イタグレブリーダー・わんわん日記

イタリアングレーハウンドの出産・子犬の成長の様子・わん達との日常を楽しく紹介していきます。

もうすぐです。

2010年03月31日 | Weblog

この子は次女です。可愛いです 歩き始めるようになってから、一番最初にハウスのお外に出て、ヨチヨチとお散歩をする子でした。ですから、好奇心旺盛でやんちゃな子になるのかなぁ? なんて思ってたら・・・以外にも、おとなしいですね~

3匹のお散歩タイムは、それはもう賑やかですよ  イタグレの赤ちゃんって、歩くのではなくて・・・走るのですよ。子犬達が走りまわると、成犬たちも、一緒になって遊び始めます。ただし、若者・ヤングだけね アダルト組は、ストーブの前にデ~ンと寝たままだったり・・・子犬のちょっかいを嫌がって、出窓に乗って避難しています。

パピーたちが遊んでいるとき、成犬の中には、わざわざパピーハウスに入って、わざとパピーのシーツにオシッコをする 変わり者もいます。ほとんどは私が見ていない時です。だって小さなオシッコの中に、ひときわ大きなチーがあるので分ります。

誰がしたのだろう? 現場を見てみたいな~と隠れて・・・こそっ~と見ていると・・・今日はミユリが、可愛らしくしゃがんで・・・チーとしていました。 あらら~、こんなところでしてるの?ちゃかすように話しかけると、恥ずかしそうなお顔をして ピューと駆けていきました。その後も、しばらくは恥ずかしそうなお顔をしたまま耳を下げて、しっぽをブンブン振りながら、私を見ていました。自分でも変ったことをしたのを、自覚しているのです。犬は表情が豊かですから、分りやすいです。

パピー達は毎日、犬社会の勉強中です。エニオは、あえて痛くないように、噛むマネをして遊んであげています。首をいつも・・噛むマネだけして遊んでいます。見ていても感心します。子犬は前足で、遠慮なく成犬のお顔をパンパンと叩いてきますが・・・ロナ君は怒ることなく、目をつぶってガマンしています。ジュリアあたりだと・・・ガウッ!といきそうですが・・・誰もジュリアのお顔をパンパン叩く子はいません。子犬なりに、叩いてもよい相手といけない相手が分っているような・・・面白いです

さて今週末 3日と4日は、日本で一番大きなドッグショー・ジャパンインターが開催されます。

私も初めて、出させていただきます。 数年前から、見に行ってはいましたが・・・参加させていただくのは初めてです。 大きな祭典ですから、愛犬とともに、楽しみたいと思います。

イタグレの審査は、3日(土曜)の午前8:30分から・第6リンクです。22頭の出陳です。去年から早くなりましたね~ 詳しくはJKCのH・Pに載っています→ http://www.jkc.or.jp/ 

入場は有料で¥1300ですが、事前にチケットぴあ・ローソンなどで前売り券を購入すると¥800です。H・Pに詳しく載っているのでご覧ください。わん連れの方は入場口が違いますので、H・Pにてご確認ください。

審査が終わったあとは、私はリラックスして会場内におりますので、ショーに遊びに来られた方は、どうぞお気軽に声をおかけくださいね。会場内は、わんや放送の声で、お電話でのお話が聞き取れないことが多いです。わたしのアドレスをご存じのかたは、メールをくださると探しやすいと思います。よろしくお願いします。

JKCからの案内書がなかなか来ないので、あれれ~忘れられたのと心配していたら、今日、やっと届きました。いつもの大会とは違う・・・立派なゼッケンが入っていました。終わったあとも、記念にとっておこう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早い・・早い。。

2010年03月27日 | Weblog

40日を過ぎたパピーたち。。。 少し前まではヨタヨタと歩いていたのに・・・日々成長して、あっとう間に家の中を駆け回るようになりました。 ストーブの前まで近づき、そこでお昼寝をしている成犬にガゥ!と叱られ・・・この場所に座るには、まだまだ早いよ とでも言われているのでしょうか・・・? 時々、キャイン と悲鳴をあげています。

管理人のスリッパに噛みつき、そのまま、ゾロゾロと付いてきたりします。歯が生えているので、痛い です。ハウスの中でも起きている時間が長くなり、よく3匹で遊んでいます。

3匹とも人なつこくて、ハウスから出すと、私や主人に、抱っこ~抱っこ と猛アタックしてきます。これは、当たり前なんですよ~この時期から人見知りしていたら、おかしいです。人見知りするような子犬は、親犬が、よほど警戒心がが強いとかで、繁殖してはいけない親から生まれたケースですね。今はあまり見られない「けれど、ノラちゃんが産んだ子犬って、警戒心が強くて、なかなか、なつかないですよ~。猫は、もっとひどいですね。

写真は、ハウスの中から私を見つめるので・・可愛くてパチリ

子犬のお問い合わせは何件かいただいております。ありがとうございます 子犬の問い合わせをするときに、お客様が慎重になる気持ちは分ります。問い合わせをしたら、多分、しつこくしてきて・・・子犬を買わされるのではないか?と心配されているのでしょう。

私の犬舎に問い合わせをしてくださった方はおわかりでしょうが・・・・私はこちらから追いかけて、子犬をセールスするようなことは絶対にありませんよ。子犬と飼い主様のめぐり会いは、ご縁とタイミングだと思います。

イノセントの子犬は気に入っているけれど、予算が足りないので・・・と正直に言ってくださるかたもあり、私は、そのように返信いただけたことを好意に思います。お子様がいらっしゃる方々は、やはり犬よりも子供にお金がかかります。犬の比ではありませんからね。私も一時期、経験者です。

でもね~今日頂いたお電話は、ちょっと苦笑しました。安い犬はいませんか?成犬で里親(タダ)のような犬でもいいんですけど・・・という内容。自分の名前も名乗らなくて、安い・・タダの犬を探しているらしいけれど・・・このような問い合わせは、イノセントでは初めてでした うちにはいませんよ~と答えると・・・それではどこか安いブリーダーさんを知りませんか?ときた。 イタグレがあちこちで安く売られていることは知っているので、その人の条件に合うところを紹介しました。今は、売れ残っている子が多いですよね。1匹でも売れて、幸せになってくれればいいなぁ~という気持ちからです。犬を買う予算がないから→ 犬を幸せにしないとは限らないですからね。

でもね、いつも言っていますが・・・自分の子犬に自信のあるブリーダーが、子犬の値段を安くすると思いますか ありえないですよ。 反対ですよ~ヘンな人に(失礼)渡るくらいなら、いくらお金を積まれても譲りませんよ。子犬が良いかどうかは、ある程度は親犬で決まります。うちのお父さん犬はヨーロッパから輸入しています。日本には珍しい血液です。ショーに出て頑張っています。クオリティを高めるために、お金と時間をかけています。子犬はみんなキレイです← 親ばかですかね  子犬たち1匹・1匹を大切に育て、たくさん犬社会を学習させて、太鼓判を押せる状態になってから、飼い主様に送り出しています。子犬たちに幸せになってほしい・・・その一心でこの仕事をしいています。

反対に、安く売られている子犬には、それなりに理由があります。たとえば、親犬にお金がかかっていなかったり・・・売れ残った♂と♀を交配しているところを知っています。誰でも良いと・・交配しているわけですがら。、タンダードからかけ離れています。立ち耳だったり サイズがやたら大きかったり、小さかったりです。

大型ブリさんでは、母犬にヒートがくるたびに子犬を産ませているところがほとんどです。母犬は疲れ切っていて、育児を放棄したりします。子犬をガブガブと噛み、ついには噛み殺すこともあります。そんな母親に育てられて子犬が良い子に育つと思いますか そして母犬の体も弱り、回復しないまま、次の出産をさせるので、お腹の子犬も弱くて、病気や骨折をしやすいと聞いています。業界のタブーなので、あまり書けませんが。要するに、子犬の価格にはそれなりの理由があるということです。

一度飼えば、ともに15年を過ごす大事な家族です。子犬のうちはみんな可愛いけれど、イタグレは成長してから差がでます。これから子犬を迎える方は、長い目で見て選んでいただきたいです。

そうそう、イタグレだけじゃないですよ。シュナもヨーキーも、親が違うと子犬も全然違ってきますよ。いかに親犬が大切か・・・ってことですよ。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

立ち飲み

2010年03月23日 | Weblog

2月生まれのパピーたち。。。 順調に育っています。 離乳も進んで、カリカリのフードでも食べるようになりました。やわらかくふやかしたモノよりも、固いフードを好みます。

歯が生えているので、しっかりと噛んでいます。

そこで、恒例のおっぱいの立ち飲み~ 歯が生えると、お母さん犬は、乳首の周辺が歯で傷ついて痛いので、立ったまま飲ませます。どの母犬もそうです。我が家では、恒例の風景です。

ママ犬は大変ですね。痛くても時間がくると、自分から飲ませようとします。ママのご飯も大盛りよ( ^)o(^ )

離乳食のあとに、おっぱい解禁です。子供と同じで、先にご飯を食べて、あとからデザートね

この3兄妹も、それぞれに個性が出てきました。やたら愛想のいい長女 マイペースでテクテクと家の中を歩き回っている次女 おとなし目で、黙々と遊んでいる長男 女の子2匹は似たようなお顔で双子のようです。男の子は深~いお顔で、ハンサムになりそうです。3匹ともヨーロッパ系ですね。体も小柄に収まりそうです。4kgかなぁ。

まだ飼い主様が決まってない子もいます。長女は決まっています。近々、写真をアップします。今回のパピーも、すごく可愛いです。毎日、チュチュです イノセントでの出産は、このあと・・・当分ございません。子犬をお探しの方は、ご検討くださいね。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

何というタイミング!

2010年03月20日 | Weblog

偶然のタイミングですが・・・今日、劇団四季から、嬉しいお便りがありました。 かつて札幌には、劇団四季の専用劇場 「JRシアター」があり、積極的な講演活動が行われていました。ところが、たくぎんが破たんしたあたりから、北海道は不況が吹きあれ、客動員数が減り・・・ついに1999年にシアターが閉館していまいました

北海道でミュージカルが見れないわけですから、会員を続けても意味がない・・・・そう考えてやめた人たちは多いと思います。でも、私はやめる気は全くありませんでした。自分の家族が関東にいるし(見たい人が沢山~でもお安くはないですからねぇ~そう頻繁には見れませんが)、私も東京まで見に行きたいと思っていたからです。

そしたら、今日のお手紙でビックリ 来年2011年に再び札幌にシアターを竣工の予定だそうです。そして・・・当時から「四季の会」をやめないで継続して在籍していた会員の人を(私ですね) 希望の作品2作に、招待してくださるそうです。嬉しい~ こんなご褒美があるなんて。。。

私はアイーダとマンマ・ミーアが見たいです。まだ来年のことですが・・・楽しみです。もちろん自分でも購入して見に行きますよミュージカルだけは、旦那と唯一、共通の趣味です。 あとは、全く合わないけど

そして昨日、試しにキャッツの回転席をまた探してみたのです。そしたら・・・な・な・なんと、8月のとある日・・・S回転席・・・それも真ん中の良い席が一席だけ空いていたのです。後の日は、良い席は全くナシでした。これはもう、ゲットするしかない 私は迷わず予約しました。

自分で行って見ようかな~それとも大切な人に声をかけようかな。まだまだ先のことだからね~そんなことを考えるだけでもルンルンです。

そうそう、会員でない方も、良い席をゲットの方法があります。それは、オークションで探すことです。チケットって数カ月前に売り出すので、実際には用事が出来てしまって行けなくなる人も多いのです。そのような方が、比較的良い席を提供していらっしゃいますよ。

私も行けなくなったとき、オークションで売ったことがあります。チケットを無駄にするよりも良かったですよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

回転席

2010年03月19日 | Weblog

私は、劇団四季のミュージカルが大好きです  ほとんどの作品を見せていただいています。CDもほとんど持っていて。カラオケでは、オペラ座の怪人を歌ったりしていました(大昔のことです・・・これが、すごい下手で 聞いてられない) おっと、誤解しないで・・・かたい歌ばかりでなく、あゆや倉木麻衣の歌も歌ってました。昔のことです・・今は絶対に歌いません(笑) 浅利慶太氏が、ゆくゆくは北海道に劇場をつくる・・・と発表されたので、楽しみにしています。

その作品の中でも、とりわけ人気のある キャッツ の6月分からのチケットの発売が20日から開始されます。でも、20日からの発売は、一般の人向けで・・・すでに会員の方には・・・早くに案内がきていて、14日から発売されています。

それなのに・・・大失敗 私は、娘から頼まれていたのです。 娘のぶんではなく・・・娘の友人のぶんです その友人は、数年前にキャッツを見たとき、あまりの感動で涙が止まらなくなった・・・そうで それくらい感動したので・・・もう一度・・・見たいと。 どうせみるなら良い席 当然、回転席(これは詳しく書くと、楽しみが減るので・・・今回は触れません)

それで、○○ちゃんのお母さん、四季の会員だから・・・お願いします と頼まれていて・・・OK と張り切っていたのですが・・・とんでもないことに、14日は子犬を空港まで送る日で→ すっかりチケットのことは忘れていた

そして、翌日にメールがきてから、キャー!そうだった あわてて気が付いたわたし 15日・月曜日に、四季のサイトから回転席を・・・探すわ探すわ・・・凄いことに→ 土・日は、ほぼ無くなっている。8月まですべてナシ そして、平日も、端っこの見えにくい席しかない なんてことなの(@_@;) 唯一、6月と7月に一日だけ、真ん中あたりの席があるけれど、ペアで頼まれていたのに・・・この席はバラバラの場所で一席ずつしか空いていない。。。。OH・MY・GOD

甘く見ていた・・・夏休みで、子供たちもいくのかなぁ~ 高級な遊びですね。 これじゃ~回転席は、四季の会員しか見れないじゃないですかぁ。20日の一般売り出しの前にふさがっているよ。

会員の方ならお分りでしょうが・・・良い席で見たいから会員になっているのね。贅沢ですが、普通のS席で見るのだったら(ちらでも十分に見えるのですが) イヤなのです。 回転席の・・・それも真ん中じゃなくちゃイヤです。 だって会員歴・・18年ですよ。

友人に、良い席はなくなってる・・・と伝えてもらったところ・・・ばらばら席はNOでしょうね。 やはり次の売り出しまで待つそうです。 次回の売り出しは、2か月くらい先だろうなぁ。その友人も、こんなに人気があるとは思っていなかったようで・・・のんびりと構えていたみたいです。 14日中にメールをくれたら、何とか取れたかもしれないのに・・・娘も、売り出し日を15日と間違えていたというの・・・のんきな親子ですよ~だいたい、平日に売り出しのわけ・・ない ちゅうの。 そもそも、忘れてしまった自分が悪いのですが・・・あ~あ・失敗していや~な気分 今までも、何度も頼まれてチケットを取っているけど・・・前列から5番め以内じゃないと満足しなくなっている。。。

売り出し日はすごいですよ 四季のサイトが混み合って開かなくなります。それでも、何度も何度もアクセスし・・・P・Cの前で数時間チャレンジ。だいたい売り出し開始時間から1時間半~2時間で繋がります。それから、日にちを調べて、座席を選びます。ふぅ~いつも人のために骨を折っている管理人。

素晴らしいミュージカルです。キャッツ~ 会員だったら、ここしかない ああっ・回転席・回転席よ~ 回転寿司ではないですよ~ 回転席でキャッツを見れたら最高よ~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご対面~(^O^)/

2010年03月17日 | Weblog

空港で、新しい飼い主様とパピーちゃん達の・・・ご対面の写真をいただきました。フィードパパ様、ありがとうございます ママさん達の笑顔もステキです。

二匹は一緒にきたので、ストレスも少なかったようで、飛行機にも酔っていなくて・・・余裕でカウンターへ出てきたそうです フィード君のおうちには先住犬がいます。その子とも、すぐに仲良くなり・・・ガウガウと遊んでいるそうです。ママさんいわく・・・長旅の疲れなんて・・・みじんも見えないそうです よかった・よかった。

マロンちゃんのお家では、パパさんがメロメロになって・・・会社に行きたくな~い なんて、おっしゃっているそうです。ママさんは、う~ん・パパのお世話のほうが大変~なんて冗談を言われていました。嬉しいお言葉です。

わんは、家族と同じだから、おうちに迎えた瞬間から・・・お花が咲いたように 明るく・楽しくなります。わんってすごいパワーをくれるのですよ。これからもご縁があれば、イノセントの子犬をよろしくお願いします。

フィード君たちがいなくなってから・・・急に静かになりました。。。

でも今度は、2月生まれの子犬達がパワーアップしてきました。あと10日もすれば・・・ギャングに変身ですね。今のうちに、ゆっくりとしておきましょう

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

先週末。。。

2010年03月15日 | Weblog

昨日は、パピーちゃん達を空港までお送りしてきました。 写真は空港までの車中、気持ちよさそうにお昼寝する二人です。

この日に至るまで・・・パパ犬&ママ犬の交配から始まって、お腹の中の赤ちゃんへの話しかけ・・・出産・・・育児のお手伝い・・・離乳食・・・適度なしつけ・・・などなど、実に4カ月半もの間・・・愛情、手間暇をそそいできました。その、いとしい宝物とのお別れは、寂しいけれど、無事に新しいオーナー様にお届けすることができる安堵の気持ちが強く、緊張からも解放されますので、嬉しい日でもあります

今回二人(匹)の向かう空港は羽田でした。先方様も二家族ともにステキな方で、同じ便でもよろしいですよ~と言ってくださったので、子犬の不安が少ないように、同じキャリーに一緒に入れて送ることにしました。そしたら・・・これが良かったようで、キャリーに入れてしばらくすると、寄り添って寝る体制に入ったのです

やはり、ずっと一緒に育ってぃたので、二人一緒 というのは心強いですよね。 

かたや、同じカウンターに柴犬の子犬が2匹、預けられていました。ひどく車に酔ったらしく、口からアワ・ゆだれを沢山流して苦しそうにしていました。。キャリーの中には何も敷いていなくて、びしょびしょに濡れていました。その業者は、面倒くさそうに、濡れたよだれを、新聞紙をちぎって拭いていました 。私は、業者なら、トイレシーツとか濡れタオルくらい持参するのは当然なのに。。。 なんて、気の利かない と思いました。その業者の車のナンバーは札幌でした。一時間半くらいかかります。小さな子犬をキャリーに入れて運転すれば、初めてのことで、ビックリして酔ったり、吐いたりは→ 普通にあることですよ。

私は、テッシュを差し出しました。柴犬の口のアワを拭いてあげてほしかったのに・・・その業者(中年の男性)は、・・・自分の手を拭いていました 柴犬の子犬は、カウンターでギャイン・ギャイン鳴いていました。すると男性は→なに鳴いてるんだ!静かにしろ!と怒っていました。 私は内心・・・あ~たみたいな人に育てられたら、情緒不安定になるよね~可哀相にね~新しいお家に行ったら、可愛がってもらうのよ~と祈る気持ちでした。

空港に子犬たちを送るたびに、色々な光景に遭遇します。

そして、車の中で、気持ち良さそうに寝ながら空港に着いた、我が家で育った・おぼっちゃま&お嬢様が幸せ に感じました。二匹とも、ステキなご家族の元へ旅立ったので、幸せになってくれることに間違いはなくて、良いご縁に感謝しています。ありがとうございました。

さて、その前日・土曜日ですが・・・ハンドリングの勉強会に行ってまいりました。 教師はA級ハンドラーの資格を持つN氏です。ちまたではこのかた・・・北海道では一番上手とも言われております でもそのような態度はおくびにも出さず、腰が低くて親切なかたです。

開始時間は夜の7時から~参加者はトリマーさんが多く(プードルの方など)仕事が終わってからなのです。3時間の予定が・・・みなさん熱心で、時間が過ぎても骨格の説明に聞き入ったりと、勉強には終わりがないですね。勉強会に参加するたびに、吸収することが沢山あります。

触診台でのステイやアップ&ダウンの歩様練習など、自分&わんの悪いところを(100%自分が悪いのですが)教えていただき、直す練習です。 これがまたぁ~奥がふかいですね~ わたくしは~理屈では分っているつもりでも・・・どのように体を使えばよいのか わんを良く魅せるために、どのようにしてあげたら~ あ~あ・知れば知るほど難しい ハンドリングって微妙な操作が難しい。まだまだ、先が長いですなぁ。 N氏からは、チョットした言葉の中から・・・ウ~ン・なるほど!と納得できる事柄をいただき、毎回、感謝しています。 まだ雪が降っていて、お外では全く練習できないから・・・家の中で、狭い中で、イメージトレーニングです。

勉強会に参加されている方々は、10年くらい活躍し、自分でバンバン・カードを獲っている方たちが多いです。そんなベテランさんでも、皆さん常に向上心を忘れていません。ちなみに、いつも同じメンバーです(笑)来る人は決まっています。来ない人は来ません。

そんな中、ある若いお嬢さんが、アップ&ダウンの練習のあと、悔し涙でしょうか・・・沢山流していらっしゃいました。きっと、自分の愛犬をうまくコントロールできない・・その悔しさ情けなさから出た涙だと思います。まわりの人は、ふざけて、N君~泣かしちゃダメじゃないかぁ~その子はまだ若いんだよ~N君の娘さんくらいの年齢だよ~と冗談で笑わせていました。すると、ますます、そのお嬢さんは泣いていました。

その若い方は、去年の森先生のセミナーにもいらして、熱心に受けていました。決してお安くはないセミナーに(若いかたには大金です)・・・熱心です。やる気のある人です。(ああ、わたしもね) 私はその若い方が隣に来た時に言いました。あなたはまあまだ若いから、できますよ。 私は○○歳過ぎてから始めたのよ。あなたのことがうらやましい。頑張ってくださいと。

その若い人は、まわりの人たちから声をかけられる度に泣いていました。みんな親切です これくらい悔しい気持ちを持ち、やる気があるのだから、この人は立派なハンドラーになると思います。同じ北海道の人だから応援していきます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ステキな写真

2010年03月09日 | Weblog

ポーランドさんからの、写真の続きです。

綺麗な写真をたくさんいただいています。 今までにも、何年にも渡り・・・無数のショーの写真や、愛犬とリラックスしている写真などをいただいてきました。ロナパパの子供たちは、コーシングCHになっている子が多いのですよ。走るのが早いですから もちろん・・わたくしも~沢山の写真を送っていますよ。

ヨーロッパでは、ほとんどのケース、犬のオーナーもしくは、ブリーダーが自分でハンドリングを勉強して犬を引くそうです。どの写真を見ても楽しそうで、自分の愛犬を大切にし、愛している様子が伝わります。(当たり前ですが、決してシナモノとしては扱っていません)

私はこれらの写真を見せていただけることが、すごく楽しみです。

いつもは~ステキだなぁ~ と自分で楽しんできましたが今回の写真は、ブログを見てくださっているかたにも紹介したいと思います。

私のH・P http://www.geocities.jp/innocentpuppy2002/  の遊びの部屋に載せました。興味のある方は、覗いて見てくださいね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エニオのお兄さん

2010年03月07日 | Weblog

綺麗な・・・ステキな写真をいただきました。ロナルド&エニオのブリーダーさんからです。

こちらのイタグレ君は、エニオと同じ両親から生まれたエニオより一つ上のお兄さんです。この子はヨーロッパ各国のCHを獲っています。ヨーロッパは陸がつながっていますので、あちこちに遠征し、それぞれの国のCHを完成しています。そして、今年の2月には、チャンピオン オブ チャンピオンズ という大きな大会があったそうで、(日本でもありましたね)その大会でも、見事にタイトルを獲ったそうです・・・見てください この素晴らしいカップを 先方様は、エニオはこのお兄さんに似ているよ・・・と言ってくれて・・・たくさんの写真を送ってくれました。

 

I wish to express my gratitude to breeder in poland. My being able i put out the Italian greyhound to the dog show in Japan is thanks to him. 私は、ポーランドのブリーダーさんに、とても感謝しています。私が日本で、イタグレをショーに出すことができるのは、彼のお陰です。

The reason for one of the reason why I update the blog is the breeder in Poland is looking. Ronaldo and Ennio that the transfers. and because it wants to tell their children's appearances. 私がブログを更新する理由の一つは、ポーランドのブリーダーさんがみているからです。彼が譲ってくれたロナルドとエニオのこと。そして、彼らの子供たちのようすを伝えたいからです。

He always sends the pictures of the show in Europe. All pictures that he sent are wonderful and beautiful. 彼はいつも、ヨーロッパでのショーの写真を送ってくれます。彼の送ってくれる写真は、どれも素晴らしく、綺麗です。

In Europe.It enjoys that dog's owner pulls the dog by herself. I introduce this beautiful photograph to Japan. ヨーロッパでは、犬のオーナーが、自分で犬を引いて楽しんでいます。私はこの美しい写真を、日本に紹介します。

Thank you for Mr M・M

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

受難・・・その②

2010年03月04日 | Weblog

我が家のもわん達も・・・アダルトから・・・シニアへと移行してまいりました。 健康がとりえでして、10歳をすぎた子もいますが、みな元気にしています。

でも、これには、かないません。 比較的、珍しいことではないのですが・・・良性の腫瘍ができてきました。

ジュリアのお腹・・・一番下のおっぱいの左右に、去年の暮あたりから、あずきくらいのおできができました。過去の経験から、良性だとは思いましたが ・・・病院で診ていただきました。そしたら、やはり良性の腫瘍でした。

良性の場合は、このまま大きくならずに、特に問題はないのです。逆に悪性だと、だんだんと大きく育ち、患部も変形して、あきらかに広がっていくのが分ります。

でも、このおできを見つけた時から私は、決心していました。ジュリアに長生きしてもらうために(良性→悪性にならないように)手術で取ってもらおうと・・・ そして同時に避妊手術もしてもらおうと。。。

ジュリアは強くて賢い子です。子育ても上手で、たくさんの子孫を残してくれました。私は、どれだけお礼を言っても・・・言いきれないくらいに、ジュリアに感謝しています 素晴らしいママ犬でした 今年の6月で9歳になります。 彼女には、これからの人生を、ゆったりと・いばって過ごしてもらいたいです。あらら・今でも一番いばっているので、その点は十分満足しているでしょう

今ジュリさん・・・ヒートがきています。規則正しく、毎回6カ月ごとにきます。それだけ、健康なのですね。そして、フェロモン女に早がわり ハウスに入れられているロナ君に・・・猛アタックです エニオのハウスには行かないで ひたすらロナのところへGO です。わんも好みがあるのですよ。笑っちゃいますよ。みんなはストーブの前でくつろいでいるのに・・・ジュリさん一人・・・となりのお部屋のロナの元へGO です。

そして私が・・・こらこら、まどわせちゃダメでしょう ロナが可哀相よ~。と言うと・・・分っているんですよね~ジュリアは、じゃあ・わたしもハウスに入る といった表情で、3段マンションの上段を見ます。そうなんです ヒートの子は、接触できない、上段に入ることになっているのです。そして、上段にいれると、騒ぐでもなく、おとなしく寝ます。おりこうなものです。

我が家では女の子にヒートがくると、男の子と女の子を接触させないように交互にハウスに入れます。ヒートのきている子も、自分の体が普通ではないことを察知しているので(私が話しかけているから) 私の指示どうりにしてくれます。ハウスよ~ と言うと、ハ~イ!と入ります。

発情中の、一番のピーク時には、男の子はしばらくはハウス内で騒ぎますが、無視していれば諦めて寝ます。管理人は、さほど大変ではありません。要は飼い主の持っていきかた・・・手腕ではないでしょうか。

さてさて、ジュリさん・・・ヒートが終わったら、しばらく落ち着いてから検査をし、異常がなければ手術をすることになりました。この腫瘍は、どの犬種のわんちゃんにも、けっこう出てくるのですよね。 大きな病気ではないので心配はしていませんが・・・頑張って乗り切ってもらわなくてはね。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

受難・・・その①

2010年03月02日 | Weblog

男同士の喧嘩です エン坊は・・・常に・・ロナを追い越そうと・・・狙っています。ロナのほうが強いのですが・・・このときは→ やられました~ 可哀相に・・・痛々しい傷口です。その上のほうも、はげてしまいました。

エン坊がポーランドからやって来た時、一番仲良くしてくれたのは、このロナパパなのです。私は、さすがに、同じ血の匂いがするのかなぁ~と感心しました。紳士なロナ君なのです。

ところが、4~5か月経って、調子に乗ってきたエン坊・・・ご飯をもらう前に、リビングと廊下をクルクルと回るロナパパを追いかけまわし、ロナに向かってワンワン吠えるようなりました。一緒になってクルクル回りながら、ロナを追いかけます。男二人・・・ウルサイです そのことから火が付いて、ロナの上を狙うようになったのか? 通常は仲良く寄り添って寝たりしているのですが(*^_^*) 何かきっかけがあって興奮状態になると ロナに向かって噛みつくポーズをします。

当のロナ君は、知ら~ん顔 無視します。大人です。

ところが、この若ぞうが・・・あまりしつこくカミカミポーズをするので、おじ様もイライラして、プッンとしてやり返すのです  その時はすごい・・・喧嘩勃発 そりゃ~もう すごいですよ ガウガウガウと噛みつきあって・絡み合って・離れません。

私は、こらぁ と大声をはりあげて・・・二匹を引き裂こうとします。まずは一匹を抱きあげて立ち上がり、もう一匹を降り払いますが・・・これが噛みつきあって、簡単には離れない(@_@;) 私は必死でパンパンと二匹の顔&口を叩き続けます。犬は興奮状態なので、私の手も・・相手だと思って噛んできます。ですから、私は噛まれたふりをして・・・わざと、イタタタ・痛~いと悲鳴をあげたりします。作戦です・・・おもしろいでしょう(笑)

そうして、やっと二匹を引き離します。 その間、他のわん達は・・・ひぇ~っ・大変なことになった~おそろし~と部屋の隅のほうで、かたずをのんで小さくなって見ています。

引き離した後、私は必ずエン坊をペンペンです。叱ります だって仕掛けていくのはいつもエニオです。私の大事な大事なロナをやっつけようなんて 10年早いよ。 そして、ロナのほうを抱きあげて・・・ロナ~大丈夫 とやさしく体を触り、傷がないか確認します。ロナはまだ興奮が冷めやらず、ウー・ウーと低く声を出しています。人間にたとえると、60歳と25歳の喧嘩です。ロナの体を気遣うのは当たり前です。

エニオは、ストーカーするほど大好きな私から、きつく叱られるのですから・・・それはそれは悲しいお顔をします。やはり、ウーン・ウーンと声を出しています。

1~2月は4回くらい喧嘩しましたね~。2月には神奈川インターの予定が入っていたので、エニオが怪我をしては大変!と私は・・・喧嘩のたびに神経を使いました。怪我に至るまでの喧嘩はしないのですが・・・一度、エン坊の目から血が出ていたことがあり・・・ええっ と驚きましたが、その日のうちに止まりました。目の近くを噛まれていたようですが、傷は見当たりませんでした。よかった。

写真のロナの傷は、これまでの中で一番大きな傷です。 病院に行くか?・・・迷いましたが、縫うほどの傷ではなく、毎日、消毒をして、抗生剤の軟膏を塗っていたら、傷口も癒えてかさぶたができてきました。本人(犬)もいつもと変わらず元気にしているので、このままでも大丈夫そうです

エン坊ですが・・・神奈川インターで独りぼっちだったので(今回はレイラが欠場なので、連れていきませんでした)そうとう寂しかったらしく・・・ショーにはいつも2匹一緒だったからね・・・やけにシュンとして・・・おとなしくなりました。

帰ってきてからは、何か考えることがあったのか・・・また一人でどこかに連れて行かれるとか? 家に戻ったことが嬉しかったらしく、ロナと喧嘩する気配が全くなくなりました。今のところはね(笑)

親子で男同士だと・・・仲が良いのですよ。ショウ君なんて、ロナパパのこと大好きでしたもん。 もしくは、年の離れていない同士でも、遊び友達になって仲良くできるのですが・・・年が離れていると・・・犬は順番をつける習性がありますからね。下剋上を狙うのは仕方ありません。

ロナパパは、まだまだ強くて健在ですよ。安心してください 本気になるとロナのほうが強いと思います。お水を飲む順番は、ロナパパが一番目です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もうひとつの楽しみ(^^♪

2010年03月01日 | Weblog

関東のショーに行くのには・・・もうひとつの楽しみがあります。それは・・・わたくしの~身内に会うことです ショーの前日もしくは当日には、ちょっとリッチなホテルに泊って、一緒に美味しい夕飯を囲み・・・管理人はビールをグイグイ でも、前日の場合は朝が早いので、さすがに控え気味です。

そして当日・・・午前中の審査が終わったあと・・・またまた美味しいランチを一緒にいただきます。神奈川インターは、みなとみらいの パシフィコ横浜 で開催されました。この辺には詳しい私たちは、パシフィコの隣にあるホテルのレストランを予約 お昼には美味しいランチをいただきました。 ロビーは、雛祭りのディスプレイがしてありました。 綺麗でしたね。そこで記念にパチリ

ドッグショーって、あまりご存じないかたが多いでしょう。アジリティ-やディスクと間違えている方も多いようで、よく、ジャージを着てするのでしょう?なんて聞かれます(笑) 分りやすく言えば・・・ファッションショー・もしくは、ミス・ユニバース大会とでも言いますか・・・その日のために、心も体も鍛えてきたわんちゃんたち。見た目も美しく磨かれ、歩き方も綺麗に・・・ハンドラーと練習を積み、本番に臨むのです。

インタークラスの大きな大会になると、わんちゃんを引いている方々はプロハンもしくは長年、出し続けていらっしゃる、ベテランのオナハンさんたちがほとんどです。ですから、私のような初心者のオナハンは、まずは出ること=勉強になる=その場の雰囲気を味わうのが先決です。今回は初めてパドックなる・スペースをいただけて→ わん&人が座れるスペースがあって嬉しかったです 何でも初めてのことで喜んでいる管理人。可愛いものでしょう。

ドッグショーってお金がかかるのですよ。インターの出陳料は1匹1万円 です。 飛行機での輸送代・人+わんたち・・・宿泊代・人+わんたち・・・駐車場代などの雑費などなど・・・当たり前ですが自前です。一回の遠征で・・・軽~るく・ふたケタのお金が消えていきます。高価な趣味とでも申しましょうかでも、それを高っ!おしい・・・と思うようでは続けていけませんね。

ただ結果だけを求めてエントリーするのではなく、私の場合は、身内のファミリーに会ったり、一緒にエントリーしてくださっている、マリアちゃんのパパ&ママさん達と色々なおしゃべりをして過ごすことが楽しいですね 

イタグレは小型犬なので飛行機代もさほどではありませんが、大型犬になると、もっともっとお金がかかるのですよ。大型犬を出陳されているかたが、ハイエースやキャンピングカーを買われて、フェリーで移動されていることが納得できますねアフガンやボルゾイはシャンプーが、毎回一本、からっぽになるそうです。その後のグルーミングも大変ですし・・・すごいですよ!シーズーやヨーキー・・・シュナウザーなどのテリア種もグルーミングには技術と年月がかかります。みなさん、すごい情熱で・・・脱帽です

てなことで、ショーは出陳して結果ばかりを追うのではなく・・・人によっては色々な楽しみかたがあるのです。いつも家では忙しく、24時間わんのお世話係→しつけをする家政婦です。主な仕事は犬のトイレ掃除(@_@;) それと、ロナとエニオの喧嘩の仲裁 

ただ今、女の子2匹がヒート中。。。もうすぐ始まりますな~男同士のピリピリ状態が。。。

関東のショーへ出かけて行くことは、普段、質素な生活をしている自分へのプチ・ご褒美ですふかふかのベッドで、わん達に邪魔されずに寝れる喜び このときだけよ(*^_^*) 主人も表向きはイヤな顔せずに(内心はどうだか?笑い)・・・留守番隊のお会世話をしてくれますから。今回は、子犬たちがした、夜中のウ○チ拾いが大変だったようですよ。なんで夜中にするんだぁ~臭くて目が覚めた~とぼやいていましたから。そして・・・犬のトイレ→ 一日中、チー・チーしまっくってるじゃないと驚いていました。 当たり前じゃないの~生きているんだから 少しは私の大変さが・・・分ってくれたかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加