ホッとしたい時間! *** yottin blog ***

ホームグラウンドは富山.長野.新潟
趣味、興味、好奇心、出会い、いろいろ書いています
お好きなジャンルでどうぞ

レジオネラ菌発病

2016年11月12日 08時48分21秒 | 健康・病気

そろそろ同級生旅行の「はばきぬぎ」を計画していたら、参加者の一人が肺炎で入院した

聞いてみたら「レジオネラ菌」にやられたという

レジオネラ菌と言っても一般の人にはなかなかわからない

職業柄、衛生指導員を委嘱されているので仲間に説明した

レジオネラ菌が発生しやすいのは24時間の循環ボイラーで湧かす風呂だ

温泉や日帰り温泉で希に発生することがある、循環機器内の汚れ等から発生するカビ

そのカビがレジオネラ菌である、主に肺炎が症状で老人など体力の無い人がやられやすい

温泉のお湯を飲んだから発病すると思いがちだが、実際は湯気の中に含まれて浮遊して

口や鼻から肺に入り込む

旅行に行ってすでに2週間以上が経っているから、宿泊した温泉は原因ではない

個人的な足跡に原因がありそうだ

わが家の風呂は循環風呂ではないが、毎年保健検査機関で検査を行い、シロのお墨付きをいただいている

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は11月11日 | トップ | 日本の歴史 おさらい① »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つー君)
2016-11-13 12:03:24
どうしたんでしょうか⁉
日頃の行いでしょうか⁉
長崎、小池に確認したら大丈夫でした。
彼だけに症状が出るなんて不思議です⁉
希です、宝くじ2等当選くらいかな (yottin)
2016-11-13 20:01:57
レジオネラ菌はあらゆる温泉に必ずいると考えた方が良いです、サウナなんか湯気出し放題などで湯船より危険率が高い
、家庭でも加湿器からレジオネラ菌ということもあるそうです。
とにかく暖かな湿気ある場所にはいると思ってください、ただしニュースネタにもならないくらい発病する数は超少ない、なぜなら菌の毒性が弱いからです、インフルエンザウィルスなんかから比べたら全く問題になりません。
健康な人ならレジオネラ菌が肺に入ってもほとんど発症しません、本当に体が弱っている老人や子供が希に発症する程度です、但し肺炎で命を奪われる場合があるので侮れません。

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事