花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

たちあがれとカラー合わない?-橋下氏

2012年10月31日 | 政治
たちあがれ「カラー合わない」=連携協議、難航も?-橋下氏

 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は31日、石原新党の母体となるたちあがれ日本について、「カラーが合わないのかなという気がする。(たちあがれ日本が標ぼうする)『真正保守』にこだわられるのであれば、そういうグループでされた方がいい」と述べ、次期衆院選に向けた連携協議が難航する可能性を示唆した。
 一方で橋下氏は、「石原(慎太郎)氏個人とは一緒にやりたい」と強調した。市役所内で記者団の質問に答えた。 (時事ドットコム 転載)

--------------------------------------------------------------------------------


つまりは保守とは組みしたくないが石原のビッグネームは欲しい

そういう事だろう

日韓共同開発とか訳のわからないことを言う人間である

『真正保守』の長老と手を結ぶことは無い

にもかかわらず、『石原氏個人とは一緒にやりたい』という

この一言がこの人間の本音である

主義主張・政治理念などどこかに置いておいても、利のために石原氏を利用したい

根性の腐った考えである

一つ二つ考えが一致するからと言って、同じ船に乗る事は危険極まりない

カラーも合わなければ、国家に対する向き合い方も違う

第三極などという軽い言葉でマスゴミの口車に乗るのはどうかと思う


時間が経過すればするほど本命”安倍自民党”には厳しさが増す

ターニング・ポイントがあったとすれば、三党合意の直前か?

国民の望まぬ”消費税増税”を対極にある民主に手を貸したのが致命的

民主が足掻けば足掻くほど、第三極と呼ばれる者が議席を増やす

それをただ静観する国民はやり場の無い怒りを感じるはずだ


一党独裁もお断りだが、見掛け倒しの二大政党も御免蒙りたい

誰を議員にするかの投票ではなく

誰を議員にしたくないかの投票があればいいと思っているのは私だけか?


所信表明を聞いて、秋風が身にしみる今日この頃である




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しっかりした関係築きたい?

2012年10月30日 | 海外
「しっかりした関係築きたい」=別所駐韓大使が着任

【ソウル時事】島根県・竹島の領有権問題や従軍慰安婦問題で日韓関係が冷え込む中、別所浩郎駐韓大使が30日着任し、ソウルの金浦空港で「日韓関係はアジア、世界にとっても非常に重要だ。いろいろな方の話を聞き、日本の立場を説明し、しっかりした関係を築いていきたい」と抱負を語った。 
 別所大使は、野田佳彦首相から、両国関係が厳しい状況なので信頼関係を築いて頑張ってほしいと激励されたことを明らかにした。その上で「難しい問題もあると思うが、乗り越えていい関係をつくるのが私の使命。政治、経済だけでなく、文化面を含め、人と人との交流が重要だ」との考えを示した。(時事ドットコム転載)

--------------------------------------------------------------------------------



日韓関係が重要と考えているのは民主党と米国だけだろう

できることならこのまま絶縁して欲しいものだ

損得で言うつもりはない

国益ということで語りたくない

日本人として許してはいけない民族だから



新任大使が説明したところで理解できる南朝鮮人ではないだろう

基地外には関わらないことが肝要である



日本人は大きな錯覚をしている

『朝鮮半島から伝わった』

それが大きな判断の基準になっている

笑わせてくれる話

確かに半島を中継して文化や技術が入ってきたことはある

それは通過したということであって

半島起源ということではない

技術も文化も貧困な国に目を見張る物など有りはしない

日本では江戸時代ですら上下水道が整備されていたのに

日韓併合時点まで垂れ流しの生活だった国に学ぶものなど無い


韓国ドラマやKポップなど評価すること自体無意味である

マスゴミの捏造・やらせの産物といえる

焼失した南大門の修復すら、日本の技術と素材なしではできない有様

反日と叫ぶ裏側で日本頼みの内情を自覚するべきである


こんな国と良好な関係などお断りしたいもの

半島傀儡政権がこれ以上愚策を行わないうちに政権交代してほしい

役立たずばかりに憤慨して、老骨鞭打って『石原慎太郎』の出番となった


国を憂うのに歳も身分も関係ない

日本人は日本人らしく、胸を張って前を見ていたいものである

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務所届出 住人「実体ない」

2012年10月29日 | 政治
前原氏政治団体 秘書宅を事務所届け出 費用1232万円計上 住人「実体ない」(産経新聞 転載)

 前原誠司国家戦略担当相の政治団体「まえはら誠司東京後援会」が平成16年~22年、秘書の自宅マンション(東京都江東区)の一室を「主たる事務所」として総務省に届け出て、1200万円超の経常経費を計上していたことが28日、産経新聞の調べで分かった。この部屋に住む秘書の親族とみられる住人は取材に対し、事務所の実体がないことを証言した。かつて閣僚が相次いで辞任した事務所費をめぐるずさんな経理処理が、また浮上した。

 政治資金収支報告書や官報によると、東京後援会は14年末に秘書宅を主たる事務所として総務省に届け、16年に約149万円、21年に約26万円、22年に5万円の計約180万円を事務所費として計上。人件費として19年に約138万円、20年に約259万円、21年に255万円、22年に240万円を支出していた。

 16年から7年間で、事務所費と人件費に、光熱水費、備品・消耗品費を合わせた経常経費の総額は約1232万円に上る。

 マンション一室には政治団体の看板はなく、収支報告書には東京後援会の連絡先として、京都市の前原氏の事務所の電話番号が記載されている。前原氏の事務所によると、部屋に会議室など専用スペースはなく、常勤職員も雇っていない。住人は産経新聞の取材に対し、「事務所として使われていない。事務機器などはなく、郵便物も届かない」と話した。



あぁ またか・・・・。

瑣末なことでも騒ぐ野党だが

こと政治資金やら事務所費の問題には”タヌキ寝入り”か”死んだふり”が普通

同じ脛に傷を持つ身ならばの『同病相哀れむ』ということか?


一票の格差も政治資金の問題も、事務所費などの問題

自浄能力の無い税金泥棒たちである、無くなるわけもないか

誰が考えても出鱈目な話、東京事務所の連絡先が京都の電話番号というのが罷り通る世界

総務省と言う役所も小学生以下の仕事しかできないらしい

政治家は天下国家を論ずる前に倫理観をもう一度学ぶべきであろう


これは民主党に限ることではない


これからは全ての政治家に不適切な処理が無いことの念書をとり

違反したら代議士資格の永久取り消しをやるべき

血税を使い国益を損なう事しかしない政治家に厳しい目を向けたいものである


外国人から違法献金を受け、事務所費をちょろまかす、こんな代議士を選んだ有権者も悪い

こういう不始末を起こす議員の地元有権者は恥ずべきであろう

民主党議員のように当選さえしてしまえば『何をしても構わない』行動が目に付く

そう思える奴等が代議士先生なのだ

尊敬しろとか支援しろとは馬鹿も休み休み言えと言いたい





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首相のやる気疑う

2012年10月27日 | 政治


首相のやる気疑う…拉致担当8人目、家族会苦言


 野田首相と、拉致問題相を兼務する藤村官房長官は26日、北朝鮮による拉致被害者「家族会」の飯塚繁雄代表ら6人と首相官邸で面会した。


 民主党政権での拉致問題相は藤村氏で8人目となり、面会の冒頭、首相は「皆様から大変不安、不満があることも十分承知している。深くおわび申し上げたい」と深々と頭を下げた。飯塚代表は「首相のやる気を疑うしかない」と強い口調で苦言を呈した。

(2012年10月27日10時33分 読売新聞)



『家族会』の方には申し訳ないが、やる気を疑うとは如何なものか

どちらか判断できないときに”疑う”のである

民主政権ははなからその気は無いのであるから

疑うのは間違いで、”やる気は最初から無い”と思うべきであろう

『息をするように嘘をつく』とネットで見かけた野田民主



人の声も聞こえない首相に何を言っても無駄というもの

不安・不満を十分承知していたら、自ずと行動は決まっている

政治史上最悪の宰相の時代はいつまで続くのか

この政権を支える反日政治家の名前と顔を記憶に留めておかなければならない


石原新党が維新との連携を探っている

根本的な政策が一致しない政治家の集まりは”民主党”の前例もある

『野合政党』になりかねない

政権をとることだけに固執すればまたぞろ”空中分解”することになる

国民は”マニフェスト”など誰も信じはしない

政治家の口約束は最初から『不渡り手形』と同じもの

子供でも『嘘ついたら 針千本の~ま~す』と言うではないか

嘘ついたらどうするのかを言ってみても結局は『不渡り手形』では仕方ないか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石原知事の新党結成

2012年10月25日 | 政治
日中関係に「具合悪い」=石原知事の新党結成-米倉経団連会長

 経団連の米倉弘昌会長は25日、東京都の石原慎太郎知事の新党結成について「なぜ都政よりも新党結成の方が重要なのか」と疑問を呈した。
その上で、沖縄県・尖閣諸島をめぐり悪化している日中関係にとって「具合が悪い」との認識を示した。
石原知事の辞任表明会見に先立ち、都内で記者団に語った。

 石原知事は同日の会見で、国家財政に関して経済界は認識不足であると厳しく批判しつつ、経団連の米倉会長を「たぬきみたいなおっさん」とこきおろした。

 一方、日本商工会議所の岡村正会頭は同日、「石原氏の政治実績と見識は、今後の衆院選挙で大きな注目を集める」などとする談話を発表した。



『 なぜ 都政より新党なのか 』

80歳の老体が出て行かなければならないほど酷い政治だからだろう

『 日中関係に都合が悪い 』

都合が悪いのは日中関係ではなく、自分にとって都合が悪いからではないのか


ならば問いたい

なぜ日本より中国を大事にするのだ

国民が自国を憂うのは当然だろう

日本人がなぜ中共や朝鮮の心配をしなければいけないのか

いったい何処の国の人間の発言なのだ


石原知事は『たぬきみたいなおっさん』と言ったが

紛れも無く『たぬき顔』の得体の知れない古だぬきだ


拝金主義で人の痛みの解らないタヌキと言うしかない

マスゴミを腐らせ駄目にしたのもこういうトップの居る企業だ

損得優先 金のためなら祖国も売る

政界復帰の原因は批判してるタヌキたちであると思うのだが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党 「審議拒否」軌道修正?

2012年10月24日 | 政治
自民党:「審議拒否」軌道修正する考え示す…石破幹事長

毎日新聞 2012年10月24日

 自民党の石破茂幹事長は24日のインターネット番組で、29日召集予定の臨時国会への対応に関連し、野田佳彦首相が年内の衆院解散を確約しなければ審議拒否も辞さない構えを見せてきたことについて、軌道修正を図る考えを示した。石破氏は「審議に応じないなんて一言も言っていない。自民党を悪者にするのが、民主党の狙いで、そんな手にみすみすはまるのはばかばかしい」と強調した。

 自民党内では、今年度の予算執行に必要な特例公債法案などの成立が審議拒否で遅れれば、世論の批判を受けかねないとの懸念が高まっている。そのため、同党執行部は、首相が解散の前提とする特例公債法案などの審議を容認することで環境整備を図る考えだ。

 ただ、同党の参院側は野田政権への強硬姿勢が強く、審議拒否の姿勢を崩していない。このため、公明党の井上義久幹事長は24日、国会内での自公両党の幹部会合で「自民党内で衆参で対応が異なっていると聞くが、しっかり統一してほしい」と要請した。【念佛明奈】



今更”世論の批判”を意識するとはお笑いである

それならなぜ消費増税に加担し、内閣不信任案に賛成しなかったのか?

批判されるとすれば、その一点であろう

国民を欺く民主に対し、最高のアシストをしたのは誰あろう『谷垣自民』ではなかったか

国民の意識が読めないのではなく、国民の姿を日ごろ意識していない結果である

なぜ自分が議員でいるのか?

ダレのために国会議員を続けるのか?

その決断は国民の利に沿うものなのか?

与野党代議士の誰一人熟慮しない保身だけの政治

審議に応じようと応じまいと国会の空転・政治の停滞など

民主党が政権を担う限りどっちを選択してもたいして変わらない

むしろ停滞したほうが国民のためか・・・・。


深慮遠謀は政治家にとって不可欠なものである

国民の多くがこの事態を予測していたと思うのは私だけか

うそつき・騙り・詐欺師・ペテン師と揶揄される『民主党』と約束など非常識

こんなことも解らないから、今頃審議拒否は国民の批判を受けるなどと戯けた事を言うのだ

泥縄ではこの閉塞状況は動かないだろう

自民党がどちらを選択しても”批判”は『漏れなく付いてくる』運命なのだ

一時の人気取り・ご機嫌伺いでは事を誤ることにもなりかねない



公明党との決別もしかり・・・・

自民党の決断を国民は観ている事を忘れないで欲しいものである







現在ソフトバンクのネットサーバーは韓国にあり、ソフトバンクでアクセスされるデータは全て韓国に筒抜けであることも常識です。
もうひとつ言うならば、特に日本で大流行の LINE という電話は日本企業に見せかけた韓国資本ですから、LINE で流れる情報も皆筒抜けだと考えておかなければなりません。
情報とは国策、国益に直結しているものなのです。
他国資本を入れてはいけないものなのですが、日本人は平和ボケしているのでそれが分からないで何時も「コロリ」とやられます。

政治系のブログで度々話題になっているのが、犬が出てくるソフトバンクのCMだが、これは明らかに日本人に対する侮蔑を暗喩として含んでおり、主人公を日本人から朝鮮人に変えて、家の名前も白戸家ではなく金家か何かにすれば、在日朝鮮人達が顔を真っ赤にして怒り出すような代物である。大部分の日本人が気が付かず怒りもしないのをいい事に、金とマスコミの力にものを言わせて延々と垂れ流しているが、これがソフトバンクという会社の社是なのだろう。

ソフトバンクのCMに出てくるお父さん犬の名前が白戸次郎とのことだが、戦後に活躍した白州次郎をもじっているとも言われ、在日朝鮮人を半島に帰そうとした白州次郎を敵視しての行為と推測する人間もいる。名前が一字違いでは悪意があると言われても仕方がないが、このCMを最初に企画した人間は今頃腹を抱えて笑っているのかもしれない。

早い話、現民主党政権ベッタリで、民主党の財源でもあったソフトバンクですから、民主党の政策と同じように「日本人を侮辱するCM 」(これに気が付いていない日本人もいるようで、それこそ悲しい現実です)を流し、法律破りぎりぎりのフレームで「イー・アクセス」を買収して本来の電波割り当ての構造を崩して自分の持ち物としたり、総務省利権(当時の原口氏を使って・・・これも松下政経塾)でプラチナバンドを手に入れたり、こうしたことが出来てきたのも民主党政権であったためです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プノンペンでデモ

2012年10月23日 | 海外

カンボジア:工場デモ 中国人管理職が前国王の肖像破る
毎日新聞 2012年10月23日 19時44分

 【バンコク岩佐淳士、北京・工藤哲】カンボジアの首都プノンペンで22日、服飾工場の管理職を務める中国人女性がシアヌーク前国王の肖像写真を破いたのに抗議して、従業員ら1000人以上がプノンペンでデモ行進した。女性は警察当局に逮捕され、23日に裁判所に移送された。

 中国人女性は、15日に死去したシアヌーク前国王の追悼のため従業員が仕事をしないことに腹を立て、従業員が持っていた前国王の肖像写真を奪い、破いたという。カンボジアでは王制への侮辱は罪に問われるが、女性がどんな罪状で逮捕されたかは不明。

 中国外務省の洪磊(こうらい)副報道局長は23日の定例会見で「シアヌーク前国王は中国人民の偉大な友人で、カンボジア国民にも深く愛されている。関連の人物の行為は誤った行為だ」と非礼を認めた。

 前国王死去を巡っては、タイのテレビ局の女性リポーターが16日、前国王の写真を足元において報じていたのがネットなどで批判され、タイとカンボジアの外交関係に波紋を広げている。


中国人や朝鮮人には根本的に理解できないかもしれない

国民が尊敬する皇族・王族という神聖な存在の扱い方

宗教を捨て、民族の歴史をも隠蔽・捏造することに恥じることをしない民族だ

中国四千年の歴史とは言うものの、一貫した流れの無い殺戮だけの歴史

敬う対象など何処を探しても有りはしない

半万年の歴史を叫ぶ朝鮮にしてもまた然り

日本人にとっての『天皇陛下』という存在をあしざまにするアキヒロがいい例だ

国民の象徴とは国民の心の基軸ともいえる

相手の国を知らずして何の友好・外交か


中国も無遠慮に他国に進出するのは勝手だが

最低の気遣いを忘れると『シノフォビア』がどんどん広がっていくことになる

尊敬されるようになれとまで言わない

せめて嫌われる国になるのは自国のためにもならないだろう



中国の常識は世界の常識とは違っていることを知るべき

積み重ねる歴史が民族の歴史になる

過去を何でも捨ててしまっては四千年の歴史は紛い物と言われよう

捨ててしまって空いた隙間を嘘偽りで埋めてもダレも認めはしないのである





国民性


道を歩いていたら川で日本人が溺れていました。

急いで助けると

「ありがとうございます。あなたは命の恩人です」

と感謝され、お礼に彼が持っていた荷物の一部を貰えました。

道を歩いていたら川で韓国人が溺れていました。

急いで助けると

「何でもっと早く助けない!荷物が流されてしまったニダ!謝罪と賠償(以下略)」

と罵倒され、持っていた荷物を奪われてしまいました。

後に判明したことですが

韓国人は最初から荷物を持っていなかったそうです。



ネットで拾った”コリアン ジョーク”です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海保の中国人乗組員救助

2012年10月22日 | 社会
中国外務省、謝意示さず 海保の中国人乗組員救助
(日経転載)

 中国外務省の洪磊副報道局長は22日の記者会見で、日本の海上保安庁が沖縄県沖の公海上で火災が発生した大型貨物船から中国人乗組員64人全員を救助したことについて「関係企業には一時も早い乗組員の安全な帰国に尽力するよう指示した」と述べるにとどめた。欧米メディアからの「日本側に謝意を伝えたのか」との質問にも「日本側と緊密に意思疎通している」とし、明確な謝意を避けた。

 中国のインターネット上では、日中関係が冷え込む中で「久しぶりに良い話題だ」と海保の対応を評価する声が多い。(北京=島田学)



予想通りと言うべきか

いわれの無い事で『日本批判』はするが、まともな大人の対応のできない中共

中共は嫌いだが、難儀している中国人を見捨てる精神は持ち合わせていない

それが大和民族である

『武士道』が今も伝わる日本

感謝の言葉が欲しくて行動したのではない

見返りを求むるのは武士道に反することである

『与えるは受けるより幸いなり』とも言う

人命救助とは国籍・人種・利害などとは関係なく行われなければならない

それが解るにはまだまだ時間が必要な中共

『情けは人のためならず』

あの国の指導者たちには永久に理解できない言葉であろう







朝鮮全権大使 李成玉


「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことは
できない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。

そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、
日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、
これは朝鮮人を同類視しているからである。

そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。
それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。

日韓併合が問題になるのは、変な話だ。
我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。」



犬なら3日飼えば恩を感じる

後ろ足で砂をかけることだけは犬並みである

豚すら飼い主のために恩返しをする

 『エンガチョ』と言って関わりたくないものである
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民に政権復帰資格なし?

2012年10月21日 | 政治

自民に政権復帰資格なし=細野氏

 民主党の細野豪志政調会長は20日、静岡県御殿場市で講演し、安倍晋三自民党総裁が首相だった2007年に表面化した年金記録漏れ問題に関し、「消えた年金問題を起こした自民党政治の反省がない中で、政権に返る資格はあるのか聞きたい」と述べた。
「安倍総裁は体調を壊したことを謝る(だけ)という話ではない」とも指摘した。(2012/10/20-22:31)

--------------------------------------------------------------------------------


確かに自民党の長年にわたる政治において諸々の諸問題が残った

それは国民誰しもが解っていることである

反省の成されない旧態依然のような気もする

これも間違いなく事実である


しかし、政治は立ち止まることを良しとはできないものである

反省の成されない自民党を拒絶し

国民を欺く民主党を排除し

胡散臭い素人集団やカルト教団体や屑集団を除いたら何も残らない

これでは日本という国が消滅することになる


然るに現政権を基準に考えれば、自民党政権は『有り』なのである

減点方式で考えても、民主党はマイナス、それもとんでもない数字のマイナスである

かろうじて自民党が若干のプラス点を残せる程度であろう

素人集団もカルト教団体も大きくマイナスでしかない

慰安婦捏造の福島瑞穂率いる社民など論外

悲しいかな『民主党よりマシ』

『自民でも仕方ない』

『維新には任せられない』

『公明などもってのほか』

これが私の周りの声である

不満があっても民主党よりマトモな大人の政党が自民党なのだ


資格うんぬん言うのなら、民主党が一番先に資格がないと言うべきだろう

国民をだます政党に政権を担う資格は無い

ダレでもわかる理屈だ

発言した細野氏は自分たちのことを国民の負託に適う人士と思ってか?



『苛政は虎よりも猛し』

現在の状況は、自公民による安易な増税から起きたこと

国民の信を問うことができないと憤る前に自戒せよ

全ては消費税増税という愚策を数を頼んで押し通したことから起きたのだ

チャンスは有った筈

政権復帰より増税を選択したのは誰でもない自民党なのだ

それを棚に上げて、約束を守れ云々は片腹痛い話である

目くそ鼻くその茶番にほとほと嫌気が差してきた

『○○につける薬は無い』

あきれて愚痴も出なくなりそうである・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3党首会談決裂 はあたりまえ

2012年10月20日 | 政治
野田首相、解散時期明示せず…3党首会談決裂

 野田首相(民主党代表)と自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表は19日午後、国会内で約40分間会談した。
自公両党が衆院解散・総選挙の時期の明示を求めたのに対し、首相は公債発行特例法案など3つの条件を出し「条件が整えば、きちんと自分の判断をしたい」と事実上拒否した。
自公両党は猛反発し決裂。
解散攻防が激化するのは必至だ。
会談を受け政府、民主党は臨時国会を29日に召集し、会期幅を約1カ月とする方針を決めた。

 3党党首会談の決裂により、2012年度予算の執行に不可欠な公債法案や、衆院の「1票の格差」を是正する選挙制度改革関連法案の成立は見通せない状況になった。
自公両党は、首相が年内の衆院選を確約しない限り協力を拒む構えで、政権運営は厳しさを増すことになった。


この党首会談の後、安倍・山口両氏が憤った由

冷静に考えれば誰にも明らかなことである

国民との約束であるマニフェストすら反故にする野田である

自民党の谷垣氏との約束など守るわけが無い

サルでも解る簡単な理屈である

それに一々憤慨していては党首は務まらないだろう


この現状を楽観視している民主党の議員は最後の奉公といえる

国民は日に日に民主離れから民主切りに傾くだろう

良い判断材料が消え、怒りの材料が日増しに増えている

どうすればこのような政治家たちが誕生するのか不思議である

衆議院の過半数にも及ぶ民主党に『まともな政治家』が一人もいない

それが今の日本の政治が立ち止まっている元凶だ

安定政権が『両刃の剣』となる顕著な例である

安定政権が国益に沿った方向に進んでいるときは良い

一度道を外れるととんでもない事になる


政治家は聖人君子でも無ければ、仁徳者でもない 当然国民は内心わかっている

だが、今回はあまりにひどい・・・・・

過去の政党、政治家でここまで国民を馬鹿にした政党・政治家が居ただろうか?

国政史上『最低の政党』であり、『最悪の首相』であることは疑う余地も無い


民主党というものがこの日本に存在したことが消せるなら消してしまいたい

それほど容認できない烏合の衆であり害虫の如き輩である






 角栄いわく「マスコミだって、いいところがないわけではない。
力の無い人とか、弱い人の代弁をしたり、かれらに想いの時間をあたえることだってある。
社会のためにいろいろ役立っていることは、わたしだって知っている。
しかし羊頭狗肉、白を黒とするのは自戒すべきだ。・・・どこかの新聞記者を呼んで酒を飲ませ「どうかおれのことをよくかいてくれ。写真を新聞に出してくれ」なんて頼むようじゃ、これはもう近代性に掛けた政治やというしかないよ。

 それにしても、日本のマスコミには問題が多い。
世の中の本当の仕組みや現実を知らず、人間の矛盾に満ちた実態に目が届いていない。
血のでるようなシャバの苦労も経験せずに、浅薄な知識と狭い視野のままで、世の中や人さまをなで斬りしてはばからない。
(省略)・・・問題はそれだけではない。
日本の一般企業は、資本金の何パーセント以下は銀行から融資受けられないという厳しい規制を課せられいるけれども、マスコミだけは、その例外だ。
資本金三千万から五千万のマスコミ企業が五十億、百億の金を銀行から借りられんるんだよ。
そんなバカな話はない。
マスコミに対する銀行融資の規制を考えるべきだ。
だいいち、取締役会の議決がなければ、持ち株の名義変更も許されない現状に至っては、これは沙汰の限りではないか。」角栄のマスコミ論。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石破氏「外国人企業とは知らず」?

2012年10月18日 | 政治
石破氏「外国人企業とは知らず」=法相追及に冷や水?-献金問題

 自民党の石破茂幹事長は18日の記者会見で、自身が代表を務める党支部が在日韓国人が経営する会社から献金を受け取っていた問題について「そういう方だと知って受け取ったのではない。
承知しないままちょうだいしたので(献金は)お返しした」と釈明した。
ただ、同党は外国人献金問題をめぐって田中慶秋法相を批判しているだけに、党内では「追及の矛先が鈍りかねない」(中堅)と懸念する声が出ている。

 石破氏は献金の経緯に関し「(会社の経営者は)日本名を使い、会社も地元の有力企業と認知されていた。
従って(国籍を)尋ねないまま受け取った」と説明。
「(昨年3月に当時の)前原誠司外相の献金の件があったので調べてみたところ(外国人だと)分かった。
具体的なことを頼まれたことは一度もない」と強調した。

 また、「これからは日本人だと示すものを添付した形で(献金を)頂かなければならないのかなと思っている」と述べ、書面による国籍確認を制度化する必要性にも言及した。

 一方、安倍晋三総裁は18日の会見で「石破氏側は日本人だという理解の中でなされた献金だ。
(法相とは)事の軽重が全く違う」と述べ、法相への追及を緩めない考えを強調した。
しかし、民主党からは「(法相が)辞めなければいけないと言うなら、石破氏も精査して対応した方がいい」(安住淳幹事長代行)と、早くも自民党をけん制する声が上がっている。(2012/10/18-18:44)

--------------------------------------------------------------------------------


献金問題日常化している感がある

一人一人の献金者の氏素性まで調べるというのは無理があろう

政治家に献金するのは『日本人』であることが求められるなら

外国籍の人間に通名を使用することを法律で禁止するべき

そうすれば通名での献金が不可能になる

サルでもわかる論理であろう

これを積極的に行わなかったのは政治家の怠慢

もらえるものは貰っておけ的な安易な姿勢と言える

『襟を正す』と言う前に、自らの公正・公平をきちんと整えるのが筋と言うもの

『渇しても盗泉の水を飲まず、熱しても悪木の陰に息わず』の言葉もある

政治家にはそこまで望んではいない

だが、襟を正す前に足元を整えて欲しいものである







日本の敗戦によって在日朝鮮人が日本名を強制される事由もなくなった訳であるが、いまだに在日の多くが日本名を通名として使用していて、これが公的にも認められ「在日特権」 の1つとなっている

彼らが日本名を使い続ける理由として、「本名のままでは日本で生活する上で不便であるから」という理由が挙げられる。

在日中国人や在日台湾人の場合、8割以上が日本において通名なしの本名だけで生活していると言われているが、それとは対照的である。


特権を与えた見返りに違法献金を貰う悪しき構造と言える

この問題『誰が』『何時』改正するのかを見守りたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総裁が靖国参拝

2012年10月17日 | 政治
自民・安倍総裁が靖国参拝 保守層にアピール(10/17 17:43)

 自民党の安倍晋三総裁は17日夕、秋季例大祭に合わせ東京・九段北の靖国神社を参拝した。
中国や韓国が批判する靖国参拝を実行し「毅然とした姿勢」(周辺)を示すことで、支持基盤の保守層にアピールする狙いがあるとみられる。安倍氏は次期衆院選の結果次第で首相に就く可能性が取り沙汰されている。
沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐり緊張が続く日中、日韓関係への影響は避けられない。

 2006年から07年にかけての首相在任時、安倍氏は前首相だった小泉純一郎氏の靖国参拝で悪化した日中関係の立て直しを優先するため、靖国参拝を見送った経緯がある。

(北海道新聞 転載)



取り立てて騒ぐことではない

一人の日本人が日本の神社を参拝しただけである

マスゴミは何を言っているのか

中国の意を汲んで参拝を自重したとしても、なんにもならない事は解っているはず

思いやりや気遣いなどは、中共や朝鮮には通じないのである

宗教に関わること、第三国からあぁだこうだ言われる筋の話では無い

中国や朝鮮と違い、祖霊に対する意識が高いのが日本という国

父祖に限らず先人の御霊に敬意を払うのは当然である

不信心な私が言うのもなんだが・・・・。


日本人が日本の神社・仏閣を訪れ、参拝するのにダレの許可が要るというのか

チベットや新疆については『内政干渉』を持ち出すくせに

他国には平気で干渉してくる

呆れ果てた国であることよ・・・。






 中国と日本では文化も文明も違う。

『価値観の共有』など無理だ。

日本では『お互いが腹を割って話し合えば…』などとよく聞く

中国人相手に腹を割れば、いいカモにされるだけ。

孫子の兵法には『兵は詐を以て立ち』とあり、彼らは相手を欺くことを考えている。

中国人とどう付き合うかではなく、まず、付き合わないことを考えるべき

次善の策として、付き合わざるを得ない場合、どうするかを考えた方がいい



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慰安婦問題、韓国がまた提起

2012年10月16日 | 海外

慰安婦問題、韓国がまた提起=日本反論で互いに譲らず-国連

 【ニューヨーク時事】国連総会第3委員会(人権)で15日、韓国が旧日本軍の従軍慰安婦問題を取り上げ、日本に法的責任を認めるよう改めて要求した。
日本側は答弁権を行使し、慰安婦問題は「法的に解決済み」との立場を表明。互いに譲らなかった。

 応酬があったのは「女性の地位向上」についての討論。
韓国国連代表部の辛東益次席大使が慰安婦被害者問題は「いまだに解決していない」と憂慮を表明。
これに対し、日本の兒玉和夫次席大使が「多数の女性の尊厳と名誉を傷つけたのは問題だと認識している」としつつ、賠償請求権問題は法的に解決済みだと反論した。

 辛次席大使は慰安婦問題が「戦争犯罪、人道に対する罪にもなり得る」とした上で、日本政府の法的責任は残っていると改めて強調。
兒玉次席大使は再答弁で「説明を繰り返すことはしない」と述べ、辛次席大使も「この問題は日本の法的責任の認知によってのみ解決する」と譲らなかった。

 同委員会では昨年の前回総会時にも、慰安婦問題をめぐって両次席大使が同様のやりとりを行った。(2012/10/16-12:36)

--------------------------------------------------------------------------------


思い込んだら命がけ

朝鮮人を見ているとつくづく感じることである

己の国の女性たちが海外で『出稼ぎ売春婦』と揶揄されていても平気らしい

そのくせ日本には過去の売春婦に対し賠償しろと迫る

日本の大使も認識の欠如した答弁を繰り返す

慰安婦などは存在しなかった・・・・これは事実である

公許の売春婦制度はあったろうが、強制制度など架空の話である

福島瑞穂と朝日新聞による捏造事件である


大寒民国(南朝鮮)はベトナムで起こした虐殺や陵辱・暴行殺人については言及しない

国連の全ての大使はベトナムに聞いてみるがいい

『ハミの虐殺』『フォンニィ・フォンヤットの虐殺』などの真相を

賠償と謝罪問題を口にするなら、まずベトナム国民に謝罪・保障してからであろう


世の中に時折『現実』と『理想』が区別できなくなる人がいる

かなり珍しいことである

どこかの国はそのような人間が多く住む国と思われる

『虚言癖』といわれる程度ならまだまし

キリストが朝鮮人だった、始皇帝も孔子も朝鮮人だったとか言い出した

漢字も朝鮮人が作ったものらしい(笑)

嘘も百回言えば真実になると言うそうだ

真実なら一回言えば済む話である

早晩経済破綻して消滅する国だから構わないのが得策である







従軍慰安婦問題、提訴者の韓国人女性「詐欺」で逮捕されていた! - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133831762278356301

○日本統治時代の戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやると
いって弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取っていた
団体幹部など39人を、詐欺の疑いで摘発したと発表した。

○被害者は3万人に上る。

○古くからの活動家で日本でも知られる梁順任・遺族会会長(67)にも容疑

○「従軍慰安婦」造語の生みの親で慰安婦強制連行の捏造記事を乱発した朝日新聞社、
 植村隆記者の韓国人嫁の母(義母)「梁順任」詐欺で摘発

○遺族会は、梁順任会長を解任したのだが、この朝日新聞・植村隆記者の 義理の母
 「梁順任」は職印を持って逃走

○キーセンとして人身 売買され慰安婦になった女性について、「強制連行されていた」
 と1991年8月に誤報して日韓関係をめちゃくちゃにした朝日新聞の植村隆記者


産経新聞 2011.5.9

出典従軍慰安婦問題、提訴者の韓国人女性「詐欺」で逮捕
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上海で邦人が暴行受け負傷

2012年10月15日 | 海外
上海で邦人が暴行受け負傷 初のけが人に緊張高まる


 【上海、北京共同】日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に対する中国内の反発が高まる中、中国で最大の日本人コミュニティーを抱える上海市で、日本人がラーメンを顔にかけられ目を負傷したり、レストランで暴行を受けたりするなどの被害が日本総領事館に報告されたことが13日、分かった。

 尖閣国有化後、中国での日本人負傷者が判明したのは初めて。
尖閣をめぐる日中の対立は、日本人を標的にした暴行でけが人が出る事態となり、中国の日本人社会では緊張が高まっている。

 日本総領事館にこれまで報告があった上海での日本人被害は計6件。





新聞やニュースの扱いがどのようなものかは知らない

この事は以前から危惧されていたことである

反日暴動の様子から考えても、いつかは取り返しのつかない悲劇が起こる懸念が指摘されてきた

政府も外務省も企業も不都合な事実には目を瞑る魂胆か?

一つの事案を否定することは自らの決断に間違いがあったと認めることになるので躊躇うのか

邦人の安全を第一に考慮しなければならないはず

中国進出企業の拝金主義の犠牲になる駐在員の家族がかわいそうである


中国当局は台湾の楽団に対し

「就労や公演を目的としたビザは日本人には無期限で発給しない」などと通告してきたという。

台湾への通告だけか?

日本にも直接正式に通告してきたのだろうか?

このことは日中間に国交断絶の兆しがあると言うこと

結構なことである

政府は即刻、邦人の召還を行うべきであろう

危害が加えられている事実を見ても、急がねばならない

中共は正常な神経など持ち合わせてはいない

日本人の論理では考え付かない行動に出ることも予想される

『選挙ごっこ』もよいが、邦人の身の安全を考える者は居ないのか

つくづくこの国は国民の命を疎んじることが平気らしい

国民を守れないものが国を守ることなど所詮無理な話


政治外交の話題が煩わしく感じる今日この頃である

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田中法相釈明

2012年10月13日 | 政治
田中法相 襟を正して自ら決断を
10月13日(土)

 週刊誌で暴力団関係者の仲人を務めたと報じられた田中慶秋法相が記者会見を開き、事実関係を認めた。

 法相には外国人献金問題も浮上している。違法行為を取り締まる側の法相に、就任早々から疑惑が相次ぐのは異常である。

 国会の場できちんと説明すべきところだが、臨時国会開催のめどが立っていない。野田佳彦首相は一日も早く法相問題にけじめをつける必要がある。

 11日発売の「週刊新潮」は、田中法相と暴力団との関係について特集し、法相が30年ほど前に、暴力団幹部の仲人をしたなどと指摘した。

 法相は12日に記者会見し、仲人は「本人の父親に頼まれ引き受けた」「後で暴力団関係者と分かった」と釈明した。
「(本人と最後に会ったのは)20年近く前。それ以降の接触はあまりない」とも述べている

 「連れられて行った会合にたまたま暴力団関係者がいた。1度だけだが、私の不徳のいたすところ」と語り、暴力団関係者の会合への出席も認めた。
一方で「誤解を招いたのは率直に反省し、襟を正して職責を果たしたい」とし、辞任は否定している。

 近年の付き合いはどの程度のものだったのか、記者会見でははっきりしない。
国会開会中なら野党から厳しい追及がなされるはずである。
政治がまひしている弊害が、ここにも表れている。

 政府は官民挙げて暴力団対策を強めてきた。
2011年には全都道府県が暴力団排除条例を施行し、自治体レベルでも暴力団との接触に厳しい目を向けている。
タレントの島田紳助さんの引退や大相撲の野球賭博事件も、暴力団が絡んでいた。

 法相の立場にある田中氏が、記者会見の釈明だけで続投を図るというのは、国民軽視も甚だしい。

 法相の政治団体が、06~09年に外国人男性が経営する会社から計42万円の献金を受けたことも判明している。
同様の問題で前原誠司氏が外相を辞任した経緯がある。
民主党政権の対応は、ちぐはぐな印象を拭えない。

 暴力団関係者とのいきさつや外国人献金問題を抱えたまま法相を続けるのは、社会通念に照らして疑問と言わざるを得ない。

 問題を先延ばしすれば、首相の任命責任がますます問われるだろう。
政権が土俵際に追い込まれているときに、傷を広げるばかりである。
法相が続投に固執するなら、首相が決断するしかない。




わが国の法務大臣はその職務がどんなものか認識をされていない方が時々就任する

本来の死刑執行の判断をする職責を公然と放棄・否定する方も以前居られた

冤罪の余地が窺われるならまだしも、万人がやむなしと明確に思える凶悪犯の死刑執行まで躊躇う

死刑廃止論者が引き受けては差しさわりのあるのが法務大臣職である

主義が異なろうと現法は死刑が認められている

法務大臣が法を否定してはいけないだろう


今回のように国を挙げての『暴力団撲滅』運動のさなかである

法に触れるとか触れないとかの問題ではない

常識で判断するべきである

政治家がこのような事を平気でするものだから

吉本芸人を法を犯していないからとTV局が平気で出演させる

同義的・常識とかは考慮されないのが今の日本である


民主党は当選1~2回の議員20名を集め、選挙対策や選挙指導をおこなったという
 
 安住氏はこの後の記者会見で「『与党として初めて迎える選挙だ。国民の批判を受けて、したたか

に勝ち抜いてくるたくましさが求められているので頑張ろう』と話をした」と語った。


呆れ果てた言い草である

今民主党に求められているのは”したたかさ”ではないはず

謙虚に有権者の声を聞くべき事を求められているのだ

その感覚の鈍さが現在の国難を停滞させている

まだ わからんか!


選挙対策を指導するより、倫理観でも指導したほうが国益に適うと思うのだが・・・





73歳女が売春容疑で逮捕 週に3人客取る

 神奈川県警伊勢佐木署は12日、売春防止法違反(勧誘)の疑いで、横浜市南区、韓国籍の無職朴玉子容疑者(73)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は12日未明、横浜市中区のラブホテル近くの歩道で、私服で取り締まりをしていた伊勢佐木署員に売春目的で声を掛け誘った疑い。

 同署によると、生活保護を受け取りながら、週に3人ほど客を取っていたという。年齢より若く見え、捜査幹部は「暗がりだったら分からなかったのではないか」と話している。(共同)

 [2012年10月12日11時29分]


これが『慰安婦』という、朝鮮人の実態である。

これも日本が強制したとでも言うのか?

生活保護が機能していない顕著な事例である。

日本人のための生活保護が確立されることを望みたいものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加