BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【中国の鳥インフルエンザ】北京大使館が「注意事項」を掲載 【121人死亡説に全世界注目?】

2005年05月28日 09時48分33秒 | 鳥インフルエンザ
ニッポンの「危機管理」をぼんやりと考えながら鳥インフルエンザの情報を。。。

北京大使館が在留邦人に対して「注意事項」を掲載しました。
その後の情報にご注意ください。

青海省における高病原性鳥インフルエンザの発生について(北京大使館)
(05.05.26)
http://www.cn.emb-japan.go.jp/jp/01top.htm
http://www.cn.emb-japan.go.jp/jp/ryojibu/eoj050527j.htm

なお、ProMEDなどで注目され、真偽を調査中の未確認報道は以下です。中国政府は否定しています。
中国青海省:鳥インフルエンザで121人死亡 家族集団失踪 
【大紀元日本5月27日】(05/05/27 23:14)
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/html/d37714.html

最新情報はここにも集まっています。
笹山登生の掲 示 板
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi
その他のメディアリンク
中国の鳥インフルエンザで死者が出たという報道?&台湾でSARS騒ぎがあった
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/5a153861f509cb376643edf863719268
鳥インフルエンザが新型に変化したら私達の生活はどうなる?
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/2a969806cf5d1e54bacad89ab27d9554

過去のものですが、手洗いなどで参考程度になりそうな情報を掲載したSARSの情報源はこちら
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/
過去の中国の報道規制の様子などがわかります。また同じ轍を踏まなければいいのですが。


==========================

青海省における高病原性鳥インフルエンザの発生について(北京大使館)
(05.05.26)
http://www.cn.emb-japan.go.jp/jp/01top.htm
http://www.cn.emb-japan.go.jp/jp/ryojibu/eoj050527j.htm
1.今次発生の状況
 中国衛生部は5月26日、次の通り発表しました。
・ 青海省の青海湖内にある鳥島にて死んだ渡り鳥から、鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスが確認された。
・ 5月14日専門家を現地に派遣し、疫病の監視・予防措置を実施。
・ 5月25日時点で、人への感染は確認されていない。

2.これまでの状況
 2004年1月から7月までに、中国において高病原性鳥インフルエンザは16省(自治区・直轄市)50カ所の発生が確認されました。家禽における感染が確認されており、人への感染は確認されていないとのことです。
 また、昨夏以降ベトナム、カンボジア、タイで死者が発生しているものの、人から人への感染は確認されていません。

3.日常生活上のご注意
 中国に滞在される方におかれましては、日常生活上次のようなご注意をされるようお願いいたします。
(1)手洗い、うがいなど通常の感染症予防対策を励行すること。
(2)鶏舎等への立ち寄りを避けること。
(3)生きた鳥(鶏等に限らず、鳥類一般)やその内臓への接触、生きた鳥を扱う市場への不用意、無警戒な立ち寄りを避けること。ウイルスに汚染された糞尿などから感染する可能性もありますので、生きた鳥を扱う場所にはなるべく近寄らないようにすること。
(4)インフルエンザウイルスは加熱(70度で1分間)により死滅しますので、調理の際は十分な加熱、卵や調理道具は十分洗浄すること。

4.高病原性鳥インフルエンザとは
 ヒトのインフルエンザとは別の鳥類のインフルエンザによる感染症のうち、感染した 鳥の致死率の高い特定の感染症です。鶏、あひる、七面鳥、うずら等が感染し、神経症状、呼吸器症状、消化器症状を呈します。

なお、青海省等に滞在されている方で、高病原性鳥インフルエンザについて特段の情報がありましたら、日本大使館(連絡先は上記URL参照)までご連絡をお願い致します。


コメント (3)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [米国産牛肉]「輸入再開の... | トップ | 米国牛輸入に関する調査会傍... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感染症対策 (けいすけ)
2005-06-03 16:38:22
日本で強力な感染症が発生したらどうなるのかなあって、実は数日前につらつら考えて記事にしたので、トラックバックさせていただきました。この場合のように情報が制限されていると、対策を立てるまでの時間経過が長くなって、どうしようもなくなってしまいますよね。従って大使館などが、自国に感染症を持ち込まないという観点から、現地での情報収集を「自力」で行えるようにすべきですね。だとしたら外務省に文系出身の人間だけを配置するわけにはいかなくなりますね。
Unknown (Unknown)
2005-09-01 18:00:55
最近はどうされてますか? 体調でも崩されたのですか? 



最近の茨城での鳥インフルエンザの記事と政府の対応に非常に不安に感じます。 茨城以外はは検査してほとんど陰性という結果のようですけど、何匹検査したのでしょうかね? 鶏舎で数匹を適当に選んでやってるだけではないですかね? だから、ちらほら茨城でぱらぱらと出ているのではないですかね? BSEじゃないですけど、全部検査やらないと蔓延状況の把握はできないのではないですかね? 政府は、海外の国の商品に関しては非常に厳しく対応しているようで、アジア各国に対しては、病気がでたらその国の全部を輸入停止にしてます。 アメリカ、ブラジルと言う国に対しては、弱毒性なら州で禁止すると言うことにしてるみたいです。 で、日本はというと、半径たった5キロで、それもすぐに解禁してしまう始末です。 さらに密閉式の鶏舎なら屠殺処分なしとか。 この政府のあいまいな対応って本当に正しいのでしょうか? BSEはまだ死人も出てないけど、あれだけ厳しく全頭検査してるのに、蔓延したら死人が出てしまう鳥インフルエンザはなぜに全匹検査してでもと言う対応をしないのですかね? 



中国で最近騒がれている豚の病気も非常に怖い気がしますが、その辺の対策は本当に大丈夫ですかね? アジアの国々の中には中国からの豚肉の加工品輸入を止め始めている状況もあるみたいですけど。 



暇になられたらどう思われるか教えてください。   
Unknown (aomorifoodkey)
2005-12-15 21:00:57
青森には白鳥など多くの渡り鳥がきます。

今のところはえさやりなどは問題なしとはされていますが、注意するのに越したことはないと思っています。

白鳥はいいがカモはウイルスを一杯持っているとか。

トラバさせていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
暴動・デモなど別に今に始まったことではないのでは? (薄唇短舌)
シナの反日デモ・暴動について、あまりにもひどいので多くのブログで意見が述べられて
地域防災計画について考える (あれは,あれで良いのかな?)
ずいぶん前に「東久留米市地域防災計画」を読んだ旨の記事を書きましたが,その中で気になった点についていくつか指摘したいと思います。 なお,東久留米市の名誉のために,最初にお断りしますと,この計画,全体的には問題はないと思いますので,有事の時にはこの計画通り
♪感染症が引き起こした気候変動? ---それほど恐い大流行 (なんか、変...)
「感染症が引き起こした気候変動」という、思いも寄らなかった気候変動要因を解説したコラムが「日経サイエンス」2005年6月号に掲載されていた。コラムの本体に当たる論文の概要は、二酸化炭素の増加は既に8000年前から始まっていて、その原因は農耕により森林伐採等を行った
自衛隊戦闘機、スクランブル発進が急増 (脳内新聞(ブログ版))
 平成15年度上半期、航空自衛隊の領空侵犯早期警戒システムによる戦闘機のスクランブル発進の回数が、去年の20倍にも及ぶことが航空自衛隊実働報告白書から明らかになった。
鳥インフルエンザ 死者、感染者増加する (MESSAGE FROM achi)
17日鳥インフルエンザの感染者は世界で126人、死者64人に達しました。 中国の鳥インフルエンザは、人から人への感染能力を持たないうちは危険性は少ないそうです。 しかし、これは裏を返せば人から人への感染能力を得ると恐ろしい事になると言う意味なのではないでしょうか
病・身体・生活と、自然循環システム。 (Taejunomics)
 「ガイア仮説」というものをご存知だろうか?  漫画、ARMSでも取り上げられている概念だ。  研究プロジェクト「ガイア」を立ち上げた、ジェイムズ・ラヴロック(フリーラン
白鳥(インフルエンザは今のところ心配なし)・小川原湖編 (青森風土記)
青森県の鳥は白鳥、パトカーに鳥の絵が描いてあるのも青森県だけ(ダトオモウ)。新潟県のパトカーにトキの絵は描いてないし兵庫県のパトカーにコウノトリの絵は描いてありません。 鳥インフルエンザを運んでくるのは渡り鳥だと言われています。しかし、白鳥にもインフル
ひたひたと迫り来るパンデミックの脅威 (沖縄選挙の表裏【うちなんちゅなら選挙に行こう!】)
先日も書きましたが、1918年に世界的大流行を引き起こした悪魔「スペイン風邪」では、想像を絶する2,500万人もの人口が消滅(死亡)しました。 当時の世界人口がおよそ12億人と試算されている事から算出しても、実に48人に1人の人が死亡した計算になります。 世界的大流行