BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【内外無差別は?】米国牛トレーサビリティ案を、自民のふただ(ニ田)議員が否決するといっている件

2005年07月29日 09時51分18秒 | アメリカ牛は安全か?
■【内外無差別は?】米国牛トレーサビリティ法案を自民党のふただ(ニ田)議員が否決するといっている件

米国牛輸入については、「内外無差別」が前提で、例の怪しい月齢区切り論争が勃発したようですが、「内外無差別」というならば、当然「飼料」や「SRM除去」「トレーサビリティ」も一緒でなくてはなりません。

(私は、どっちにしろ安全なやり方を優先すべき、と消費者として思いますが)

7月27日に行われた国会の農水委員会のBSE質疑で、その、国内産と同等の、米国牛のトレーサビリティ法案について、ふただ(ニ田)議員が否決するといっているという、くだりがありましたので、文章に起こしてみました。

衆院:農水委員会のBSE質疑で油脂・血液飼料の問題指摘&食安委内紛
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/b35ba6a5239ef9010394300ee16adb15

輸入再開条件は内外無差別、だとしているのに、おかしいですね。
 
国会では、「飼料管理は問わない」と島村農相も理解不能な発言をしています。関係あるのかはわかりませんが、島村氏は、外食産業から献金を受けておられたとのこと。

島村農相「飼料問題は食安委に諮問せず」&外食業界の島村氏献金ニュース
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/1377958e3bbdcab80707337171f7f943

ビデオから、トレーサビリティの部分を起こしてみました。
「山田議員の発言を指定」して、その最後の質問、29分50秒あたりからです。
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/b35ba6a5239ef9010394300ee16adb15

===========================

日本フードサービス協会の加藤専務の発言を受けて、山田議員の最後の質問

(議長)山田君。

(山田議員)よく、理解できなかったんですが、リスク、といっても、WHOではヒトのフードチェーンの中に、いわゆる感染牛を入れちゃいけないと、はっきりこれは採択されておりますから、本来ならスクリーニング、いわゆる食の安全とか安心じゃなく、すべてを全頭検査して、できうるかぎり、その、消費者に安全なものを与える、これが建前だと私は考えておりますが、

そんな中でひとつ、所謂これから先、将来アメリカ産からの牛肉が入ってくるとしたら、実は国内の牛肉は加藤専務、ご存知のようにトレーサビリティ、所謂生産者から、いまやどんな注射をうったか、薬品使ったか、どういう餌をやったかまで、もちろん生産者の名前もわかるようになっております。

で、コストはかなり、1割から2割はかかっております。解体処理にいたるまで、小売段階まで。
そうしますと、アメリカから、輸入牛肉については、一切そういう規制がない。

これはたいへん、私は、日本は、内外平等といういうならば、6割も入ってきている輸入牛肉について、当然そういうトレーサビリティ法案を出すべきだと、そういっているのですが、自民党のふただ(ニ田)先生がこの法案、今出して審議中ですが、これを、審議したら否決する、といわれるもんですから、このまま採択できずに、困っているところですが(笑 (ヤジあり)

それでひとつ、もしアメリカから入ってくるとしたら、当然のことながらその、すくなくとも検査してる日本の牛肉と同じように、検査している、検査していない、それくらいについては当然表示する必要あるんじゃないか、アメリカ産の牛肉である、あるいはオーストラリア産の牛肉である、検査しているか、検査していないか、それを、ひとつ最後に、和田さんと加藤さんに一言ずつ、イエスかノーかお答えいただければ、ちょうど私の質問は終わりました。(笑
(抜粋以上)

===========================

参考 ふただ議員のサイト(二田孝治議員)
http://www.futada.gr.jp/

外食産業のみなさまへのお願い
「SRMを完全に除去」という、実現不可能なことをいわれるのは、もう、お止しくださいませ。消費者をそこまでひどく馬鹿にしないでください。まず、SRM除去も検査・飼料管理と同じように限界がある、ということは行政も認めて、発言しています。

あとは三つ巴の規制で、どうやってリスクを下げていくかがBSEの対策でしょうし、

不可能なことだけをピックアップして、主張し続けられると、牛どころか「他の食材の安全管理」への不安、不信まで生み、今後、外食産業のイメージ自体に影響が出てしまいかねないのではないかと、私は感じています。
参考:
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/2364c0b9046c5e63aed236944b9a9e33
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/0a2e4459558beb8d921eb79753e6c8fa
http://hideyukihirakawa.com/blog/archives/200507/250235.php

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆院:農水委員会のBSE質疑で... | トップ | 農水省からの回答:新聞の小... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
米で3頭目のBSEか?委員の先生方には心底同情しますが、しかし・・・ (ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ)
どうも3頭目がでちゃったみたいですね。 http://www.asahi.com...
BSEの本当の原因は (Troubled days)
・・・そこで久々にキーワードのヒット件数を調べてみると、結構な割合で「BSE」関連のキーワードが多いことに気付いた。アメリカ殿は、盛んに日本への「牛肉輸入再開!」と、叫ぶが、日本のクジラの捕獲は相変わらず盛んな反対運動である。しかし、日本の行政機関も、彼