ホッとしたい時間! *** yottin blog ***

ホッとしたいと思っても、追われっぱなしの毎日
これも我が宿命なのか
北陸の海と山と魚を愛でる信州大好き親父のページ

痛恨の一撃!

2017年03月21日 17時06分36秒 | こんな事があった

居酒屋で飲んでいたら、向こうのテーブルで突然大声で怒鳴りだした客

「いいかげんいしろ、このバカ」

ど~んとテーブルを拳で叩いて、そうとう頭にきている様だ

聞き耳を立てていたら、どうも大家と店子がやり合っている様だ、一緒のテーブルの客も

ちょっとシラけている

酔った店子が大家に家賃を負けろと言っているらしい、一方家主は、大幅に減額したのに

また負けろとは無理だ、上げてもらいたいくらいだとやりかえしている。

「まあまあ二人ともやめろ」と相客がなだめるが収まらない

大家は「酔ってこんな話しをしても仕方がない、喧嘩になるからここでストップ」と納めようとするが

店子はまだぐずって、今度は

「家賃に消費税はかからないんだぞ、おれは何十年もずっと**さん(家主)に払っていたんだ

それをかえしてくれ」

「そんな、ばかなことがあるか、家賃だろうが何だろうが消費税のかからない営業があるものか」

と大家も反論、すると同席のちょっとインテリっぽいのが

「いや、家賃には消費税はかかりません、僕のアパートもそうですから」と言った

大家はみるみる青ざめた、そりゃあそうだろういくらの家賃か知らないが毎月15000円ずつ消費税を

受け取っていたとして20年なら360万円返還だもの、青ざめるわけだ。

それでも「おれは消費税を払っているのに、なぜもらえないんだおかしいだろ」と弱々しく言っている

私はそれを聞いていておかしかったが他人の喧嘩に口をはさむことはできない

すると、今まで黙っていた同じく相席の恰幅の良い初老の男性が口を開いた

「??さんは、**さんから店舗を借りているんでしょ」

「そうですよ」

「じゃあ消費税はかかりますね、アパートみたいに住む家を借りるのと、営業用の店舗を借りるのでは

違うんですよ、住宅はかからないんです、でも店舗はかかるんですよ」

すると隣の女性が「やっぱり●●さんは法学部を出ただけあるわね」とよいしょ

店子と、知ったかぶりをしたインテリ風はゲションとなって一気に静かになった

大家は急に元気になって「ほらみたか、知識も無いのに知ったかぶりするんじゃ無い」

すると店子も「大家さんだって知らなかったくせによく言うよ」と言ったら

みんな一斉に吹き出して一件落着、でもよく考えたらぜんぜん落着していないんじゃないんですか?

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リーダーシップ | トップ | 久しぶりに富山市へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つー君)
2017-03-21 19:06:59
飲んでいるときに、嫌な話ですね。
関わりたくありません。
Unknown (yottin)
2017-03-21 19:22:13
ぜったい一緒に飲みたくないですね、まわりにも迷惑だしね
われわれの飲み会みたいに和気あいあいが良いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む