ホッとしたい時間! *** yottin blog ***

ホームグラウンドは富山.長野.新潟
趣味、興味、好奇心、出会い、いろいろ書いています
お好きなジャンルでどうぞ

やっち と よっち

2016年09月19日 20時22分08秒 | 短編

「おまえたち夜中に望遠鏡なんぞもって歩いていると、近所からろくな事言われないぞ!」

よっちの親父がしかめっ面でよっちにいう

相手は小学生だというに、「のぞき犯」の濡れ衣はひどすぎると思ったが

近所の駄菓子屋の息子、やっちを訪ねて、「こうこうしかじかだから、今夜から天体観測は

田んぼへ行ってやろう」となった

やっちは、よっちより1歳年下の小学五年生だ、後年早稲田大学に入ることになるそこそこ秀才

そのあと大手損保に入社して結婚、順風満帆の人生を送るが、バブル崩壊、相次ぐ上場金融会社の崩壊で

倒産、失業の憂き目を見ることになる

ともあれ、今は無垢な小学生だ

田園の中で見る秋の夜空は、住宅街で見るよりはるかに星の数が多い

東から昇ってきたスバルに望遠鏡を向けると、まさに青白い宝石箱

例えようのない美しさだ、口径わずか40ミリの屈折望遠鏡でも感動の連続

木星の周りには4つの小さな点、これはガリレオ衛星、大きなものは地球の月より大きい

夢中になって見ていると、やっちが大声を出した

「あっ!火事だ」

指さす方を見ると、田んぼか畑か火の手が上がっている

「たいへんだ!消さなきゃ」

時間は夜の9時頃、周りには人っ子一人いない、いるわけがない

「僕は水をくんで火を消すからやっちは大人を呼んできて」

よっちは用水の水を近くの畑にあったバケツにくんで火に向けてかけた

火の勢いはそれほどではないが、広い範囲で燃え広がっている

何回か往復して水をかけたがいっこうに消えそうもない

「たいへんだ、たいへんだ」

よっちは切ない気持ちになった

すると突然背後から 「こら、おまえ何をしている!」

大人だった、やっちが連れてきたのかと思ったがちょっと早すぎる

「火事です、今ぼくが消しているんです、でも消えません手伝って下さい」

大人はしかめっ面で言った

「消さなくていい、おまえにはわからないだろうが、俺が畑を焼いているんだ」

よっちにはわからなかった、だが余計なことをしてしまった事はわかった

「まあいい、少し消えたがたいしたことは無い、もう二度とお節介はしないでくれ」

大人はあきれたように言ったが本気で怒っているわけではなかった

よっちは良いことをしたつもりが少し叱られてがっかりした、同時に安心もした

そこにやっちが息を切らせて戻ってきた

「大人はいないよ」

 

それから数日後の日曜日、よっちとやっちは、早朝に同じ場所の農道を走っていた

朝の空気はひんやりしてうまい

まもなく校内マラソン大会があるので練習をしようと言うことになったのだ

よっちは昨年5年生の時にはクラスの男子では一番早かった、けれど学年では11番で

10位までの賞を逃がしてしまったのだ、どうしても今年は入賞したい

そう思っている、それにもう一つ理由がある

それは去年同じクラスの女子、学年全体ででかずみちゃんが3位、えみちゃんが5位だった

えみちゃんはよっちの憧れの女子だ、そのえみちゃんに去年結果発表のあとで

「よっちくん残念だったね、あと一人なのにね」と声をかけられて舞い上がったのだった

だから(よおし来年は絶対賞をとるぞ、そしたら、えみちゃんはきっと褒めてくれるだろう)などと

鼻の下を伸ばしているのだ

 

さて、そんな事を考えながらにやにやとして、よっちは快調に走っている

後ろを見るとやっちは遥か遠くで、歩いたり走ったりだらだら状態

やっちはガリ勉タイプで運動はからっきしなんだ、それでも一緒に走ってくれるのはきっと友情なんだな

よっちはスピードを落としてやっちを待つことにした

おりしもそこは、この前の火事騒動の畑の近くだった

おりもおり、そこで作業をしていたおじさんはあのときの大人だった

それがよっちとやっちを見つけた

「おい、この前の子供だな、今日は早くから何をしているんだい」

「マラソンの練習です」

「そうか子供は元気だな、夜中から早朝までよく頑張る・・・・」

「そんなに元気ならちょっと手伝ってくれないか、小遣いをたっぷりやるから」

「やっちどうする、小遣いくれるってさ」「やろう、小遣いくれるんだから」

大人の言うとおりに、畑に枯れた藁のようなものを蒔いて歩いた

思った以上に広い畑で、もしかしたら稲刈り後の田んぼだったかもしれない

慣れない仕事だから時間もかかる、1時間弱の労働は終わった

「おじさん終わったよ」「駄賃をください」

「よっし手をだしな」

二人の開いた手の平に大人は10円玉を一個ずつ乗せて

「ごくろうさん」と言った

「これだけ?、たっぷりくれるといったじゃないか」

「10円もあればたっぷりだろう」大人はうそぶいた

「そんなのおかしいよ」やっちが抵抗する 「おかしいよ」よっちも真似て言った

大人はうるさそうな顔をして、もう10円ずつわたして

「もうこれで俺はお金がない、これでおしまい、さあ帰れ帰れ、マラソンの練習なんだろ」

訳のわからないことを言って、隣の畑にすたこらと逃げていった

「卑怯者だ!」やっちが生意気なセリフを言った

「卑怯者かあ、だまされちゃったね」よっちもがっくりして言った

「もうここには来ない」「そうだねここには来ないとこうね」

「さあ走ろう! やっちもっと元気出して走ろうよ」

「ぼくの家に行ってキャンディ買って食べようね、20円あるから」

「そうそうキャンディ食べながらテレビ見ようね」

よっちの家にはまだテレビがない、毎週日曜の9時から10時まではやっちの家のテレビを

見せてもらっている

「やっちの家はお金持ちだね、テレビあるから」

「よっちの家だってオート三輪あるからお金持ちだよ」

他愛ない二人はいつの間にか練習を忘れて話しながら歩いていました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう秋ですね | トップ | 災害被害 どの県が一番少な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短編」カテゴリの最新記事