花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

これが自民党幹部の正体だ

2017年05月30日 | 政治

二階俊博幹事長「大幹部なら別だが…進退は自分で決めろ」


 自民党の二階俊博幹事長は29日の記者会見で、同党の若狭勝衆院議員(東京10区)が進退伺を提出したことについて「大幹部の場合なら別だが、一議員の進退をいちいち委ねられても執行部としては扱いに困る。進退は自分で決めていただきたい」と述べ、処分を党に委ねるとした若狭氏を突き放した。
 若狭氏は29日、東京都議選(7月2日投開票)で、小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」を「とことん応援する」などとして進退伺を提出した。離党届は出さなかったが、「除名も想定の範囲内だ」と語った。
 二階氏は、若狭氏の行動について「感想を申し上げるに及ばない。どうぞご随意に」と切り捨てた。その上で、昨年10月の衆院東京10区補欠選挙で、二階氏をはじめ党幹部が若狭氏を応援したことなどを念頭に「若狭氏が窮地に陥ったときにも、われわれは常に応援の手を差し伸べてきたが、今日のことは直接何も聞いていない」と強調。「本気で辞めていくなら、私のところに来るのが本当でしょう」と不快感をあらわにした。






器の小さな大先生のお言葉である(笑)


若狭氏を応援したのは自民党の議席が欲しかっただけであり

若狭氏を心底から応援する気など無かったのが本音だろう

単なる「一議席」であり「自民党の歯車の一つ」でしかない東京10区


そんな爺が、「我々は応援の手を差し伸べた」とか「私の処に来るのが本当でしょう」

とか、良くも言えたもんだ・・・・


大幹部以外は取るに足らない「ゴミ」だと公言する辺り、さすがにシナの代弁者と言うところか

二階大先生も朝鮮人と同様に「事大主義」に凝り固まっていて、権力をかさに着る「クズ」である


憲法改正もこのような大先生が発言力を持っているなら、骨抜きの「シナに寄り添う」改正に

なる事は必定であろう


安倍晋三氏の大きなアキレス腱は三つあり

1、安倍夫人の軽はずみな言動と勘違い感覚

2、大きな油断と軽率な言動のあれこれ

3、二階先生を幹事長に登用したこと


安倍マンセーの方々には申し訳ないが、不確定要素が多すぎて明日の日本も予測できない

まあ・・予測できたとしても、老い先短い爺には影響は少ないのが救いか?

ニュースを観るたびに「疲れ」が増すのは困ったことである。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「上意」という権力(チカラ)の行使?

2017年05月29日 | 社会

28歳女性「元TBS記者が乱暴」 不起訴処分に検審申し立て


 元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏に酒を飲まされ乱暴されたとして、警察に準強姦容疑で被害届を出していた女性(28)が29日、東京地検の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。女性が東京都内で記者会見し、明らかにした。
 女性によると、平成27年4月、都内の飲食店で山口氏と会って食事をした後に記憶をなくし、目覚めたらホテルの客室で裸にされ、山口氏が上にまたがっていたとしている。警視庁に被害を届けたが、東京地検は昨年7月に嫌疑不十分で不起訴とした。
 女性は、高輪署の担当警察官から「昨年6月に逮捕状を取ったが、警視庁幹部の指示で逮捕を取りやめた」と説明を受けたと主張。「私の知り得ない立場からの力を感じる。法律や捜査機関は被害者を守ってくれない」と声を詰まらせた。
  





この記事を読んで「信じなさい」とか「陰謀でしょう?」と言うつもりはない

どう感じるか、どう考えるかは個人の問題だからだ・・・


言い古された言葉だが、「事実は小説より奇なり」なのはよくある話

上からの圧力と一言で片づければよい話でもないが

権力の存在する組織に於いて、そこで働き生活をしている人間にとって「上意」は

何よりも優先されるのが一般的だ

「職を辞する覚悟」があっても「チカラ」によって叩き伏せられることもある


有ったか 無かったか・・・・


昨今の警察上層部、検察、裁判所の言動を見ても、私はゼロ%とは思えないのが本音だ

と言っても、われわれ市民が真実を目にすることはゼロに等しいのも事実


疑わしきは罰せられないのがこの国の慣例であり、司法はすでに「死に体」でもある

政治家を観れば祖国・日本の現実がはっきりとわかる


政治家が酷いから国が酷いのではない

国民一人一人の「考えのなさ」が酷い政治家を誕生させている

一番悪いのは、一票を持つ有権者の程度の低さが原因なのである


周りの弱い人間に起きる出来事は「他人事」であり、対岸の火事以下でしかない

「そんなこと考えるより 吉本、吉本・・・ジャニーズよね」

「他人の事より、テレビの健康番組を見るのが先よ」

何時の日か・・・自分が主役になる日も、そんなに遠くは無いかもしれない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんな理由による基準なのか?

2017年05月25日 | 社会

偽ブランド品2700点所持の容疑…女を逮捕


 インターネットで募集した主婦らが売り子となり、ネットオークションで偽ブランド品を販売していた事件で、埼玉県警などが大阪市に住む韓国籍の女(69)を商標法違反(販売目的所持)の疑いで逮捕したことが24日、捜査関係者への取材でわかった。

 女の自宅からは大量の偽ブランド品が押収されており、県警は販売グループへの供給元の一つだったとみている。
 捜査関係者によると、女は昨年11月24日、自宅で「プラダ」や「ルイ・ヴィトン」のバッグ、靴などを模造した偽ブランド品約2700点を販売目的で所持し、両社などの商標権を侵害した疑い。韓国などから仕入れたとみられる。
 事件では、求人サイトで主婦らを募集したなどとして8人が逮捕された。このうち2人が、商標法違反で罰金100万円と50万円の略式命令を受けた。
2017年05月25日 Copyright © The Yomiuri Shimbun









日本のマスゴミの報道基準からすると、韓国籍の女・・という事は、在日韓国人という事だ

日本では在日韓国・朝鮮人は通名を使うなど「氏名」は幾つも存在するが、犯罪を犯すと

その多くの名前が消えてしまうらしい(笑)


情報公開をしない自治体や官庁も話題になっているが、個人情報とは別次元の「犯罪報道」の

基準が曖昧過ぎて日本国民(市民)には理解不能なのが現実である


在日韓国・朝鮮人の犯罪状況を警察・警察庁・法務省がひた隠しにするのも常態化している

政治家や役人の「不都合」は知らせない自由の特権が発動されてしまうらしい・・・



日本の犯罪率は高まっているかもしれないが、日本人の犯罪率は上がっているのだろうか?

「名無しを観たら 泥棒と思え」

「ウソツキを観たら 在日と思え」

そんな冗談が真実味を帯びてきそうである・・・。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判官ばかりではない、検察よお前もか・・・

2017年05月20日 | 裁判

「性欲発散目的で殺害」「極めて悪質」 検察側、青木正裕被告に無期懲役求刑 東京・江戸川の高3女子生徒殺害事件 23日に判決

 平成27年11月、東京都江戸川区の自宅アパートに同区の高校3年、岩瀬加奈さん=当時(17)=を誘い込み、首を絞めて殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人と強盗強姦未遂の罪に問われた無職、青木正裕被告(31)の裁判員裁判の論告求刑公判が19日、東京地裁(島田一裁判長)で開かれた。検察側は「何の落ち度もない加奈さんを性欲発散目的で殺害した。極めて身勝手で悪質な犯行だ」として、無期懲役を求刑した。判決は23日。
 論告に先立ち、加奈さんの父、正史さん(48)と母、裕見子さん(49)の意見陳述が行われ、「家族は苦しみに一生さいなまれる。反省や更生は望んでいない。二度と加奈を思い出せないようにしてほしい。過去の判例にとらわれない判断をしてほしい」と述べ、死刑を求めた。
 検察側は「死刑求刑も可能だが、自首や前科・前歴がないことを考慮した」と求刑の理由を説明した。
 論告によると、青木被告は生活に困窮するなどして「やりたいことをして刑務所に入ろう」と考え、27年11月、アルバイト先の同僚だった加奈さんの首を絞めて殺害、乱暴を試みた。さらに財布から現金7500円を奪ったとされる。





「極めて悪質」

きわめて(極めて)とは・・・非常に、この上なく、はなはだしい という意味の言葉だ

「これ以上悪質な事件は無い」と検察は判断したという事だが

それなのに・・・求刑は「無期懲役」だという


極めて悪質な犯罪者の命は、被害者女性の命より重いらしい・・・・

裁判官も大概の非常識だが、検察の程度もこのレベルである

日本の司法に「正義」も「天秤による軽重」も存在しない


人の命の尊さからいえば、加害者より被害者の命が重いはずではないか?

小学生でもわかる理屈が通用しない日本と言う国・・・・

日本はどんどん壊れてきているのが現状である

政治家の首を10や20取り替えただけでは、どうにもならない状況に感じる


こういうニュース報道も対岸の火事・他人事としてスルーしてしまう日本人

ある日、自分が被害者、被害者遺族になってからじっくりと考えてみるがいい

殺された被害者の命は戻らなく「その先の人生」は閉ざされたままで

殺した加害者の命はそのままで、「その先の人生」が保障されている



これでいいと本当に思っていますか?

それでも・・・殺すより殺されたほうがいいと思いますか?


政治家が日本の大義とやらを力説することが、いかにくだらない事に感じることか?

政治家が国民の生命財産を守ることは、二の次とでも思っているのだったら本末転倒である

国民一人の命の尊厳を守れず、国土・国民を守れるはずがない

天下国家を論じるから偉いのではない

小さな命を守ることから目を逸らしては、税金泥棒と批判されても当然ではないか


尖閣や慰安婦問題、籠池疑惑も加計学園問題も、国民の命の尊厳の問題からすれば

とるに足らぬ問題だと私は思う


この日本という国は、天皇や政治家、役人が居るから存続しているのではない

名も無き弱い・小さな命の集まりが存在するから繋がってきたと私は考えている。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜ憲法改正なのか

2017年05月18日 | 政治

共産・志位和夫委員長「改憲策動を絶対阻止する」 「憲法9条改悪阻止闘争本部」初会合

 共産党は16日、安倍晋三首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する提案をしたことに対抗し、党所属全国会議員が参加した「憲法9条改悪阻止闘争本部」の初会合を国会内で開いた。
 本部長の志位和夫委員長は、首相の提案では戦力の不保持を定めた9条2項が死文化すると指摘したうえで「日本の未来がかかった大闘争になる。改憲策動を絶対阻止する」と訴えた。

(産経Web)








これはガラパゴス国家と言われる顕著な出来事かもしれない

世界的に観て「護憲」とは【保守政党】の特徴であり、「改憲」は【革新政党】の武器でもある

保守が改革革新を模索し、革新が護憲に躍起になっている構図など稀有である


ではなぜ日本は保守政党が改憲を目指しているのか

保守主義とは既存の価値,制度,信条を維持するものであり、歴史を重要視することが特徴だ

現行憲法を改正するのは上記に掲げる日本的な「価値」「制度」に引き戻すための「カイゼン」と

言っても良いのではないだろうか


手足を縛られ猿轡(さるぐつわ)をされた状態で定められた現行憲法を、日本人の歴史的価値観に

沿って手直ししようという事に尽きる

世界的に観て「憲法改正」をしていない先進国・西欧諸国は皆無であり、日本封じの呪縛が70年も

続いていることを、国民は知らされていない


例えば、敗戦国であるドイツでは戦後58回の憲法改正をしているし

フランスは27回、カナダは19回、イタリアは16回、アメリカでさえ6回の憲法改正を行っている

そして・・・わが日本は0回という状況だ


ガラパゴスと言うより、「遺跡」「天然記念物」と言ったほうが適切かもしれない


ただし、私は他国が憲法改正しているから日本も行うべきとは思わないが・・・

小学生の時、「夜20時に寝なさい」と決められ、還暦を過ぎても20時就寝を続けている人間など

この世に居るだろうか?

社会人になって「20時就寝だから、残業はできない」とか、「20時に寝るからデートは無理」とか

言っていたら、まともな社会生活などできる訳が無い(笑)


時代に即した国民のための憲法でなければならないことは、世界各国にとって普遍であるならば

日本は日本国民のための憲法を定める必要があると思っている




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

優先すべきは公務?私的外出?

2017年05月16日 | 皇室

天皇陛下、風邪で公務取りやめ…日光訪問も中止


 宮内庁は15日、天皇陛下が風邪によるせきと発熱のため、午後に予定していた春の叙勲受章者との面会などを取りやめられたと発表した。

 17日から2泊3日の日程で計画していた栃木・日光への私的な旅行も取りやめられる。
 同庁によると、陛下は15日午前からせきの症状が出始め、侍医の診察を受けられた。午後になって発熱したことから、静養されたという。叙勲受章者との面会は皇太子さまが代行された。
 陛下は戦中戦後に疎開した日光への訪問を2015年以後、計画されたが、豪雨被害や熊本地震で2度延期されていた。今回の急な取りやめを心苦しく思い、準備を進めてきた関係者に感謝の気持ちを示されているという。

2017年05月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








私的な「お出かけ」が続き、いざ公務になれば「体調を崩して」休みだという


われわれ国民が「個人的な外出」をした後に、仕事を休んだら、どんな事をいわれるか?


公務が負担なのに「私的外出」が頻繁な両陛下・・・

素直な気持ちで「お可哀想に」「お大事に」と言えない自分が此処にいる


「天皇を辞めたいというなら、黙って静かに静養していたら?」と考えるのは、国民として

至極当然のことだと私は思う


私的だろうと公務だろうと、税金が使われていることに、考えが至らないとしたら

これほど不幸なことは無い・・・・



日本全体が「不感症」になっているのかもしれないが

痛みが解らないのはとにかく上から下までという・・・酷い状態だと言えるかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本は敵と言いながら 敵国・日本に寄生する朝鮮人

2017年05月15日 | 社会



 「日本は敵」「核実験で打撃」朝鮮総連が学習資料作成 日米への敵対視強化






これが北朝鮮であり、在日朝鮮人の本質であり、朝鮮総連という組織の真の姿だろう

そんな朝鮮総連に対し断固たる「処置」を下さない日本という国の政治に国民は

疑問に感じないのだろうか・・・

敵国と言いながら、在日朝鮮人学校に補助金を出せと言う朝鮮人の神経が理解できない


日本政府が朝鮮学校に補助金を出すことが、如何に不条理なことであるのか

日本人なら理解できるはずだが、当事者である政府は武田信玄に【塩】を送った

上杉謙信を気取っているのなら、【世界一の愚か者】と言うしかない


公然と「敵&敵国」と言って憚らない総連を野放し状態しているのも異常と言えば異常なのだが

敵愾心をあらわにする総連本部跡地の入札すら国家が管理できないのも異常

その後の総連建物の状況に触れようとはしないマスゴミも異常

北朝鮮の核実験、ミサイル発射に「遺憾」という【耳にタコ】の口先だけの言葉で取り繕う自公党政権

自国における毅然とした処置、断固たる制裁行動をとれない(とらない)政府の異常さにも落胆してしまう


韓国の慰安婦問題でも、口先だけは「遺憾」を連呼するだけで、何もできないのが日本という国の

無能さを表している


もし日本が他国に対し「敵国」と正式に公言すれば、日本との国交は当然ながら断絶するし

在住日本人も国外退去になる事だってあり得る話だ


かりに日本がシナに対し「敵国である」と声明を出そうものなら、シナ在住の日本人の身の危険すら

案じられる問題になるはず、国交(外交)とは【自国第一」が基本ではないだろうか・・・

朝鮮総連問題には日本の政治の「不都合な真実」が潜んでいるのは間違いないだろう


マスゴミ上層部は半島人が多数を占めるから、触れたくない問題だろうが、この気持ちの悪くなるような

異常さを日本人は感じているのだろうか?


自民がどうとか、公明がどうとか、民進がどうのとか言ってる話ではない

この国の政治も国民も気持ち悪くなるくらい「異常」になっている

自分の国の国旗や国歌を嫌い、日本人が世界一悪い事をしたごとく思い込み

声を上げない「お花畑愚民」たち


敵国と公言したり仮想敵国として教育している国はシナ、韓国、北朝鮮だけだろう

そんなシナ産の製品を当然のように買い求め、韓国に大事な子弟たちを修学旅行に

送り出し、大事な血税を使い朝鮮学校に対し補助金を支給する自治体を糾弾しない市民たち


これは世界基準でも世界の常識でもなく、ガラパゴス国家・日本の異常さが生み出す「問題」

だと私は思う



憲法改正をして、国家侮辱罪、国家転覆罪、反日罪を創設して、敵と公言する輩をこの日本から

叩きだすしか手はなさそうである・・・。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

更新が止まる理由(言い訳)

2017年05月11日 | 日記








最近、記事更新の間が空くことが多くなった

あまりの社会の酷さに「萎えている」というのが本音である

上は天皇の憲法違反から、政治家のデタラメな行状、司法の異常さ、新聞・テレビの荒廃

国民のお花畑度合いの上昇・・・


まあ すべての諸悪の根源は「国民の程度の低さ」からきているのだろうが

天皇が憲法違反しても、暴動の気配すらない

政治家が二重国籍の疑いがあっても、それを正さない永田町に対し、抗議のデモも暴動も起きない

無辜の市民が理不尽に殺されても、犯人が死刑にならないことに疑問を感じても

暴動にが起きないゆる~い日本と言う国


何が起きているのか解っているのに、何事も無かったようにスルーする日本人


左巻き新聞(朝日・毎日・中日)や読売など大手新聞社が知らせない自由を行使して、偏った記事を

垂れ流していることを批判する癖に「購読」を止めない日本人とは何なのか?


天皇の横紙破りを知っていながら、当たり前のように手続きを進める安倍晋三氏を

「彼以外に日本を任せる人間が居ない」と支持する日本人とは?


何度も韓国・朝鮮人に騙されてきても、性懲りもなく手を差し伸べる政府の愚かさに

陰で苦言を言っても、「自公党を支持する」ことに疑問を感じない日本人とは?


内親王の姿かたちがコロコロ変わって、別人であることが明白なのに、何も言わない

政府関係者・宮内庁職員・皇族たち

そのことに一切触れようとはせず、「死んだふりする」マスゴミ界・・・


軍隊はいらないと言いながら、災害のたびに自衛隊の世話になる左巻き日本人たち

世話になったなら、自衛隊を日の当たる場所に出す運動を起こしても罰は当たるまい?


そんなこんなを考えていたら、毎日ネットで観るニュースに心が動かなくなってきた


新聞を批判しながら、毎日複数の新聞を読む日本人、ニュースを観て考えるよりアイドルや

腐れ芸人の顔を見たり、整形まみれの朝鮮人選手に歓声を上げる愚か者たち

日本人として考えねばならないことを棚に上げて、ジャニーズだ、宝塚だ、吉本だ・・・


ネットのブログランクの上位を観れば、日本人の程度が解る

どうこういっても所詮我々日本人は「究極のお花畑日本人」でしかない


9連勤の中日(なかび)で頭も体も疲れているのかもしれないが

少し「気持ちが萎えている」ことは確かなようだ・・・。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カラスが創る日本の未来

2017年05月09日 | 社会

西宮市の採用試験はスーツ禁止…私服で自然体に


兵庫県西宮市は8日、6月から実施する事務職(大卒程度)の採用試験(2018年4月1日採用)で、受験者にスーツの着用を禁止し、私服で行うと発表した。

 自然体で自己アピールしてほしいという。
 同市はコミュニケーション力を重視し、15年の採用試験から受験者全員に面接を実施。「より学生の素の部分が見えるように」と、今年から「私服面接」を取り入れることにした。
 採用案内に「スーツ不可」と記載する予定で、面接官も私服で対応する。服装自体を評価することはなく、リラックスした雰囲気を作り出すことが狙いだという。
 応募資格は、1989年4月2日以降の生まれで、2018年4月1日現在で29歳未満の人。学歴は問わない。10日から応募でき、6月5日まで受け付ける。問い合わせは市人事課(0798・35・3535)。

2017年05月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun






毎年「就職活動期」になると出没する黒い集団

私は彼らを「カラスの群れ」と呼んでいる


個性も無く全身黒ずくめのスーツを纏った若者に日本の未来を観ていた

他人と同じ髪型で同じスーツに身を包み、同じかばんを持ち同じような靴を履く

そうすることを誰が強要していたのか知らないが・・・・


この国では「一人一人は違う花」と歌いながらも、現実は同じ花に似せる習慣が

根付いてしまっている気がする

人と違う姿形がまるで【悪】でもあるかのように・・・・


もうそろそろ別の個性として、一人一人を観る社会に変えてはいかがだろうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何かが抜けて、何かが足りない行政

2017年05月02日 | 社会

防毒マスクや化学防護服、購入を計画…軽井沢町


 北朝鮮の挑発行為が続く中、長野県軽井沢町が防毒マスクや化学防護服などの購入を計画していることが分かった。

 町職員30人分の購入費として、160万円を今年度一般会計補正予算案に計上し、6月議会に提出する。町は「ミサイルが着弾した場合、町民を安全な場所に誘導する町職員が着用する」としている。
 北朝鮮のミサイル開発を巡っては、安倍首相が4月13日の参院外交防衛委員会で「(化学兵器の)サリンを弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」と指摘。町の防護服などの購入計画はこれを受けた対応で、藤巻進町長は1日の町議会全員協議会で「ミサイル攻撃が現実のものとなりつつある中、何をしなければいけないか考えた」と説明したという。
 町は6月以降、町民向けに、弾道ミサイル発射を想定した避難訓練やテロなどから身を守るための講座の開催なども計画している。
2017年05月02日 Copyright © The Yomiuri Shimbun







なるほど・・と納得する人も居るだろうが、ちょっと冷静になって

考えてみてほしい

町民を安全な場所に誘導するために着用するのは理解できるが

誘導される町民は無防備だと私は思うのだが・・・


町職員は安全で身を護れるだろうが、最優先されるべき【町民】は化学兵器によって

被害を受ける可能性が高いとは思わないらしい(笑)


水中でおぼれる人を助けるために救助者は酸素ボンベを使用していて

要救助者は無酸素のまま誘導すると言ってるみたいな話であり

酸素ボンベなら救助者と要救助者が共有することも可能だが

防毒マスクは共有など不可能である


嫌な言い方かもしれないが、自分達は「核シェルター」の中に居て

「町民を安全に誘導しますよ」 と言っているようなものではないか


今の日本(世界中かもしれないが)は、何処にいてもどんな災難が襲ってくるか

解らないのが現実だ

道を歩いているだけでも、見知らぬ通行人や暴走車に命を奪われたり

コンビニやスーパー、病院や施設の建物の中に居ても、車が突っ込んでくる社会である

隣家の火事によって大切な家屋敷を失うことだってある

命を救うと信じていた医師の過失によって命を失うこともある

外国人によって使われた生活保護費の煽りを食って、生活保護も受けられず

空しくこの世を去る人も居る


たかが160万で何人の日本人を救えるかと言えば「僅か」なのは事実であるが

おなじ税金160万円を使うなら、本当に「生きた使い方」を考えてはいかがなものか・・・


痛みのわからない人間が増殖しているこの日本という国は、議員・公務員が思うほど

底辺で暮す庶民の苦しみは、小さくないという事を知ってほしい


大企業の従業員が「働く日本人」の基準なのではない

有名大企業ばかりが「日本の」企業ではない

日本を動かしている「チカラ」は可処分所得200万円前後の労働者によって

動いている事実をもう一度考えるべきだと私は思う・・・。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加