滋賀市民運動ニュース&ダイジェスト

編集:市民運動ネットワーク滋賀・事務局(TEL:FAX077-522-5415)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【0905/70:県内経済状況】4月の倒産数、今年最少:負債総額も低水準

2009-05-11 22:10:59 | Weblog

 帝国データバンク滋賀支店が発表した県内の4月の倒産集計によると、企業の倒産件数(負債額1000万円以上)は10件、負債総額は3億900万円と、いずれも今年に入って最少だった。同社は「公的資金の投入が底支えをしているのではないか」と分析している。

 負債総額は2007年9月以来の低水準。公的資金の投入に加えて、信用保証協会の緊急保証制度による資金融通が効果を上げているとみられる。

 倒産理由では、8件が、市況の悪化に伴う販売不振や受注減を挙げた。同時に発表した4月の景気動向調査では、全国平均が2カ月連続で改善する中、県内は前月の改善から再び悪化に転じた。

 帝国データバンクは「内需の動きは良くなってきたものの、県内の主力を占める外需依存型産業の業績は悪いまま。特に自動車産業は最悪で、楽観できるものではない」としている。 (小西数紀)

【関連ニュース番号:0904/67、4月8日;0904/66、4月8日など】

(5月11日付け中日新聞・電子版)

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20090511/CK2009051102000003.html

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【0905/69:難病治療】... | トップ | 【0905/71:がん治療】... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む