鉄道模型とテルマエの部屋

懐かしい電車と模型と銭湯と

青春80系キットを再び組む その1

2017-03-14 12:23:27 | 工作記録 津田沼第二工場

広島はかつて80系(80形でもなんでもいいけど)の天下でして、模型を始めた時から欲しかったんですよ。
300番台オンリーとはいえ、GMからキットが出た時には狂喜乱舞したものです。
たまたま中古で当時モノのキットが手に入ったので、ちょっと作ってみましょう。当時にひたりながら。

前面はセオリー通りクモユニ81の板キットから持ってきます。
通風口の蓋を削りライトを開口(テールライトが0.6、ヘッドライトが1.4くらい)塗り分けを考え手すりは市販パーツに置き換えるべく0.3ミリの穴を開けておきました。

床下はまだ決めていないのですが、とりあえずリブは削り落とし。
まじめな話、このキットもちゃんと組もうとすると、全然合いませんwww 非公式側の屋根のリブに0.2ミリくらいのスペーサーを挟むと、雨どいのラインが綺麗に出ます。他にもいろいろ問題が多そうなキットです。楽しめそうだな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常悦線ふたたび | トップ | 青春80系キットを再び組む ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工作記録 津田沼第二工場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。