コメント

ブログ始めます!他の人のブログはみていたのですが、自分のということになると、なかなか踏み切れませんでした。しかし、時代に乗り遅れてはならぬと、思い切りました。いま私は、講演などで日本中を飛び歩いています。あちこちのメディアや現場も回っています。

私の周りで起こった事件、気付いたこと、楽しかったこと、いろいろな情報を盛りだくさんで提供したいと思いますので、ぜひご参加下さい。もちろん、お得な生活経済情報もお届けします。みなさんのお知恵もいただいて、明るく暮らす生活術を共有したいですね。

PROFILE

森永卓郎写真
森永 卓郎

昭和32年7月12日生(46歳)
東京都出身
経済アナリスト
(獨協大学 経済学部 教授)

「年収300万円時代を生き抜く 経済学」の著者であり日テレ土曜よる7:57〜放送「世界一受けたい授業」に講師として出演。 数々のニュースコメンテーターにラジオのパーソナリティーと幅広く活躍する経済アナリスト。
東京大学経済学部を卒業後、日本専売公社、日本経済研究センター、経済企画庁総合計画局などを経て株式会社UFJ総合研究所 経済・社会政策部部長兼主席研究員として現在に至る。獨協大学経済学部 特任教授。「経済」関連以外では、ミニカーコレクターとしても有名であり、近々コレクション博物館の設立なども計画中。

BOOKS

平成3年
『ALMとリスク管理』有斐閣ビジネス(共著)岡正生、楠本博編
平成5年
『悪女と紳士の経済学』講談社
平成7年
『大解析2001年目日本は変わる!』実業之日本社
『ベトナムの市場経済化と経済開発』(共著)竹内郁雄、村野勉編 アジア経済研究所
平成9年
『<非婚>のすすめ』講談社現代新書
『欲望と消費』岩波書店現代日本文化論8(共著)河合隼雄・上野千鶴子編
平成10年
『バブルとデフレ』講談社現代新書
平成11年
『痛快ビンボー主義!』日本経済新聞社
平成12年
『リストラと能力主義』講談社現代新書
平成13年
『悪女と紳士の経済学』日経ビジネス人文庫
『日銀不況』東洋経済新報社
『ニッポン経済勝手に改造改革』日経新聞
『ニッポン経済勝手に構造改革』日経ビジネス人文庫
『日本経済「暗黙」の共謀者』講談社+α新書 他多数
平成14年
『日本経済50の大疑問』講談社現代新書
『日本経済最悪の選択』実業之日本社
『シンプル人生の経済設計』中公新書ラクレ
平成15年
『年収300万円時代を生き抜く経済学』光文社
『ビンボー主義の生活経済学』講談社
『続・年収300万円時代を生き抜く経済学』光文社
『 二極化時代の新・サラリーマン幸福術 年収1億円でも不幸な人生、年収300万円でも楽しい人生… 』経済界
平成16年
『お金に縛られない生き方のすすめ』PHP研究所
『庶民派経済学 こんな時代でも、たくましく生きる!』実業之日本社
『ミニカーからすべてを学んだ ミニカー棚の作り方から世界経済まで……』エイ出版
『カネ持ちの陰謀「年収格差100倍時代」の生き方「基礎の基礎」』講談社
『森永卓郎の声に出して読めない謎かけの本』廣済堂文庫
 
『日本人を幸せにする経済学』ビジネス社
平成17年
『デキる男がハマる女』ソフトバンク パブリッシング
  • 『ミニカーからすべてを学んだ ミニカー棚の作り方から世界経済まで……』エイ出版
  • 『年収300万円時代を生き抜く経済学』光文社
  • 『日銀不況』東洋経済新報社
  • 『デキる男がハマる女』ソフトバンク パブリッシング

テレビ等出演

  • ニッポン放送『森永卓郎の朝はモリタク!もりだくSUN』パーソナリティ  (月〜金 6:00〜8:30 平成16年3月〜出演中)
  • テレビ朝日『たけしのTVタックル』
  • 日テレ『世界一受けたい授業』