ホッとしたい時間! *** yottin blog ***

仕事も体も投げ出して 心だけの時間

定員超過旅客機 そういえばこんな事があった

2016年10月12日 09時10分25秒 | ニュースネタ

出航時の係員のミスと行き違いで、満員の国内線旅客機で1人定員オーバー

立ったまま離陸して、気づいて引き返したってニュースが・・・・・

 

これに関して、そういえば5年くらい前に韓国仁川空港で似たような経験をしたことがある

釜山で、ある国際イベントがあり参加した帰り、仁川空港から新潟空港へ

その出国の時だったが、待合室に一時間半以上前に到着して出発を待っていた

客の日本人はほとんど新潟県や山形県、福島県の人らしく、満席になるほど多くは無かったと思う

左のウィング奥の30何番かゲートの待合室にいた

ところが、これが不思議なのだが空港職員では無く、乗客の一人が駆け込んできて、

「新潟行きは搭乗ゲートが変わった!すぐに10**ゲートに移動して下さい」

叫んでいるのは職員ではないので私たちは半信半疑、こんな状況は初めてのこと

それでもみんな移動を始めたので、私たちもきつねにつままれた気分で移動した

わずか出国30分前の出来事、10数番の搭乗口は反対の右側ウィングの奥

移動だけでも5分以上かかる

そして搭乗カウンターで搭乗券のチェック、ここでまた信じられないトラブル発生

我々は8人のグループだったのだが、そのうち2人の搭乗券番号の席は「埋まっています」というトラブル

要するに一つの席に客が2人居ると言うこと、ダブルブッキング、しかしこっちには搭乗券がある

完全な空港側のミス、時間が無い、誰がどうしたのかは覚えてないが、満席では無かったために

何とか別の客の席は確保されたらしくて、無事に乗ることができたが韓国とは言え言葉が

通じない外国でのこと、ちょっと焦った

離陸30分前の突然の搭乗ゲート変更といい、ダブルブッキングといい

韓国1の大韓航空でもこんなミスを犯すのです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血縁 そこまで考えたことは... | トップ | ボブディランにノーベル賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む