indigo YOKOHAMA

横浜を拠点に活動する社会人JAZZ FUNK BAND "indigo YOKOHAMA"のバンドブログです。

今週の一枚 Beat Funktion / Moon Town

2013-07-28 21:51:12 | FUNKY MUSIC
サッカーの東アジア杯、男子が見事初制覇!
海外組の召集無しで若手起用という急造チームながら、よく頑張ったのではないでしょうか。


さて、今週の一枚は今年の4月に日本でのデビュー・アルバム『VoodooLand』を発売した北欧のジャズ・ファンク・バンド、ビート・ファンクションの2作目『Moon Town』である。

ビート・ファンクションはスウェーデンのウプサラで2007年に結成された。
ウプサラはストックホルムのすぐ北にあり、北欧最古の大学があるという歴史ある都市である。
とはいえ、ほんの十数万の都市でこれだけのメンバーが集まったというのは驚きだ。

バンドは、結成当初は5人だったようだが、後に6人編成となった。
元々はジャズ・バンドとしてスタートしたようだが、ジェームズ・ブラウン、デオダート、ハービー・ハンコック、ロイ・エアーズ、フェラ・クティ、カーティス・メイフィールドなどの影響を受けて徐々にオリジナルのバンド・サウンドを構築していく。
2010年にデビュー盤である『Plunge』を発表。
今回紹介する『Moon Town』は2012年に発表された。
各曲のタイトルから判断してコンセプト・アルバムとして作られていると思われる。
内容は全曲ともインストで、いかにも『月の街』を連想させるような静謐な空気を漂わせながら、ソロは熱くバンバン聴かせる。
曲によってはバックに歌詞のない女性コーラスが乗っかると言うところが何ともお洒落。
一応ジャズ・ファンク・バンドと書いたが、基本的にジャズをルーツとしているバンドなのは明らかで、ロック系を祖とするイギリスや、ヒップ・ホップやオルタナと接近しているアメリカのファンク・バンドとは明らかに路線が違う。
どちらかというと日本のクラブ・ジャズ系の好きな人がハマリそうなサウンドだ。
因みに、月夜の街が描かれたジャケットの裏側には『JAZZ』『FUNK』『GROOVES』のネオン・サインが光っている。

楽曲はオリジナル曲中心で、バラエティも意識されている。
『Woman In Neon』は6拍子の変則リズムの曲。
『125th Street and 7th Avenue』はちょっとお茶目な曲(といってもやはり北欧っぽい)。
『City Lights』はアルバム中間で落ち着かせるための小品。
後半ではジョン・コルトレーンの『Impressions』をファンク・アレンジでカバーしている。
お薦めは『Kareem』『Great Escape』『Moon Town』辺りか。

このアルバムはアメリカのラジオのジャズ・チャートで8週に亘りチャート・インしたそうだ。



よろしかったらクリックを。

人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週の一枚 Mauro Ottolini ... | トップ | 今週の一枚 Rufus Thomas / ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。