新Cervoの独り言

バイクやクルマ、生活と趣味の時間、徒然なるままに想う事。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年08月04日 | 日記

高圧洗浄機を買いました。ケルヒャーの中級機K2シリーズが良いかと考えていましたが、価格の割りに圧が高めと評判が上々だったブラックアンドデッカーの1570という機種をAmazonで購入。1万円以下だけど、使い勝手は良いです。今日は車2台と玄関まわりの掃除に使ったけど、買ってよかったと思えます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京モーターショー(未知との遭遇)

2011年12月07日 | 日記

♪「あの娘をペットにしたくってーニッサンするの。。。」♪ってのは、小林旭の歌ですが(笑)今日は、24年ぶりに東京で開催の第42回東京モーターショーに行ってきました。思えば、晴海でやっていた頃以来ですね。今回は、お台場の東京ビックサイトです。自工会によれば、賃貸料は、幕張よりも高いとか!?まあ、前回の’09年は、リーマンショック直後ということもあり、「お通夜」みたいなショーでしたが、今回は、やや盛り返し華やかさが戻った良い雰囲気でした。「車離れ」が叫ばれる昨今ではありますが、若い人も多く、かっこいい車には、人が群がっていました。いよいよ市販間近のトヨタFT86と兄弟車のスバルBRZは人気がありましたねー。こういう気楽なスポーツカーが元気な事は、喜ばしい限りです。あっそういえば、FT86見ていたら、隣に「ルーピー」な、あの方がいました!スラリと背が高く、白髪も無く(笑)、スリムで、それでいて「目がうつろ」で、掴みどころの無い、「宇宙人」然としたオーラが漂っていました!思わず、FT86の前に「未知との遭遇」にシャッターを切ってしまいました(笑)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ再開

2011年12月04日 | 日記

しばらくの間、更新を停止していたブログだが、ウン十歳の誕生日を機に、再開する事としました。不定期の更新となりますが、思いついた事をブログに残していこうと思います。

昨日、所要で埼玉県朝霞市に出向いた。朝霞といえば、陸上自衛隊の大きな駐屯地があることで有名です。時間があったので駐屯地にある「陸上自衛隊広報センター」を見学してみた。

浜松の「エアパーク」呉の「鉄のクジラ館」と自衛隊の主だった広報館を見てきましたが、「陸モノ」は初めてで期待が膨らみます。入館料は無料。平日ということもあり、館内は見学者もまばらでした。展示物は、AH-1S_アパッチ攻撃ヘリコプターや90式戦車など大物から、89式小銃やボディーアーマーなど小物までこじんまりと展示されていた。正直、浜松や呉に比べるとスケールは小さく、説明員の自衛官も申し訳ながっていたが、どこか地味だけど、一番自衛隊らしさが匂う雰囲気は好感が持てました。3Dシアターで観た「レンジャー部隊」の物語は、円谷プロが製作協力しているだけに迫力があり、少しジーンとしちゃいました。レンジャー部隊訓練を立体映像で観る必然性は薄いが(笑)

池袋から東武東上線「和光市駅」から徒歩15分で、少し分かりにくい場所にあるけど、機会があれば一度遊びに行っては如何でしょうか?

特別展示で、「東北震災の救援活動」の様子を展示してありましたが、ものすごく感動しました。今年一番頑張ったのは、自衛隊の皆さんです。深く感謝します。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一区切り

2011年07月01日 | 日記

もう随分とブログを放置しておりました。あちらこちらと、他人のブログにお邪魔しておりましたが昨年末から私生活を取り巻く環境に変化があり、ブログをつけていませんでした。肉親の死と別居を機に始めたブログでしたが、この2年間様々な事がありました。友人も増えた様な気がしますし、新たな気付きや、自分と静かに向かい合える時間を持てました。この春先に長女が大学に進学した事をきっかけに、家族の会話が戻り、もう一度やり直すことを決めました。実家も壊して建て直すことに決め、解体まで半月少々となりました。やっと2年ぶりに家族の下に戻ります。来年早々には新居に入居の予定です。嫌なことを忘れようとスタートしたブログですが、一応この「ひとり言」も今回で一区切りとして、新たなブログの場で「新Cervoの独り言」としてリスタートの予定です。こんな、どーでもいいヨタ話にお付き合いしていただいた皆様にお礼を申し上げます。また新しいブログを始めましたらお知らせします。その節は、また気楽に覗いてください。皆様のご健康をご多幸をお祈りし「末広がり」でおめでたい画像をひとつ。。。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

EN125フロントフォークオイル交換

2011年01月09日 | バイク

もしかすると、標題の件で検索エンジンから飛んでくる方が参考にするかもしれません。。。このネットの世界のお約束「自己責任」でお願いします(笑) 中古で購入してから3年以上経過した我がEN125。乗り始めた当初は、何だかサスペンションが柔らかく、ノーズダイブが酷く感じたものでした。特にリアサスを交換したらバランスが少々悪く、何時かフォークオイルを交換せねばと思いつつ、ここまで乗ってきてしまいました。人間、慣れるというのは恐ろしいもので、何となく不都合も感じなくなってきましたが、ここにきて交換を思い立ちました。油量や油面高さをネットで調べたが、インドネシア向けのThunder125のマニュアルらしきPDFファイルから油量150cc、油面高さ142mm、オイル番手G10とあった。(実は油面高さの記述は、オイル交換後に発見!)因みにGS125のマニュアルには、油量141cc、油面高さ210mm、オイル番手G15とあった。さて、自分のENから出たオイルは、100cc少々、油面は205mmぐらいであった。出てきた使い古しのオイルはグレーに汚れまくっていた。一応、真鍮パイプと注射器で「油面アジャスター」も自作して準備したが、オイルを抜き、クリーナーで軽く洗浄してから150ccをメスシリンダーで計り、入れてみた。確証は無いが、こいつで暫く様子を見て、硬すぎたら抜こうと考え組み上げた。ついでに残り2ミリ少々まで減っていたフロンとブレーキパッドを「デイトナの赤パッド」に交換。前のAPのセミメタルパッドは2年もったことになる。気のせいかローターへの攻撃性はAPの方があるようで、ローターの磨り減りが発生し始めていた。あと、2年で寿命だろうな。。。機会があれば、マイクロメーターで計測してみたい。(マイクロメーターを持っていないので、安いものが欲しいな。。。)さて、フォークオイル交換後のインプレッションだが、硬すぎず、足回りがどっしりと踏ん張るようになった。明らかにノーズダイブは無くなり、乗り心地も悪化しませんでした。恐らく油量はオーバーだと思いますが、暫くコレで様子を見ようと思います。全国1,000名のEN125乗りの皆さん!参考になりましたか?

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加