滋賀市民運動ニュース&ダイジェスト

編集:市民運動ネットワーク滋賀・事務局(TEL:FAX077-522-5415)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【0802/128:新名神開通】読売特集記事(下):中部圏の客つかめ、利便性向上アピール

2008-02-22 00:19:48 | Weblog

【写真】新名神高速道路の草津ジャンクション上空付近。県経済活性化への期待が高まる(2007年10月24日撮影=西日本高速道路会社提供) 

「中部圏はこれまで近くて遠かった。人の流れが飛躍的に変わるのでは」

県の観光振興を担う社団法人「びわこビジターズビューロー」の竹脇義成・専務理事は、新名神高速道路の草津田上(大津市)―亀山(三重県亀山市)間の開通に大きな期待を寄せる。

ビューローは「営業攻勢」を強めている。大手旅行会社約15社を対象に、東京で県内の観光名所を紹介する説明会を、今月28日に初めて開く。各社のツアーに県内の観光地を盛り込んでもらおうと、開通による利便性向上をアピールする。名古屋市の滋賀県名古屋観光物産情報センターでは、開通記念のキャンペーン開催を検討している。竹脇専務理事は「中部圏の人たちに滋賀を身近に感じてもらい、観光客を増やしたい」と意欲を見せる。

甲賀流忍者や信楽焼などの観光資源を持つ甲賀市は、新名神を「起爆剤」と位置づけ、2016年の観光客数を06年の4倍の1000万人にする目標を掲げる。3月29日に「忍者検定」を初めて実施する同市の甲南町観光協会は「忍者という分かりやすいキーワードで、甲賀の知名度アップを図りたい」とする。

新名神で流れが加速しそうなのは「人」だけではない。

米国の航空貨物大手「フェデラル エクスプレス」(フェデックス)は今月14日、草津市青地町に滋賀草津営業所を開設した。県内で工場立地が進んでいることなどから「モノ」の流れの増大を見込んで進出を決めた。

湖南地域で電話による当日便搭載貨物の集荷締め切りが1時間延長されて午後5時になるなど、県内でのサービスが向上するという。広報担当者は「滋賀県で自動車部品や機械製品の輸送の需要が高まるだろう。積極的に取り込んでいきたい」。

追い風を受ける状況だが、不安要素もある。

県道路課によると、県内の主要一般道路で渋滞を防ぐための改良・整備は遅れており、対策が急務になっている。また、山中隆・県企業誘致推進室長は「いったん進出した企業が、県外に流出しないようにする工夫も必要」として、工場の新設・増設をする企業などを対象にした助成金のPRのほか、容易には移転できない拠点工場や研究開発施設の誘致の強化を挙げる。

さらに、大津―城陽(京都府城陽市)、八幡(同府八幡市)―高槻(大阪府高槻市)間の計35キロは着工の見通しが立たない状況が続く。嘉田知事は昨年10月、東京で行われた新名神の全線開通を国に求める集会で、「つながらないのは『もったいない』」と早期着工を求めた。

多くの関係者が地域の活性化やビジネスチャンスの端緒を切り開くと見据えるなか、新名神が開通する。

◆メモ

新名神高速道路には、環境に配慮した設備が目立つ。

建設のために伐採した樹木をチップ化し、のり面に敷き詰めて表土の流出を防止。掘削で採れた自然石は、甲賀市甲南町、水口町付近の区間周辺に造られた遊歩道の石垣に使った。

建設地に生息していた生き物にも配慮。土壌を丸ごと移し替えるなどしたり、オオシオカラトンボやカキランなどの動植物を移動・移植したりして保全を図った。

土山サービスエリア(SA、甲賀市)は、ソーラー発電パネルや風力発電を活用。建物の屋根などに設置し、トイレや通路の照明に使う。トイレの屋根にはサツマイモの苗を敷き詰め、屋上を緑化。夏場の建物の温度上昇を防ぐ効果が期待される。

ベンチなどを設置した屋外の休憩所付近の通路には、細かい水蒸気を噴霧する「ドライミスト」装置を備え、周辺の温度を下げる。中日本高速道路会社は「これだけの環境対策を施したSAは珍しい」としている。

【関連ニュース番号:0802/120、2月21日】

(2月21日付け読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20080220-OYT8T00623.htm
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【0802/127:県営住宅... | トップ | 【0802/129:草津市長... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事