にじいろいんこ

カラフルなインコやオウム達との賑やかな暮らしを綴っています

一年が過ぎた

2016-10-12 17:01:36 | 日記
一年前、空の為に庭先一画に植えた花が咲きはじめた。







ヒメコンゴウインコの空ちゃんが虹の橋を渡ってから、丁度一年…。

この時、まだ日本では腺胃拡張症(PDD)の原因となるトリボルナウイルス(ABV)の検査が一般では受付してもらえなかった。

空が旅立った翌月、限定的ではあったけど、ABVのウイルス検査が一般でも受付される様になった。

そして今年の4月には、ALL BIRDS vol.8で特集記事が紹介されていた。

ただ、現時点ではまだ有効なワクチンがなく、根本的な治療法のない病気であることには変わりはない…。

先日、鳥の臨床に詳しいという獣医さんに出会った。
色々な症例や、薬にも確かに詳しい気がした。
だけど残念ながら、そこの病院には肝心な鳥の診察専用の医療機器はなく、その薬は常備されていなかった。


空は、旅立って行く前の日の夜、まだ少しだけだけどお喋りしていた。

連休が明けた日の朝一番、すがる思いで病院に連れて行ったら、獣医師が体調不良でお休みだった。
待ち時間なく診てもらえる様に一番で行ったのに。

帰り道、家まであと信号2つというところで、空は高く青く澄みきった秋の空に旅立って行った。


何も出来ず、何もしてやれなかった。


どうしてもっとゆっくり、休憩しながら帰ってあげなかったのだろうー。


全て過去形…。


鳥や生き物達を取り巻く環境や未来が、もっと確かで、明るいものになってほしい。




ねぇ、空ちゃん、

どうしてる?羽は綺麗になった?

本当にごめんね。



やっぱり今でも会いたいよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イケメンには敵わない | トップ | ありがとう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (空)
2016-10-16 21:17:22
ボク、ずっとケージ暮らしだったけど、
ママがボクをお迎えしてくれた。

新しいお家には、たくさんの仲間たちがいて、
ボクはケージの外の世界の楽しさを知ったよ。

お店にいた頃も、
時々はお姉さんたちが声をかけてくれたりしたけれど、
知らない人たちにも話しかけられたけど、
ボクは、ママとの時間が一番楽しかったよ。

素敵な時間をありがとう。

ボクは、今はもうしんどくないし、羽もきれいなんだよ。
お庭のお花に負けないくらい綺麗だよ。
ありがとう (Unknown)
2016-10-17 10:28:41
空さん

あたたかい思いやりをありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL