Pに好印象を持ってくださったようです。 いつも見てくださっているようで、ますます親切に接してくださっています。だから時々英語まじりです。ちょっとストーカーが入ってるかな?って思えるほどに親切で・・まことに光栄で、有り難いことです。 頑張ってH・Pやブログを更新している理由のひとつは、ポーランドのブリーダーさんに喜んでいただきたいからです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Brother of ENNIO.

2010年12月16日 | Weblog

                             

 

This dog is elder brother of ENNIO.

He was born from ENNIO one year ago. As same parents as ENNIO.

This dog handles by the owner by herself. and is capturing champion in each country of Europe.

It’s called multi champion in Europe.

Breeder said that it was like to ENNIO of this elder brother.

It is honored for ENNIO.

 

この男の子は、エニオのお兄さんです。同じ両親犬の組み合わせで、エニオよりも1年前に生まれました。

こちらのオーナーさんは、オナハンで自分のわんちゃんを引き、ヨーロッパの各国でCHを完成させています。ヨーロッパでは、いくつかの国でCHを完成させると、Multi CH と記されています。マルチ・チャンピオン・・・日本ではマルチタレントという言葉があるので、ちょっととニュアンスとしてピンときませんね~ お笑いを連想してしまいます

オーナー様も美しく~わんちゃんもステキなので・・・クリスマス的な画像だとおもい、載せてみました ブリーダーさんは、エニオと、こちらのお兄さん犬が似ています~と言ってくださいます。嬉しいお言葉です。エン君は性格がおこちゃまですから(これがまた、可愛いのです) これから徐々に落ち着いて・・・こちらのお兄様に近づいてくれると良いですね。

昨日と今日は寒いです。今日は最高気温がマイナス2度だそう・・・・。 お部屋の中は暖かくてポカポカなので 寒さは実感しません。でも、お外で仕事されている方々は大変でしょうね。冷凍庫の中ですからね~ ノロウィルスもはやっているそうで・・・どうぞ、お気をつけくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守っているのか・・?

2010年12月14日 | Weblog

 わたしね~シルビィおばあちゃまよ・11歳半ですの~ 私の好きな場所はここ ストーブから1m離れた所に、大きなバリケンが置いてあって・・・その上に毛布が敷いてあるの。その場所がわたしの→ 特等席なの  ストーブの前にもクッションが置いてあって、たくさんのわん達がひしめいて寝てるけど、そこは結構暑いから・・・おばあちゃまの私には、この場所のほうが向いてるわぁ~ 

そしてね~ ゴロゴロとくつろいでいると~必ずやってくる子がいるのよ。それはね~、孫娘のような→ モナリンよ。この子ね、私がお年寄りなのが分ってるみたいで・・・わたしには決して、ちょっかいはかけないの。おりこうさんね  リカやレイラにはガウガウと喧嘩をふっかけるのにね。わんも犬の年齢が分るみたいよ。。。

モナリンは、わたしのことを守ってるのか・・・・邪魔してるのか・・・・分らないけど、いつも2匹でバリケン布団の上に乗ってるの。管理人さんがね~あらら・また二人で仲良しね~ って言って、嬉しそうに笑ってるの。このバリケン布団の右下には、5匹くらいのわん達が寝転んでいるのよ。時々、場所取りして→ ガウガウとうなってるわ。最前列にはジュア&ミユリ親子がいて・・・その横にはロナパパがいつもちょこん・と寝ているわ。妊婦ちゃんは、この場所は暑すぎるようで・・・ピンクのクッションのほうに居る時間が多いのよ。

 

話しは変わって、今週末は日本では2番目に大きなショー・FCI東京インターナショナルドッグショーが開催されます。場所は東京のビックサイトです。18日(土曜日)にはジャパン ドッグ フェスティバルが開催されます。 こちらは、イベントです。単犬種ショーがありますが、イタグレのショーはありません。

19日(日曜日)の東京インターは、10グループの審査は 午前中10:10分からです。リンクは6Rです。イタグイレの前にボルゾイ・グレーハウンド・アイリッシュウルフハウンドの審査があり、ボルゾイの出陳数が38頭なので・・・イタグレの審査は11時くらいになると予想されます。入場料は、当日は¥1300ですが、事前にチケット・ぴあやローソンチケットなどで購入すると¥800となります。詳しいことチケットのコード番号などは、JKCのH・Pに載せてあります。

私は、子犬の出産予定と重なったため、今回の参加は見送らせていただきました。 今年のイタリアングレーハウンドは14匹の出陳だそうです。多いほうですよ。審査時間もそう早くはないですし、もし興味をおもちのかたは、足をはこんでいただけたらいいな~と思って紹介させていただきました。一人でも多くの方々に、素晴らしいわんちゃん達・ショードッグが頑張っている姿を見ていただきたいです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安らかに・・・。

2010年12月11日 | Weblog

 数日前に、福岡の友人から久しぶりに電話があった 元気にしてる~? と一言・・その声を聞いただけで、私は・・ああ・ジョヴィ君が亡くなったのだと直感した。

ジョヴィ君は、この写真の左のシュナウザーの男の子。 我が家で最初に飼ったシュナのディジーが、2回目に産んだ子でした。当時は、子犬は友人に譲ることが多くて、ジョヴィ君も福岡に住んでいる友人(中学から大学まで、ともに仲良く遊んだ親友でした)にお譲りしました。彼女は結婚して、旦那様の勤務地・福岡へと引っ越ししました。 ジョヴィ君は2年ほど前に、心臓を悪くして治療中でした。飼い主様は通院しながら一生懸命に看病してくれました。いつ亡くなってもおかしくない状態から・・・何度も奇跡の生還を果たしたそうです。すごい生命力だったとおっしゃっていました。

何度も生還したので、まだまだ大丈夫 だと思っていた矢先・・・先月・・・急に容態が急変し・・最後は眠るように、苦しむことなく亡くなったそうです。享年14歳4カ月。大往生だと思います。合掌。ジョヴィ君のご冥福をお祈りします。

飼い主様は2年間、看病できたのだから、思い残すことはありません。介護することが楽しみ・生きがいでしたと。。。ですから、ジョヴィが居なくなってから、心にポッカリと穴が空いてしまったとも。。。彼女は、若いころは、お二人の息子が命で はたから見ても、息子の為に生きているような人でした。自分でも、息子に必死にしがみついているのよ~ と言っていました。 私も・・・子離れできるのかなぁ?大丈夫かな?と心配したほどです。その息子さん達も東京の大学に進学され、卒業後は立派な社会人となられました。お二人は、ジョヴィ君が亡くなる前に偶然ですが、福岡に帰ってくる用事があり、ジョヴィ君とは会っていたそうです。

そう考えると、会いたい人にも会えたし、ジョヴィ君は思い残すこともなかったのかな、と思います。

そして、ジョヴィ君が亡くなったあと、彼女は、ジョヴィのことを、息子たちよりも大切にして可愛がったのよ~と言っていました。旦那さまも、歩けなくなったジョヴィ君を、抱っこしてお散歩させてくれていたそうです。十分に看病できた奥さんとはうらはらに、旦那様のほうが、ダメージを受けているそうです ジョヴィ君はこんなに良い飼い主様と暮らせて幸せでした。ありがとうございました<(_ _)>

電話口でお互いに・・・こんないい子を譲ってくれてありがとう!沢山の良い思い出ができて感謝しています。  いえいえ、こちらこそ、最後まで大切に・幸せに・育ててくれてありがとう!こちらこそ感謝しています。といつまでも涙声で、言いあっている私たちでした。わんが亡くなったあと・・・その子の存在の大きさがますます分ります。看病している時って、きついけれど、楽しいのです。

この写真は13年ほどまえの写真です。ヨーキーだけ連れて、彼女のお家に遊びに行った時の写真です。左がジョヴィ君~右の前がルビー~その後が、まだ子犬のパトラ(子供で、まだ耳が立っていません)。この時の懐かしい写真は、我が家に何枚も残っています。3匹とも今では虹の橋を渡って行きました。あちらの世界で仲良く遊んでいてね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐなの~(^_-)-☆

2010年12月08日 | Weblog

 わたし~妊婦ちゃんよ ママさんが→ お腹見せて っていうと、どんどん足を広げて、大サービスしてお腹を見せちゃうの  だってママさんたら、お腹をなぜなぜしながら、お腹の中の赤ちゃんに話しかけたり・・・私に、よく頑張ってるね~いい子だ!いい子だ! って褒めてくれて→ ご機嫌なんだもん。だから、私も嬉しくて・・・いくらでもサービスしてお腹を見せちゃうのよ すると~ほかのわん達が、わっしょい・わっしょい と調子に乗って寄ってくるの・・・・そしてわたしの匂いを・・・クンクンクン(笑) 妊婦ということが分ってるのね。お腹の中のパピーちゃんの気配・匂いがするらしいわ。一緒に偽妊娠になったお姉さんもいるのよ。 普段は遠慮して寄ってこないのに(それは私が強くて、怒るから)・・・ママさんが触ってスキンシップしているときに、どさくさにまぎれて寄ってきては、クンクンするの  わたし~ママさんには、されるがままだけど・・・ほかのわん達が寄ってくると、うっとうしいのよ だからわん達には~ちょっと・・・あっちに行ってよ・・ってブーブー文句を言うのよ。

 

妊婦ちゃんは、交配して50日となりました。通常は交配後、62日前後で生まれるので、あと10日余りとなりました。

通常は、、食べることにはどん欲ではなく・・・好きなモノ・ささみ系のおやつにしか興味を示さなかったこの子が・・・何でも欲しがるようになり、管理人もビックリの状態です。普段は見向きもしない果物・バナナにもパクつきます。このあたりのギャップが可愛らしい~ 母になるってすごいです これは、母犬が要求しているのではなく→ お腹の中の赤ちゃんが求めているのです。 でも、妊娠犬の後期は、ほとんど運動をしなくなるので、食べたがるからと、たくさん食べさせてはいけません。だいたいの頭数も分っているので、その辺を考慮して食べさせる量を配分しています。

お腹の中の子犬の体重は、出産予定日の一週間~10日前から2倍に成長します。つまり今からですね。この時期は、今までよりも多めに食べさせて大丈夫です。食欲のある妊娠犬は、見ていても嬉しくなります。わんは自分で産みたいと決めたわけでなく・・・人間の都合で産んでもらうのですから・・・いつも管理人は言っておりますが・・・子犬を産んでくれる母犬には、私は敬意を表しています 大切な命を授かってくれて・・・その命を胎内で育て→ 産みだしてくれ・・・育ててくれる→ 素晴らしい母犬たち。そのような大変なお仕事をしてくれるのですから、私は、母犬達にはVIP待遇で接します。ヘンなVIP待遇ではなく、母犬の身体・精神面を大切にし、ストレスがないように気を配って、子育てを見守っていきます。

めったにないのですが、妊娠中にマタニティ・ブルーになり、食べ物を食べなくなる子がいます。そのような場合でも、母犬は自分の身をけずって、胎内の子犬に栄養を与えます。ですから、母犬が食べなくても優先的に子犬に養分がいくので、子犬はきちんと育って大きくなっています。長年経験していると、色々なケースがあり、お産って経験すればするほど、ヒヤヒヤなこともあります。10年ほど前のヨーキーのケースですが・・・妊娠後期にご飯をほとんど食べなくなり、病院に行くと・・・その当時の先生は、お腹がすいたら絶対に食べるから、ほっておいていい!とおっしゃったのです。それでも3日間も食べなかったりすると、心配で心配で・・・栄養サプリなどを飲ませて、何とか食べれるモノを食べさせながら・・やっとやっとお産へとこぎつけました。

陣痛が始まっても、母犬は自分の身体が痩せていて体力も弱っていたと思われます、いきむ力が弱く・・・すごく苦しんで大変でした。ブルブルと震え 嘔吐を繰り返しました。このままでは母犬の体力・身体のほうが心配になり、病院へ行きました。 先生は、帝王切開よりまずはと・・・陣痛促進の注射を打つことになり・・・陣痛が来るのを待ちながら、一匹目は先生が取り出してくれました。いきみが弱く、産道が開かないので、赤ちゃんは産道の手前を行ったり来たりで、なかなか出ることができず・・・先生と看護師さんが指を入れて引っ張って出してくださいましたが・・すでに死亡していました  その子は大きくて・・・先生は、この子が大きすぎたから、さえぎっていたんだな、とおっしゃいました。 

その後・・どうしますうか?と聞かれ、私は分娩台(診察台)の上で・・それは・それは苦しんで 一匹目を産んだ(というか、引っ張り出された)パトラを見ていたので・・・パトちゃんはお家で産みたいよね~  と強く思いました。その頃の私は、ベテランのお産婆ではなかったけれど、この病院で産むよりもパトラの為には良いと判断しました。 先生・・残りの子犬は、お家で産ませたいです。死産の子も一緒に、連れて帰ります・・・とお願いし、お家に連れて帰りました。 先生は死産の子はうちで処理してもいいが・・・どうする?と聞かれましたが・・・とんでもない!この子はパトラが、命がけで産んだ、大切な宝物  自宅に連れて帰り、大切に供養してあげる気持ちでいっぱいでした。 そしてその後・・その病院は、数年前に院長先生が亡くなったようで閉鎖されていました。

自宅に戻ったパトラは、お家に帰れて安心したようでした。 わんちゃんだって 心・プライド があります。 知らない所の分娩台で、知らない人に囲まれて産むのは嫌です。デリケートなんですよ。(でも心配なとき・自信がないときに、病院に行くことは必要です) パトラはおうちに帰り、私に~頑張ろうねパトちゃん~ と励まされて、私の掛け声に合わせて・・・ウ~ン・ウ~ンといきんでくれて・・・無事に残りの二匹の子犬を産んでくれました。妊娠中はあまり食べなかったパトちゃんでしたが・・・何と子犬達は皆大きく育っていて180~200gくらいありました。 ヨーキーは平均100~150gくらいです。 パトちゃん・・・自分の身をけずって子犬達に栄養を与えていたのです。母になるってすごい!大偉業です このときのヨーキーのお産は、忘れられないお産・ベスト3に入ります。 ありがとう!パトラちゃん。そのパトラちゃんは、うちのルビーが産んだ子でした。 H・Pの 管理人の想いの→ さようならルビーちゃんに写真を載せています。我が家のヨーキーは、ルビーとパトラの2匹だけでした。今は、もういません。

今回の妊婦ちゃんは、こんなに食欲旺盛なのですから~わたくし的にはわりと安心しています。妊娠犬の様子・状態をみていると、お産時のイメージが想像できます。とはいっても無事に産まれてくれるまでは・・・緊張です 楽しみ&ちょっとドキドキです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これ・・・おみやげ(^^♪

2010年12月03日 | Weblog

 最近ネタがなくなってきたので・・・これを載せました。 おいしそうでしょう~ これ・・筋子をバラして、いまからいくらの醤油漬けを作るところです。。

いくらを作ったのは今年4回目。。。もう今年は終わりよ~作らんぞ~ てか、季節が終わって、筋子は売ってないよ~  作ったいくらのほとんどが、他の人へのプレゼントです。作るのはそう大変ではないけれど・・・おいしいかどうか?の分かれ目は→ バラした筋子の白い膜を、いかにキレイに取り除くか です。白い膜はアブラです。適当に洗うだけだと、膜が取れてなくて、お口の中がべっとりします  ですから私は、何度も洗い、膜を丹念に取り除きます。時間がかかります。手が膜で白くなりベタベタです。それだけ脂肪・アブラが多いのです。でも、余分な膜をほとんど取り除いているから→ 私の作ったいくらは美味しいと評判です。

10月に娘が、友人の結婚式の為に帰って来た時、おみやげに、いくらやほっけを持たせたのです。そしたら、旦那さんが喜んで~いくらを一口食べた途端に・・うっひょ~美味しい  美味しくて止まらない~ とパクパクと食べて、作った一袋が一気になくなる勢いだったそうです(笑) そこで、娘が→ ちょっと・ちょっと~母が手間をかけて作ったいくらを・・・そんなに一気に食べないで、もっと味わって食べてよ~。と言ったら、そうだねぇ~もったいないよね~と言って、2回に分けて食べたそうです 

その話を娘から聞いたものですから、先週に東京に行く際も、娘婿のために、がんばって、再びいくらを作りました。 いくらは10月がピークです。11月は終わりの時期で、粒も硬くなっていきます。それで、近くのスーパーでは買いたくない~とすすきののデパートまで行きました。そのデパートは、すすきのの飲み屋街の入り口にあるので、プロの料理人の方々も利用しています。鮮魚類は、すごく新鮮で良い品です。

そして、いくらを作って味見すると 美味しい 時期が外れているのに・・・硬くない。軟らかい。(価格は10月の2倍だもん) 私はあまりの美味しさに・・・一口の味見のつもりが・・・二口・三口・・・あらららら・・・ご飯をよそって、一膳食べてしまった   たまには いいよね~いつも他の人の為に作って、自分のお口には少ししか入っていないのだから。。。美味しい~と満足して・・・いくらの量をを計ると 500g→ 350gになっていた。私ったら150gも食べたのです 娘婿の為に作ったのに・・・随分と量を減らしてしまった’(笑) そして、350gを冷凍パックして、当日は保冷材に包んで、おみやげです。小樽の、かま栄のかまぼこも一緒にね。かま栄のかまぼこは、かまぼこというよりもさつま揚げですね。札幌の、ほとんどのテパートの地下に店舗が入っています。人気があり、いつも並んでいます。パンロール・マヨネーズロール・味噌なんばんなど、色々と種類があってどれも美味しいです。

話しは変わって・・・先日お腹をこわした妊婦ちゃん。 病院へ行き、お薬を飲み始めてから3日目から、普通のウ○チになりました。良かった~ 下痢をしているときも元気は良くて、食欲も旺盛だったので、あまり心配はしていなかったのですが・・・せっかく病院にいったので、赤ちゃんが元気かどうか・・・エコーをかけていただきました。 だって下痢のときって、すごく踏ん張るからお腹に負担がかかるでしょう。いつも踏ん張っている姿は・・・可哀想でした。食べすぎが原因なので、時間がたてば治ると分っていましたけど。

でも安心しました~お腹の赤ちゃん達は元気に動いていました。エコーで姿を確認しただけでも、可愛いものです。もうすぐです~楽しみです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加