イタグレブリーダー・わんわん日記

イタリアングレーハウンドの出産・子犬の成長の様子・わん達との日常を楽しく紹介していきます。

ショーで、ミラクルなことが起こりましたよ!

2017年08月13日 | Weblog

先週の6日に行われたショーは、私にとっては感動的でした。愛犬をショーに出されている方でプロハンに託されているオーナー様は、地方で開催される場合は自分で見に行くことは難しいと思われます。ショーがある日は、今日の結果はどうだったかな~?とプロハンからの連絡を待っていることでしょう。勝ったのかな?ダメだったのかな?そこが一番気になるところでしょう。


私はショーに関してのブログは、他のブリーダーさんが書かれない部分を書きたいと思います。それは自分のワンの結果だけではなく、ショーを通じて、たくさんの人間模様も体験してきたからです。オナハンだから味わうことのできる、自分の目で見た感動や体験です。


以前のブログに、私が大変お世話になった湊ハンドラーが亡くなったことを書かせていただきました。北海道では数少ない貴重なプロハンでした。彼の死はビックリするような出来事で、今回のショー会場でも、ゆかりのあった方々はみなさんビックリされていて、まだ信じられない様子でした。過去には湊さんに自分の犬を引いてもらった人たちが何人もいらして、現在は勉強しながらオナハンで引いている方です。彼の死をどなたも悼まれていました


そのような中、湊さんが一番可愛がられていたオーナー様というか・・愛弟子のような存在のKさんが、久しぶりに・・実に5年ぶりくらいですか・・オナハンでダックスちゃんと参加されたのです。Kさんはショーを始められた頃、愛犬ラパンちゃんを湊さんに預けていました。オーナーさんとしていつもシヨー会場に来て、ラパンに見つからないように隠れながら応援していました。湊さんとラパンちゃんの当時の晴れ姿です ↓



ラパンちゃんは、パピークラスでいつも良い成績を獲っていました。ジュニアに上がってからも順調にカードを獲り、CHを完成しました。湊さんとは良いコンビでした。ラパンちゃんは今年の初夏に他界してしまいました。湊さんはラパンちゃんの死を、非常に悲しんでいらっしゃいました。しかし~そのあとすぐに湊さんも他界されてしまうとは、だれも予想だにしていなかったことでした。


Kさんは、私とは10年来のお友達で、私に湊ハンドラーを紹介してくださった方です。Kさんとは、湊さんのお店に一緒に遊びに行ったり、最初の3年くらいは湊さんのテントで一緒に過ごしてオナハントークで和気あいあいで楽しんでいました。湊さんのお通夜には、場所が隣町だったので私の車に乗っていただいて一緒に参列させていただきました。二人して・・ホロホロと泣いてばかりでした。


そのKさんは、今回のショーでダックス・モアちゃんがカードが獲れればいいなぁ~ くらいの気持ちで臨んだようです。でも、このダックス・モアちゃんは東京の親元から託された⇒素晴らしいワイアーヘアード・ミニチュアダックスフンド。コートがバリバリで、見るからに⇒ワイアー すごい毛の素晴らしいダックスちゃんです。私は、こんなバリバリのワイアーちゃんは初めて見ました。グループ戦はイケるよ なんて言ってたら、なんとグループ一席です。それだけでも素晴らしいのに・・総合戦ではリザーブ・クィーンに選ばれ、その後見事!クィーンの座に輝きました 全犬種・女の子の一番ですよ。その後男の子のキングと争う ベストインショーでは・・またまた勝ち⇒ 最高峰のBISに輝きました


すごいことです ベストインショーとは、その日のシヨーに参戦した全員のワンの中の一番・優勝です。これはプロハンでもなかなか成しえない偉業なんです。まして~Kさんはしばらくぶりに参加したオナハンです。kさんは知識も豊富でハンドリングもお上手です。それにしても、すごいことが起こりました。先生であった湊さんも、あの世からさぞかし喜んでいらっしゃるでしょう。それとも~やられたぁ~ と苦笑いしていらっしゃるかな。


周りの人たちも口々に⇒湊さんが後ろについてたねぇ~ 湊さんの背後霊が見えるよぉ~ と笑いながらKさんとモアちゃんの素晴らしい成績&健闘をたたえていました。



湊さん、見てるでしょう!貴方が可愛がっていたkさんが、こんな素晴らしいBISを獲りましたよ。


そしてお立ち台写真を撮り終えた後に、この日のBISジャッジさんは、モアちゃんを連れて帰りた~い とおっしゃっていました。外人のジャッジさんでしたので、かたことの日本語でね。↓



モアちゃん、まだCHも完成していない1歳2か月の女の子。その子がBISです。ショーに携わっている方でしたら、どんなにすごいことか ビックリですよね。その犬種としてスタンダードに近く、健全性・歩様の美しさ・ショーマンシップ・などをリンクの中で表すことができたら、オナハンでもこんな素晴らしい成績をいただけることがあるのですね。ミラクルと言ったらKさんに失礼ですが~ 私は素晴らしいシーンを見ることができました。他のジャッジの先生も、この子は4本の足が、終始くずれることなく、きれいにそろっていてダントツの美しい歩様でした。とおっしやっていました。


Kさ~ん、おめでとうございます。ショーはやめたよ!と言っていたkさん、そんなこと言わないでこれからも続けてくださいよ( ^^) _U~~


そして、この日は私も参加しましたのでご報告させていただきます。


イノセントのファミリーさんたちがショーを応援してくださっています。ありがとうございます。私と愛犬の二人三脚のようすを見守ってくださり感謝です (*^^)v


前回7月のショーから3週間ぶりのソフィアです。


うちの主人は犬のことに関して・・特にショーに関してはあまり協力的ではありません。何度かショー会場に見に来たのですが、BISを獲るような素晴らしい犬ばかりに目が行って・・うちのイタグレは戦えるレベルではない!とむかっ!とすることばかりを言うので(10年前のことです)それ以来、練習に付き合ってもらったことはありません。しかし、今回のソフィアについては、触診の練習に付き合ってもらいました。触診台に乗せて最初は、主人が近寄るだけで、ふにゃふにゃとたじろいで('ω')ノ 嫌がっていましたが、回を重ねるうちにガマンできるようになりました。


そして本番です ↓



触診のようすを、ドーベルマン・ボスの須藤さんが撮ってくださっていました。何とかガマンしているソフィアです。



ソフィ、頑張ってる!飛び上がらないでガマンしていました。乱れても許容範囲の触診でした。普通は、こんなカッコ悪い写真は載せないでしょう。でも私は平気です。私と愛犬との歴史の一部です。プロに頼んでいません。プロに頼めばできますよ~だってお預かり期間が長く報酬もそれなりですから、できなかったらプロじゃない。私は、自分で仕上げていきます。ショーを知らない人にもわかってほしいです。ショードッグを創っていくのは並たいていではない!その途中の過程でよくあること。触診を嫌がったり・・途中で歩くのをやめる光景は・・よくあることです。でも犬への情熱&目標を持った人は頑張っていますよ。
須藤さん、貴重な写真をありがとうございました。前回よりも良くなればいいのです。贅沢は言いません。ソフィ良くなったよ。これだけでも進歩です。心が少しラクになりました。


歩き始めるとこんな感じ。同じく須藤さん撮影。


 




ボス・須藤さんや草間ハンドラーも、キレイに歩いていたよ!と言ってくださいました。


そして~総合戦 ステイの写真。



この子はステイの合図では、じっとポーズをとります。写真はドーベルのお友達・小林さんが撮ってくださいました。ありがとうございました。


触診ができるようになって、少しですが前途が明るくなってきました。



そして、こんなご褒美をいただきました。触診は嫌がるけど・・お立ち台写真は嫌がらないでポーズ撮るのよね。どっちがいいのか??
今日もご覧いただきありがとうございました。ワンクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショーの写真、ありがとうご... | トップ | 巣立っていった子~エレンち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL