秩父・仙台まほろばの道

秩父と東北地方の伝説・神話を探訪。

慈覚大師(円仁)と大蛇伝説

2017-07-29 | 東北地方の伝説(宮城県)
岩沼の岩蔵寺縁起より
大蛇のこと--------------------------------------------------

慈覚大師薬師如来勧請し給わんとて、この地に入り給うに深山宮を祈り奉り、
願わくば薬師如来勧請の地の御山の中に貸しさしめ給えと祈念し給えども
神堂拒み給いしや。

御宮より官女現れ給い、慈覚大師に向かって曰く「この山成り難し」という。
慈覚大師の曰く、「願わくば十年の間、貸し給え」とて証文を書き、官女に渡せり。
官女この証文請取り忽然として、その姿は見えざりける。
是によって慈覚大師、薬師如来を勧請あって十年を過ぐるに、官女また現われ来り、
慈覚大師に向かって曰く、「約束の如く十年を経たり。本地に戻されよ」と言う。



慈覚大師曰く、「是千年の証文なり」と言えば、官女怒れるさま現れ、
「慈覚我をよく、たばかりしやな。我は是深山権現の使いなり。我が粗忽にせよ、
このままには成り難し」と言うままに、忽ち官女の姿変じてはたひろと大蛇となり、
雲を起こし雨を降らしめ、大風しきりにして、諸木を倒しはたひろの大蛇紅の舌をだし
火煙吹いて慈覚に飛びかかる。
慈覚も一世の大事と秘文を唱え独鈷を以てこれを防ぐ。
その有様百れんの雷、地に落ちかかる如く震動、雷竜おびただしく、
黒雲の中より、慈覚と大蛇あるいは現れ、あるいは隠れ、その争い二夜三日にして
ようよう雲晴れ風雨天しずまりけりとなん。

慈覚大師、大蛇の怒り鎮めてみさかの石中にその霊気を祀り籠めて、
石上に不動尊を立て給う所なりと言う。




---------------------------------------------
舞台となった場所は、マップでいうこのあたりらしいのですが、
深山宮は、「陸奥の下り給いて名取郡志賀村という所の山奥に
深山宮の社ある所の方に、薬師如来を勧請す。」とある。



さて、仏教と神道(修験)の対決のように聞こえるのですが、
この古道は、この先に北へ続く高舘山へと繋がります。
垂水ダムのある場所は、阿部貞任と宗任の兄弟が城を築いていました。

他にも岩蔵寺縁起は、
「我朝人皇五十四代仁明天皇の御字に円仁と言った人あり。
此の人、後に慈覚大師という。
陸奥の下り給いて名取郡志賀村という所の山奥に深山宮の社ある所の方に、
薬師如来を勧請す。折しも名づけ給える名石、深山宮の古跡あり。

また源頼義公その御子八幡太郎義家公の古跡、頼義の八幡宮その他、
名石古跡ありといえども、年を経るに従って所々の伝も定かならぬ程にこそ
なりつれば、古の伝を失わんことなからしめ、此の地の老人に尋ね、
または元禄年中記録せし里諺集と言うのによりて、あらあら昔の伝を
得て以て志賀のかたみにもなれかしと一筆を残せり。
なお知人は是に書き添え給うべきこと、こい願うものなり。」




と話が続いています。

「老人の曰く、昔、深山権現大社にして釣鐘堂は小川村にあり。
また朝市場などと言う所もありし由言い伝う。また志賀村の中に
島居原という所あり。是は昔、深山宮の鳥居の立ちし所なり。」


鳥居原の前は広いたんぼが見え、のどかな風景です。



「その故に地名、鳥居原と言う。今畑の中に鳥居の石場なりとて
二つの石の並びし所あり。またそのほとりに深山宮の御手洗水とて田の中に、
井の如くなる所あり、また大は石場として深山宮の大はたを立てし所とも、
また源頼義公の大はた立て給うとも言い伝う。
鳥居の南西に当たる山なり。深山宮のみこし御巡行のみぎり、
御休所とて同邑の中猪倉という所に古木の桜一本あり。
畑の中に二四四方ばかりの小盛になりたる所あり。
昔、大社にして、名取の鎮守たる由に承る。
深山権現の社家方、住居の跡、今弥宜内と名付けて百姓あり。
昔は大社にて弥宜神主ありと見えたり。」


「また里諺に曰く、慈覚大師深山宮の地を借り給いて、薬師如来を勧請ありしによって
深山権現逆鱗(げきりん)=(目上の人の怒り)にましまして、
南富沢に飛び去り給うと言う。
至って覚束なし。神をさようのものにあらず、人だに心あるものは慎んで我が
居所をしらざるものなり。いわんや神は人の鏡になり給うものなる故に、
いかでか去り給ういわれなし。
何時しかお宮も破れ拝する人もなければ、俗の詞に借り、
言いならわしたるものなり。このこと誠と心得必ずしも神威をけがし奉るべからず。」


ということで、ここにはいろんな伝承がある場所でありますが、
この岩蔵寺が志賀にあり天台宗で、名取老女生誕の地と伝わるのです。

岩蔵寺の詳細など詳しくは、「名取熊野老女物語」で書いていますので、
そちらをチェックしてください。
名取熊野老女物語
http://blog.goo.ne.jp/natoriuba/e/6547f22993a17f62155db49b7a287ab1
だんだん、深い話になってきましたよ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古墳群の上にたつ加計学園 | トップ | 巫女が伝承した女神山 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL