花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

世間からは『橋下独裁』とか言われる

2012年09月30日 | 政治
維新の国会議員、困惑 竹島共同管理「日本譲歩の印象」懸念
2012年9月30日(日)08:02

(産経新聞)
 ■橋下氏「領土ICJ決着」公約意向

 新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は29日、同市内で開いた維新主催の公開討論会で、23日の討論会で提起した島根県・竹島をめぐる韓国との「共同管理」について、国際司法裁判所(ICJ)の裁定が出るまでの一時的な措置であり「領有ではなく利用の共同管理だ」と説明した。その上で竹島と尖閣諸島、北方四島の領有権について、ICJで決着を目指すことを次期衆院選の公約に盛り込む意向を示した。

 橋下氏は、竹島の共同管理の提案について、「国を守ることは重要だが、国益は領有でなく利用に価値がある。ICJで領有問題が解決するまでは共同利用のルールを決めようということだ」と説明した。同時に「日本固有の領土という主張を、放棄も後退もさせたのではない」と語った。 竹島と尖閣諸島、北方四島の領有問題をICJに提訴すべきだとする理由については「国連総会で主張しても国連に裁定の権限はない。最終的な解決は法と正義に基づいてやるべきだ」と語った。討論会後の記者会見では「裁判で日本固有の領土だと認めてもらう自信はある」と強調した。

 ただ、竹島の共同利用を持ち出すと、中国が、尖閣諸島について日本に同様の措置を要求する可能性がある。

 維新の国会議員側には、「世間からは『橋下独裁』とか言われる」(松浪健太衆院議員)などと、橋下氏の発言への戸惑いがみられ、「共同管理」に関する議員団の意見を近くまとめる方針。討論会後、松浪氏は「領土問題で日本が引いているようなイメージを持たれるのはマイナスだ。しっかりと説明していかないといけない」と述べた。近く合流する今井雅人衆院議員も「橋下氏の発言イコール維新の方針じゃない」と述べ、懸念を表明した。








次から次と思いついたことを発言し、不評だとすぐに言い訳をする

知らない者も”まるで弁護士みたい”というだろう

弁明を聞いていると、まさしく弁護士の論法であり

あぁ言えばこう言うの典型である

国民もそろそろ気づき始めただろう

口先だけの”タレント弁護士”が国政に関わることの危うさを

現職代議士を引き抜いたは良いが、知名度も経験も無い国民受けしない面々が集まり

監督兼プロデューサーだけが著名で、キャストが素人では劇場公開はままならぬ

理念政策が本当に裏表無く、共感を得るものならば、もっと多くの優秀な人材が参集するはずだ

違うだろうか?

残るも地獄、移るも地獄になるだろう7名の議員

議員を続けることが理念としか思えない

政治家経験はあっても、政治経験がどんなものか、多くの国民は知らないのだ

大阪維新のお先棒を担ぐだけの役割だとしたらどうするつもりなのか

橋下市長の発言は維新の方針じゃないと”火消し”に躍起だが

橋下市長の発言は、今までも維新の方針を発信し続けてきたではないか


維新が形になったばかりで、もう食い違いが多々出てきている

総選挙まで現状維持することが第一の課題であるというべきだろう







日本の教科書 :今回比較した中では日本の教科書が最も愛国的記述がなく、戦争の賛美などは全くしていない 。日本の中国進出についてのくだりは全く事実をそのまま伝えており、当時の軍と政府のリーダーたちの責任だとしている 。非常に平板なスタイルでの事実の羅列であり、感情的なものがない。

韓国の教科書 :韓国の教科書は特にナショナル・アイデンティティーの意識の形成に強く焦点を当てている。自分たち韓国人に起こったことを詳細かつ念入りに記述している。韓国の教科書は、中国で起きた戦争に関する記述が希薄だ 。韓国は日本の中国に対する行為には興味はなく、日本が自分たちに行ったことだけに関心がある 。私が驚愕した一つの例は、主要な韓国の教科書には広島長崎の原爆投下の記述がないことだ。それほどまでに彼らは自己中心的にしか歴史を見ていない。

米国の教科書:米国の教科書は日中戦争について多く語っていない。米国の教科書は、第二次世界大戦について、アジアよりもヨーロッパでの戦争の方により焦点を当てる傾向がある。ニュルンベルク裁判についてはたくさんの記述があるが、東京裁判については大変少ない。

中国の教科書 :歴史学の観点から見て、最も問題が多いのは中国の教科書だ。
中国の教科書は全くのプロパガンダになっている。共産党のイデオロギーに満ちており、非常に政治化されている。太平洋戦争に関してほとんど記述がなく、広島・長崎の原爆投下もほとんど言及していない。 中国の教科書は2004年に改定されているが、改定後は中国人の愛国心を謳い、日本との戦いを強調している。内戦の話は後退し、抗日戦線での勇ましい描写が増えた。南京事件などをより詳細に記述するなど、日本軍による残虐行為もより強調されている。つまり中国人のナショナリズムを煽っている。

台湾の教科書:国民党支配下で書かれた古い教科書には、中国王朝の歴史だけを学んでいた。
しかし新しい教科書からは、台湾という国家の視点よって書かれ、台湾それ自身の歴史を教えることになった。台湾と中国両方の教科書が、異なった理由でだが国共内戦を強調しなくなっている。台湾の新しい教科書では日中戦争の強調は抑えられ、南京事件なども大幅に削っている。台湾の日本による植民地時代の論点は、当時の日本の政治状況と関連づけて述べられており、日本の悪行を書いてはいるが、かなり正確な分析をしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賠償と裁き求める―国連演説

2012年09月29日 | 海外
韓国外相、慰安婦問題に言及=賠償と裁き求める―国連演説
2012年9月29日(土)10:19

(時事通信)
 【ニューヨーク時事】韓国の金星煥外交通商相は28日、国連総会で一般討論演説を行い、「戦時の性的暴力は根本的な人権侵害だ」と述べて実質的に旧日本軍の従軍慰安婦問題に言及し、被害者への賠償と加害者への法の裁きを求めると強調した。韓国が一般討論演説で慰安婦問題に言及するのは初めて。

 日本は慰安婦問題について、日韓請求権協定により決着済みとしているが、韓国側は首脳級が集まる国連総会で改めて「責任ある措置」を要求し、日本への圧力を強めた形だ。

 金外相は「いかなる国も他国の領土的一体性や主権の侵害を目的に国際法手続きを乱用すべきではない」とも述べた。領有権をめぐって日本と対立する竹島問題を念頭に置いた発言で、「法の支配」の原則の下、国際司法裁判所(ICJ)を通じた問題解決を求める日本側に反論した。

 金外相はまた、「安定した国家関係を築くには健全な歴史認識と、過去の過ちに対する心からの反省が求められる」と指摘した。

 日本政府はこの演説に対する答弁権を行使しなかった。 

[時事通信社]




『戦時の性的暴力は根本的な人権侵害だ』

はいはい、仰るとおりですよ”金”さん

”慰安婦”=売春婦のことであり

”韓国の人権侵害”=ライダイハンの強姦行為であるわけで・・・。

『被害者の賠償』を言うなら、国内外の事件に対する賠償・謝罪を行ってから言え!

済州島四・三事件、保導連盟事件、国民防衛軍事件、麗水・順天事件、ライタイハン問題など

何一つ謝罪も賠償もしていない事実、国連で釈明せよ!

糞便垂れ流して消滅寸前の朝鮮に手を差し伸べたことこそわが国の汚点である

近隣諸国に謝罪する理由はそれのみである!






10月に期限を迎える日韓通貨スワップ協定の拡充措置について、あなたの意見は

延長すべき (9112 票, 7%)

延長すべきでない (126054 票, 92%)

分からない (1227 票, 1%)

万が一延長などしたら、国内の反応はどうなる?

非国民が第一を掲げる『半島民主』なら、国民の思いとは”反対”を進むだろう

政権交代などと温いことではなく、民主そのものを無くさなければいけない!

消滅までの時計は刻一刻と刻み続けている

カウントダウンは新年ばかりではなくイベントには必要だろう

民主に採点すれば『汚点』しかつけられないこれも事実である


来年は『詐欺集団民主党』、『慰安婦捏造社民党』が消えてなくなる年にしたい!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『日本維新の会』の理念が知れた

2012年09月28日 | 政治
<橋下市長>「戦争の総括必要」中韓に配慮
毎日新聞 9月27日(木)21時10分配信

 新党「日本維新の会」代表に就く橋下徹大阪市長は27日、中国や韓国との関係について「日本が過去に周辺諸国に迷惑を掛けたことは間違いない。
中国や韓国に謝り続けたからいいじゃないか、お金を払ったからいいじゃないかというのは違う」と述べ、第二次大戦の総括が必要との認識を示した。

 同日の記者会見で靖国神社への参拝について問われた橋下氏は「先人に対する敬意も必要だが、戦争の総括をしないといけない」と指摘。
弁護士としての経験から「被害者側は腹の中に恨みつらみが残る。
加害者側が謝り続けたからいいじゃないかという態度は取れない」と述べ、中韓に配慮して参拝時期などを判断する考えを示した。

 また、野田佳彦首相が「(尖閣諸島の)領有権問題は存在しない」と発言したことを批判。
竹島について同様の主張をする韓国に国際司法裁判所での解決を呼び掛ける以上、「尖閣に領有権問題がないとの主張は矛盾している」と指摘した。
竹島を韓国と共同管理すべきとの持論については「国益として考えないといけないのは島そのものより海域。
(海底資源などの)利用に関するルールを決めないといけない」と強調した。【津久井達】




ついに正体を現した”日本維新の会”

このような”売国奴”に踊らされて、移籍した屑議員の顔が見たいものだ

日本を変えるのは、中国・朝鮮の意に沿うように変えることだった

大阪を拠点に在日のための巣窟”大阪州”へと歩を進めてきたことが判明した

こんな奴が”靖国”や”教育”、”国防”を語るなど笑止千万だ

私事ながら、『弁護士』が嫌いである、碌な弁護士に会わなかったことが原因

さらに『弁護士出身の議員』はもっと嫌いである

枝野幸男 仙谷由人 福島瑞穂 谷垣禎一 山口那津男 江田五月 千葉景子 etc

名前を見ただけでも、言ってはなんだが碌なもんじゃない!

そして、タレント弁護士『橋下徹』が居る、島田紳助の盟友でもある

そのタレント弁護士市長が語る内容とは・・・


周辺諸国について気を使うことはないっていう考え方もありますけど、 実際に日本はね、過去において周辺諸国に迷惑をかけたことは間違いないわけです。

加害者サイドのほうが『もう十分賠償金渡したんだからいいじゃないか』とか、 ぼくは心情として、人間としてそういう態度はとれないですね。

中国韓国に対して悪かったという気持ちを日本国民として代々ずーっと持ち続けなきゃいけない。 それと同じように、英霊に対しても気持ちを持ち続けなきゃいけない。

中国や韓国に対する悪かったという気持ちをおろそかにしておいて、靖国の問題の時だけ 『先人に対する思いを持ち続けなきゃいけない。だから靖国なんだ』とか言うのは、そりゃバランス失しますよ。





聞いていて 怒りを越して 気分が悪くなった

何処の国の政党党首の発言か疑ってしまうわ

聞く限り”詐欺集団民主”と理念は同じに感じる

自ら『反日です』と言っている

安倍自民と理念は近いとか言っていたがとんだ大嘘つきではないか

こんな思想の持ち主と知って、それでも日本維新の会を支えると言うのか

その人間は、『日本人』でも、『大和民族』でもないことは間違いない

口を開けば、次から次へと”地金”が現れてくる状態だ


ますます『安倍自民』に軌道修正をお願いしなければいけない

その思いをさらに強くした”橋下発言”であった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休憩時間の戯言

2012年09月27日 | 政治
自民党総裁選も終わり、各政党の代表が揃った

何時になるか定かでない”衆院選”をあれこれ言っても仕方ない

目の前にある現実を考えたい


これは仲間内での『戯言』である、関係する方々に他意は無い


A 『沖縄県民は米軍基地に出て行って欲しいんだろう?』

B 『そりゃそうだろ、反対のためのオスプレイ反対なんだから』

A 『どこに行けって言うことなんだ?』

C 『沖縄で無きゃ構わないんだろうよ』

D 『福島だって、除染土壌をどっかに持って行って欲しいだろうに』

B 『いっそ交換したら どうなんだ?』

C 『どういう事よ』

B 『沖縄は米軍基地がいらない、福島は放射能はいらない』

A 『で? どうするの』

C 『沖縄の基地跡地に除染物を保管して、福島の除染した跡地に基地を作るってか?』

B 『そういうこと、お互いに希望はかなうでしょ』

D 『沖縄は放射能の苦しみより、基地問題が最優先ということか』
 
B 『現実味に乏しい案だけど、一旦福島に置いて基地を国内に分散するって言うのは有りか?』



くだらない休憩時間の『戯言』である・・・・



沖縄の人は、基地が全く無くなった後のことは考えているのだろうか?

沖縄だけに負担を強いていると言われる、確かにそうかもしれない

米軍基地が”グアム移転”した後、穏やかな生活が待っていると良いが

最近の中国の行動を見ると、尖閣の次は沖縄本島に手を伸ばしてくる

米軍基地が無くなる事を、一番願っているのは沖縄県民ではなく、中国なのだ









沖縄は大和人と琉球人を区別する、台湾と似ていると思う

沖縄の人にとって、米国の統治も日本の統治どちらも気に入らないのだろう

沖縄県知事もどうして欲しいのか、どうすれば県民が納得するのかを発言しない

反対ばかり叫んでは、子供が駄々をこねているように感じる

県民の総意がなんであるか、どうなることが望ましいのか

基地を無くすことによる、プラスとマイナスを県民に納得して貰えるのか

とにかく知事の真意が見えない

私たちには関係ないと言うつもりは無い

言葉は理解しあうためにある

理解する気で言葉を受け取り、理解してもらうつもりで発する

会話とはそういうものである

反対のための反対は言葉ではない

叫びは相手の理解を得られない

きちんとした言葉で、会話と言う手段で向き合うことを希望する


東日本大震災においては、米軍の援助は間違いなく賞賛できる

東北の人の多くが思っていることである

零か百かでは推し量れないことが世の中にはある

これからもゼロでもヒャクでもない現実の社会で生活する

私にはそうする事しかできないのです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党総裁選 民意を映さず

2012年09月26日 | 政治



日経新聞のサイトでライブ中継を観た

途中で何度も転寝をするくらい、長い時間モニターの前で過した

良く言えば粛々と、悪く言えば退屈なセレモニーだったわけで

予想を裏切らないのが、自民党の伝統かもしれない

一回目の党員票165票・議員票34票を獲得した”石破”氏が第一位となる

素人目線で考えれば、民意は石破氏を選んだことになる

党員の55%が総裁に相応しいと声を上げた


ここからが所謂”永田町”の狂った常識が頭を持ち上げる

石原・町村・林氏等の支持議員の、約半数が安倍氏を支持した

その結果は108対89で、安倍氏の当選が決まった


民主党に対し、”民意”という言葉を再三仰っていたのはダレ?だったか

民意無き政治は、ここにも有ったわけで

民意を受け止めない政党が、民意を無視する政党を論う

”めくそ はなくそ”の茶番であったということ


少なくとも”50人”以上の自民党議員は民意を受け止めなかった

これは事実である

党則に不備があると言えるかも知れない

決選投票をその場でやることの意味が不明



TVのバラエティークイズで最後の問題に正解すると大量点がもらえる

あのストーリーを思い出した

それまでコツコツと点数を重ね、やっと最終問題に辿りつき

一問で下位に逆転される、お笑い番組なら良しとする


一国の総理を決めることにもなる大事な選挙

日を改めて党員も含めた再投票ができなかったのか?


党員でもない門外漢が心配することではないけれど

旧態依然とした、派閥・長老政治を暫くぶりで見せてもらった

民主・維新よりは多少”まし”な党首選びだったことは認めたい


こうなると、返す返すも残念でならないのは、八月の内閣不信任案の否決

谷垣自民が棄権さえしなければ、賛成にまわっていれば・・・・。

思えばあの時も、民意を無視して、何もセン野田内閣の延命に協力した

つくづく自民は『国民の声』に鈍感と見える

誰か、専属で国民の声を聞いてまわる、役職を新設してはどうか?

民意を無視して、野に下ったにもかかわらず

未だに総括・反省・改革がなされていない”自民党”



ほんとうに 大丈夫ですか?!


今回の『安倍自民党』、期待されていると思わないほうが無難

民主よりきっと良いだろうと言う、”希望”の声と受け止めたほうが良い

そうすれば、今度は安倍氏がやり残した宿題を、肩の力を抜いて努められる



どうせ”朝日新聞”系列は社是を実行するつもりだろう

安倍氏が倒されるか、朝日を潰すか、命がけの道を行くことになる

くれぐれも手を携える『同志』の選択だけは間違えないように願いたい


自公でも、民自でも、民自公でも、自維でもなく 自民党単独の政権を目指すべき



素人や詐欺師と手を組んだ時点で、日本は破滅へと向かうことになる


先ずやらねばならないのは、詐欺師政権を終わらせること

国民の『大きな声』である

学問なき経験は経験なき学問に優る

自民党に残された、最大のアイテムであろう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5000億円を”ちゃら”にするって

2012年09月25日 | 海外

ミャンマー債務問題、決着へ=日本が仲介-世銀・ADB

 世界銀行やアジア開発銀行(ADB)のミャンマー向け延滞債権問題が、日本政府の仲介により決着する見通しであることが25日明らかになった。
東京で来月開催される民主化支援会合で、国際協力銀行(JBIC)や邦銀が借り換え融資を実行する案で合意する。
経済協力拡大の障害となってきた債務問題が解消すれば、ミャンマーへの投資や進出が一段と活気づきそうだ。

 世銀は約4億ドル(約310億円)、ADBは約5億ドルの延滞債権を保有している。延滞していると新規融資ができず、国際的な信用も低下するため、経済発展の妨げとなっていた。

 日本政府は、ミャンマー政府がJBICや邦銀のつなぎ融資を活用し、世銀やADBの延滞債務を返済する案を提示しており、東京会合で関係者が正式に合意する見込みとなった。
再び融資が焦げ付くことを避けるため、国際通貨基金(IMF)が監視する案も浮上している。

 最大の債権者である日本政府は4月、民主化を評価し、約5000億円に上る延滞債権の放棄や借り換えを柱とする支援策を決定した。ただ、支援策の実行には、日本に次ぐ延滞債権を抱えるADBなどとの調整が必要だった。(2012/09/25-17:49)

--------------------------------------------------------------------------------



経済にはとんと疎く、よく解らないのだが

5000億円を”ちゃら”にするって言うことなのか?

さすが経済大国の真骨頂というべきか

その気前のよさで、尖閣もシナに譲ったりしては如何なものだろう

一方では消費税を上げなければ、日本は破綻するとまで叫んでいた

何処のどなたであったかは忘れてしまったが


その金があったならば、などと言う気は無い

がしかし、海上保安庁の巡視船も”極限に近い”任務に追われている

少しでも負担を軽くしてあげたいものである

相手は一点集中できるから良いけれど

何せわが日本、四方を海に囲まれ、目が回るどころではない現状

早急に警備艇の増強の予算を計上すべきではないか


これも危機管理の喪失と、自民党時代からの、護国防衛の重要性の認識不足の結果だ

何度も書いているが、争えと言っているのではない

『国を国民を守る態度を見せよ』 と言っているだけだ

経済援助をする余裕があるのなら、なぜ日本人を”飢えで死なせる”

これひとつを見ても、政治家はすべて、『詐欺師』という根拠だ

国民一人を救えない国が、他国の経済を云々言うのは笑止千万

違うだろうか?

何度でも言う 『日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して

考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります』 (マザ-・テレサ)

『自分の国で苦しんでいる人が居るのに、ほかの国の人間を助けようとする人は

他人に良く思われたいだけの偽善者である』 とも言っている


他国に良く思われたいがための思いやりは、必ずしも相手に伝わらない

竹島を見ても、尖閣をみても、明白である

心にも無い言葉で、いくら褒められても、痛みばかりが残る結果に、そろそろ気づくべきではないか

この期に及んで自ら望んで中国に進出する企業は、自己責任で始末をつければ良いだけのこと

国内でぎりぎりの生活を強いられている国民を直視しろ!

思いやりはシナ人や朝鮮人にではなく、大切な日本国民に注ぐべき!



竹島を共同管理などと、たわけた発言をする愚か者には国は任せられない

尖閣は無人島だから心配ないと言いのける人間もいらない

円高・デフレに効果的な策を断行できない政府・日銀も不要

いい加減に『アメリカの顔色』を窺う政治は卒業するべし

先ずは正常な外交ができる基盤、自主防衛の整備をするべきだ

不埒な”脅し”をする国と、正常な外交とやらを行うための法整備を急がねばなるまい

自民党総裁選は間違いなく次期総理大臣選びになる

他国に良い顔したい”偽善者”を見極めなければならない



”韓国ドラマ”を見続け、戦争反対、軍国主義反対の念仏を唱えている国民は無視すればよい

中国13億の購買力に縋る経営者は放っておけば良い

個人も企業も国も、それぞれ責任ある”リスク マネージメント”をすれば良いだけの話


虐殺・陵辱・強奪・破壊など、小説かTVドラマ・映画のなかのこと

そう考えている者に、何を言っても通じない

『通州事件』を知れば、自虐史観など何の根拠も無いことが解るだろう

眠れる偽善者は、眠ったままその時を待てばよい

私は大切なものの命を守るため、できることの全てを残った時間に当てるつもりである

学歴も教養も備わっていなくても、私には誇りと情熱だけは備わっているのだから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人と大和民族

2012年09月25日 | 日記





台湾という国、土着の台湾人(本省人)と中国人(外省人)がいる

大多数を占める本省人を、少数である外省人が、実権を握り統治してきた

未だ本省人の世にはなっていない

幸運にも防衛軍備を怠らなかったことが、中国共産党の侵略を阻止してきた

『備えあれば 憂いなし 』である



こちら日本はというと、古来からの”大和民族”と、”日本人”が同居している

大和民族=日本人 これは少し違うと思って欲しい

日本人とは日本国の国籍を有する者の呼称だ

近世になって、帰化した異国人も含まれるのである

大和民族とは有史以来綿々と繋がってきた、日本古来の民族である

最近では日本人が大和民族を支配し、あらゆる機関に影響力を及ぼしている


”国家観”無き政治家

”愛国心”無き国民

”拝金主義”の経済人





だれかさんの言葉を借りれば、今改めて日本の”維新”を考えなければいけない

私の考える維新と橋元市長らが言う維新とは少し違う


国民に対し”知る”ことから、訴えていかなければならない

正しい歴史すら子供たちに教えない捏造教育の真実

”在日特権”がなぜ未だに存在するのか、その成り立ちとは・・・。

中国に対する”戦後の謝罪”と称する、膨大な”ODA”の実態

なぜマスコミは”親韓”なのか、その実態とはどういうものか

竹島が南朝鮮に奪われた事件の詳細とはどういうものだったのか


”朝鮮人”とはどういう民族なのか

”漢民族”とはどういう民族なのか

”中国共産党”の実態とは

”反日”という言葉だけで、片付けてはいけない大きな問題は

政府も政党も政治家もメディアも学校も、何一つ真実を語らない


愛国心=好戦主義

防衛整備=軍国主義

あぁ言えば こう言う

反日主義者のほとんどが、洗脳された日本人若しくは帰化人である


それゆえ『日の丸』、『君が代』を頑なに否定する

その国の”国歌””国旗”を啓拝して悪い理由が見当たらない

そもそも、原子爆弾を落とした国に、国民の安全を託していることが悲しい

”汝の敵を 愛せよ” と言われても、愛することなどできないのである。

”自虐史観”を50年以上続け、卑屈な日本人は作り出せた

しかし、大多数の”大和民族”の民族史観は変えることはできない

中国に阿る理由も無く、韓国に配慮する理由は微塵も無いのである


日本人のような人間の

日本人のような人間による

日本人のような人間のための政治

それを


大和民族の

大和民族による

大和民族のための政治に変えていかなければ”日本国消滅に等しいのである

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『人は本来 善人ではない』

2012年09月24日 | 日記
本当に日本人は人がいいと思う

自慢じゃないが、私は他人は信用しないことにしている

性格が歪んでいるせいもあるが

人生数十年、数え切れないくらいの他人と関わった結果

『人は本来 善人ではない』ことに気づいたから

私本人が性悪だからかもしれない


ごく稀に”良い人”と出会う

胸が痛くなる思い

どうしてこんなにいい人なんだろう

そう思う

そして、裏切られる・・・・その繰り返し


やっぱり”生まれつきの善人”なんて居ないのです


中国との対話

どだい無理な話

政府も外務省も経済界も、馬鹿がつくほどのお人好しとみえる

中国人には日本語の意味が理解できないのだから


対話とは言葉のキャッチボールだと思う

こちらから投げるボールと、向こうから投げて寄越すボールの種類が違う

そう、ルールの違う異種球技みたいなもの



日本が防衛整備をすれば、”軍国化”してると言い

尖閣は日本固有の領土と言っても、中国の領土と言い張るばかり

そんな国とどうやって対話など望めようか

私の知っている中国とは・・・・

国民服を着て、ほっぺたを赤くしている、貧しい国民ばかり

西洋文化から隔離されていた国民は見るからに貧相だった

日本の”ODA”で、経済の恩恵を受け、今の中国に結びついた

感謝しろとは言わない

まともに付き合うなら、共通言語で話し合うべき

核を持つ国とは冷静に話し合うのに、持たない日本とは会話にすら応じない

日中国交正常化40年・・・・・つまらん

どこに国交正常化が見れるのか

これを正常と呼ぶ人間の思考はどうかしてる

人に謝罪を要求するくせに、自らは謝罪しない

明博率いる南朝鮮も似たようなもの


性悪の私から見ても、この二国の国民は”性悪”のエキスパートだ

そんな国とは”国交”なんてして欲しくない

中国・朝鮮と関わって、わが日本は碌な目にあっていない

『疫病神』『ババ抜きのババ』みたいなもの

歴史に学ばないと過ちは繰り返す


『良い人だ』と千回唱えても、うそつきは変わらない

『私は友人です』と言って、背中を向けたら殴られる

『同情するなら金をくれ、土地をくれ、命をくれ』そう言う民族なのだ


いくら言葉に出して百回、千回、万回叫んでもその通りになるわけも無く

呪文を唱えて何とかなるのは、漫画の世界だけなのだ

”平和”を呪文やお経のように、毎朝・毎晩唱えても、平和は歩いてくるわけではない

『竹島は日本の固有の領土』

『尖閣諸島はわが国固有の領土』

そう言い続けて、はたしてそうなったのだろうか?

言うのは勝手だが、それで十分と満足してる日本人が悲しい

竹島を不法占領した経緯、その実情と虐殺行為を知って欲しい


戦争に正義も悪も無い

始まれば大儀も正義もモラルも無い、破滅という目的地にまっしぐら

だから『抑止力』が必要なのである

勝つから始めるのでも、やってみなけりゃ判らないでも無い

どちらにも踏み切らせない事が大事なのだ

そのための抑止を考えたい

念仏や呪文ではない、最も効果のある対処法を

平和教の信者で良いなら、唱え続けるが良い

自分の大事なものを失うときに、気づいたのでは打つ手が無いのである

安に居て危を思う ( あんにいてきをおもう )

『最悪の事態を想定し、最善の方策を採る』とも言う

この機会に最悪について、日本人も真剣に考えてはいかが?


政治家も国民も百年先を見る前に、目の前にある”危機”を直視することが大事

わたしは常々そう考えている

変わり者で偏屈者、性悪おやじの言うこと、役には立たないだろうな・・・・。







* 韓国に纏わるエピソード


カキ生産海域に糞便が流入しないようにトイレの設置を義務化




農林水産食品部は19日、カキの輸出再開のためにカキ生産海域の衛生管理を大幅に強化することにした。

米国食品医薬品局(FDA)は、去る3月、南海岸指定海域で食中毒の原因菌であるノロウィルスを検出して韓国産カキの輸入を禁止した。
FDAは未処理糞便が流入したのが原因と見ている。

農林水産食品部は、糞便が指定海域に流入しないようにトイレの設置を義務化することにした。
縁養殖場は固定式トイレ、漁船・釣り船は移動式トイレを設置するようにした。
指定海域を通る船舶は海上公衆トイレを利用するようにした。

監視員とパトロール船を配置して海域の汚染行為を監視して、下水処理場も拡大する計画だ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次期衆院選 「重点政策案」 

2012年09月23日 | 政治
「速やかに原発ゼロ」=重点政策案を発表 

公明党は22日の党大会で、次期衆院選の政権公約の骨格となる「重点政策案」を発表した。

エネルギー政策では、原発建設の新規着工を認めず、運転期間40年超の原発は原則廃炉にするルールを厳格に適用し、「可能な限り速やかに原発ゼロを目指す」との方針を打ち出した。

 公明党と連携する自民党は党内に原発推進派を抱え、次期衆院選公約ではエネルギー政策について「10年以内に持続可能な『電源構成のベストミックス』を確立する」とするにとどめ、原発存廃の判断は先送りしている。

政権復帰した場合、自公両党の対立の火種になる可能性もある。

 重点政策案は定期検査中の原発再稼働について、原子力規制委員会が新たに策定する安全基準に加え、住民の理解が得られるかどうかも判断材料にすることにした。

 このほか、10年間で100兆円を投資する防災・減災のためのインフラ整備事業や、消費税率8%への引き上げ段階からの軽減税率導入を盛り込んだ。 (2012/09/22)




これで自公の理念の食い違いが露呈した

公明は明らかに自民から距離を置き、維新に擦り寄った格好になった

政権に入ることのみに意欲をみせる寄生虫のような政党

維新が争わないと決めたのも、大阪での持ちつ持たれつの延長であろう

これからは自公ではなく、維公ということになる

ますます維新に政権を担わせてはならないと感じる

残る懸念は、自民が公明との選挙協力をどうするかである

総裁選挙での公明に対する言及がないことに不満が募る

単独過半数を目指すことと、公明との選挙協力は別なのか?

もし、旧態依然とした、選挙協力ありなら、自民党は国民からソッポを向かれる

永田町の論理は世間の論理とはかけ離れている

早くそのことに気づくべきであろう

私は”無党派”であるので、直前まで注視するつもりでいる

現在の状況を考えると、強い自民に魅力はある

だが総論賛成、各論反対では投票行動にはなり得ない

日本を託すのである

上っ面だけの政策・理念では、またぞろ間違いを選択してしまう

経験の無い烏合の衆より、骨の髄まで政治屋に託すのがいいのか

経験値は多いほうが良いこともある

自民が本気で変われるのなら、選択肢としては他党よりポイントは高い

越えるべきハードルはまだ多い


口だけ裏切り 民主を捨て

素人集団 維新を捨て

どこに託すか、悩むところ

私の中では、総合ポイントで現在、自民が頭ひとつリードというところか



国民が第一が静まり返っているのがちと気になる

たぶん台風の目は維新ではなく、こっちだったりして

選挙の”小沢一郎”を侮っては各党痛い目を見ることになる

小沢一郎がそれぞれの足の引っ張り合いを横目に”笑う”のか

相手のさする功名

労せずして『漁夫の利』を狙っているような気がする





原発ロボ廃棄、経産省も、電力会社『事故起きぬ』

東日本大震災に伴う福島第一原発事故で、旧科学技術庁(現文部科学省)の予算

約十二億円で完成した原子力災害用のロボットが廃棄されるなどしていた問題で、旧通商産業省

(現経済産業省)の予算約三十億円で開発された計六台の遠隔操作ロボットも、大半が廃棄され

ていることがわかった。

『官から民へ』を掲げた小泉改革が二〇〇一年に始まり、国が開発から手を引いたことや、電力会社

も『原発事故は起きない』としてロボを必要としなかったためという。 (中略)

経産省原子力安全・保安院によると、旧通産省は九十九年度補正予算に約三十億円の原子力災害

ロボの開発費を計上。

国の補助事業として、三菱重工業など民間四社が〇一年に計六台を完成させた。

 しかし事業を担当する財団法人・製造科学技術センターは、西日本新聞の取材に「ロボの引取りを

電力会社に打診したが、『日本の原発では事故は起きない』と言われた」と証言。

 〇一年三月、ロボを活用した原子力災害対応の必要性を訴える報告書を国に提出したが、

保守管理やロボ改良に向けた公金支出は打ち切られた。

(西日本新聞朝刊 二〇一二年四月四日付)



二〇一一年三月十一日、現実に事故が起こったとき、ロボットが原子炉内に投入されましたが、あの

ロボットはアメリカ製でした。

国家予算でロボットが作られていたにもかかわらず、東電あるいは電力業界はその導入を拒否したと

いうことです。

結局、このロボットはスクラップ扱いとなり、国民の税金三十億円はドブに捨てられる結果となりまし

た。

    (なぜ日本人は、最悪の事態を想定できないのか ー新・言霊論 井沢元彦著より 抜粋)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右傾化する日本

2012年09月22日 | 海外
右傾化する日本=米紙

 【ワシントン時事】21日付の米有力紙ワシントン・ポストは1面で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との領有権争いなどで、日本が右傾化していると論評する記事を掲載した。

 記事は「日本は徐々にだが、右傾化への重要な変化の途上にある」と指摘。
日本の武器輸出3原則緩和や集団的自衛権行使に向けた憲法改正の動きなどを詳細に伝えている。

 その一方で、こうした動きは、戦後、平和主義を掲げてきた日本がようやく、中道に路線を修正しつつあるにすぎないとの識者のコメントも紹介している。(2012/09/22-01:06)

--------------------------------------------------------------------------------

右傾化とはポスト紙の記者の私観である

正常な軌道に修正しただけと思う

日本人は長い間、”平和憲法”に頼る外交を続けてきた

戦争を放棄することが、平和であると勘違いをしてきた

それを修正しようと気づいただけ


中国で起きている反日デモの群衆の中で叫んでみるとわかる

『私は戦争を放棄して、争いが嫌いな日本人です』

大歓迎してくれるだろうか?

非戦を叫ぼうと、憲法に明記しようと、諸外国には何等影響しないのだ

仲良しごっこで平和が護られるなら、現在のような紛争など起きはしない


日本は最近企業も、家庭も商店も、警備保障と契約している

なぜ?

会社の門前に、『当社は争いは放棄します、侵入はご遠慮ください』

『当社の規則では暴力的行為は禁止になっております』

『当家では泥棒は禁止という家訓があります』

読んだ強盗が考え直して退散するのか?

そう書いておけば、毎月の契約料が不要になるのではないか



日本の平和憲法とは、つまりは上に書いたようなものと同じ

日本人が守るべきことであっても、外国人には拘束力は無い

戦争を放棄しても、非戦を唱えても、韓国・中国は挑発を止めはしない

『寝言は寝てからいうもの』

『聞く耳持たぬ』

平和ボケした隣人より、自国の利益が最優先

貰える物は、命さえ奪い取る


警備保障の『米軍』が当てにならなけりゃどうする? 日本国民よ

自分の身は自分で守るしかないのだ

それが”防衛力”というもの

頑丈な鍵や、シャッターに換わるのは、『自前の軍隊』に頼ることである



門前に屈強なドーベルマンがいる家に、泥棒は入りにくいはず

簡単な話だと思うが・・・・

軍隊=即戦争

頭のねじが緩みすぎた人の論理

スイスが民間防衛を実践し、軍隊を持っていても、戦争などしたことが無い

持つことと使うことは別な論理

持つことは『抑止』であって、手段ではない


私は普通の日本人だと思っている

少々偏屈ではある

デモや政治集会に行ったことも無い

反中であり、嫌韓であり、脱米である



アメリカはわが国に卑屈な思想と憲法を与え

日本人の誇りと武士道を封じ込めた

日本は日本らしさを取り戻すべき

そのためには、争わない体制、防衛力を整備すべき

ドーベルマンのいる家には、泥棒は訪れないことを信じて

泥棒を追い払う”心構え”を真剣に考えたいと思う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国の愛し方

2012年09月21日 | 政治
代表再選の野田首相「心から日本を愛している」

民主党代表に再選を果たした野田首相は21日、都内のホテルで、「高揚感より責任の重さを感じる。
これまで緊張感を持って職責を果たしてきた。
苦しさと重みを痛切に感じた1年だった。
私心は全くないと明言出来る。
心から日本を愛している。
今の私に笑顔はないが、笑顔の広がる国を作りたい」などと述べた。




愛しているといっても、その表現の仕方は千差万別


愛する対象の不利益になることを選んでも”愛する”ことになる。


言うのは自由である

私たち国民も日本という国を愛している

愛するがゆえに、毅然とした行動を望んでいるのである


彼の思う愛国心と、私の愛国心は”似て非なるもの”である。

彼は誇りを傷つけられても、痛みを感じない愛国者なのだろう。

日本人の誇りが多少でも有れば、今回のようなことにはならなかった。


総理大臣はなぜ存在するのか・・・・

それは国の進むべき方向を決めるために存在すると私は思っている。

決められないなら必要悪でしかない

いっそのこと政府の各大臣が相談・協議して決めればよいだけの話である。


決められない政治は、トップが決めないから決まらないのである。

自分を総理に押し上げてくれた者への気遣いから決められなくなる。

総理より総理を決めた人間たちが決める政治になってしまう。


これが戦後日本の政治である。

自民党もまた然り、派閥政治による国民不在の政治

国民のほうを向かない政治はいつか綻びを生じる。


基本を忘れる政治家が多すぎる

政治は国のため、国民のために行うもの

その言動がその基本に沿っているか常に考えるべき。

国民に配慮しないで、他国に絶大な配慮をする。


不必要な企業利益に配慮するあまり、国民軽視を平気で行う。

企業利益が優先なのか、国民の生命財産が優先なのか?

もう一度、考えてみる必要があるのではないか。


話は変わる

沖縄のオスプレイ配備反対問題である

沖縄県・山口県・岩国市こぞって反対の報道を見る

私の知る限り、このような事は記憶にない

何がいけないのか?

事故を懸念しての反対と思っていたが、安全宣言も無視する勢い

どうすれば認めるのか、責任ある首長として、きちんとメッセージを出すべき



”反米”のための配備反対なら、何を言っても無駄になる。

違うというなら、聞かせてほしい。

尖閣問題でも、仲井真知事の本音が聞こえてこない。

尖閣は中国の領土と言うのだろうか?

中国は沖縄も領土であると、言い始めている。

沖縄県民を人質にして、中国に寝返るなんてことは無いだろうが。

沖縄から米軍を追い出し、中国に好き勝手にさせるつもりか?

言葉はキャッチボール

発しなければ返せない

ただ反対を叫ばずに、各々首長はしっかりと国民に向けて発言すべきであろう。


日本の国民は、中国の国益も、アメリカの国益も、関係ない。

日本の国益を最優先に考えたい。

何が是で何が非なのかを、責任ある自治体の首長として、本音を発信すべきだと思う。

現在、国の政治のトップが当てにならない状況で、国民がそれぞれ考えなければいけない。

その考える材料を”腐ったマスゴミ”に頼らずに生の声で判断したいと思う。

責任ある”反対論”と、歩み寄れる可能性を、大きな声で発信して欲しいと願うものである。







*中国に纏わるエピソード

あの手この手を使って地権者を篭絡し、石原都知事の面子を潰す形で尖閣諸島の国有化をあっさり決めてしまっている。
東京都が購入しただけならここまで中国の反日デモは悪化せず、日系企業も襲われなかったのではないかと推察する。
怒りの矛先は石原都知事だけに向かい、日本政府は「都が勝手にやったことだから」でお茶を濁す事も出来たはずである。

それをやらなかったのは、野田首相がアメリカから尖閣諸島を国有化するように仕向けられていたからであり、尖閣問題で中国を挑発し、暴発させることが最初から計画されていたのではないかと思えるからである。
反日デモで外資が引き上げ、中国経済が大打撃を受ければ、最も利益を受けるのは円高で苦しむ日本ではなく、ドル安のアメリカである。
中国の生産力が低下し、輸出が低下すればアメリカの製造業は息を吹き返す。
仮に極東地域で戦争が起こっても、主に血を流すのはアジア人であり、高価なアメリカ製の兵器も飛ぶように売れることだろう。

どちらに転んでも損がない、日本の陰に隠れているので批判されることもない。
アメリカとしては最も上手いやり方と言えるのではないだろうか。
中東地域で起こる反米デモ、極東で起こる反日デモ、日米が足並み揃えてデモで糾弾されるとは、随分と仲の良いことである。
自分には何か次の戦争が巧みにクリエイトされているように見える。
どの道、中国が反日デモを鎮圧出来なければ、国内を一致団結させる手段として戦争という手段に出る可能性は否定出来ない。

独裁国家でオリンピックを開くと10年以内に体制が崩壊する。
普通に考えると単なる荒唐無稽なジンクスだが、これで実際に中国の体制が2018年までに崩壊すると、2ch上では『あの国のあの法則』と同様に世界の絶対法則に格上げされるかもしれない。
日本としては、中国の暴走が止まらないのであれば、この機に乗じて最終的には核武装と憲法改正、国内の反日勢力の殲滅を実現したいところである。
核保有国に対抗するのには核を持つ以上に有効な防御手段はない。
もう一度核を打ち込まれて「過ちは繰り返しません」といううわ言を繰り返していたならば、日本という国はあっという間に滅んでしまうことだろう。

FC2ブログより (抜粋)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日中関係の修復 中国への対話呼び掛けを

2012年09月20日 | 政治
政府、中国に対話呼び掛け本格化
2012年 09月 20日

国内政治ニュース(共同通信)
 
野田政権は20日、沖縄県・尖閣諸島の国有化に反発する中国国内の反日デモがひとまず沈静化したことを踏まえ、緊迫した日中関係の修復に向けた中国への対話呼び掛けを本格化させる方針を固めた。
玄葉光一郎外相は国連総会出席のためニューヨークを今月下旬に訪れる際、外相会談の開催を目指すほか、外務省局長級協議も検討する。
ただ中国側は指導部が対日非難を繰り返すなど強い反発姿勢を崩していない。




腰砕け外交を止めようとしない野田政権

ここまで役立たずの首相は記憶にない。

政治家に備わっていなくてはならないものは・・・・国家観である。

一国の宰相が、国家観無くして、国をどうする腹積もりなのか。


拝金主義の商人ではない、国のトップが国の威信を貶めてどうする。

口先だけで”毅然”を安売りしても、国民の多くが評価をしていない。

新宿の演説会が真実を見せてくれた。

泣きたい気持ちになったのだろうか?

しかし間違ってはいけない、泣きたいのは国民である。

扇動されたとはいえ、国民の多くが民主党を支持した結果である。

しかしながら、民主党を選んだのであって、野田氏を選んだのではないという。

今更そんなことを言う国民はどうかしてる。

現行制度では、国民が首相を選ぶことはできない、それが現実である。



この国は『性善説』で物事を推し量る。

国民のために全身全霊を捧げて、政治活動する人間などいないと思ったほうがよい。

そんな聖人君子など、この世にはいない。

それは”完璧な人間”を望むことの異常さを知るべきである。

それでもある程度の、言動を望むのは人情である。

その程度が高いわけでもないのに、今の状況を見れば泣きたくなるのは、間違いなく国民であろう。

せめて・・・これくらいは・・・どうして?・・・・。

あまりの不甲斐無さに、私のような素人でさえ、異を唱える始末である。


このまま日本という国が存続すれば、間違いなく『憲政史上最悪の首相』といわれるだろう。

万が一、この日本という国が消滅すれば、『中華』『朝鮮』にとって、『最高の首相』になるだろう。

どちらに転んでも、希望通り政治家として、『名』を残すことになってしまったと思う。


どんなものにも”潮時”というものがある。

今からでも遅くない、国民に信を問うことを、決断できないだろうか?

それが国民にとっての『危機回避』になる事は言うまでもないと考える。










* 勲章に纏わるエピソード


英国の勲章は勲位の高いものから以下のようになる。

・ガーター勲章(Order of the Garter 日本人は明治、大正、昭和、今上天皇が授章

・シスル勲章(Order of the Thistle)

・聖パトリック勲章(Order of the St.Patrick)

・バース勲章(Order of the Bath) 日本人は桂太郎が授章

・聖マイケル・聖ジョージ勲章(Order of the St.Michael and St.George) 日本人は松方正義が授章

・英帝国勲章(Order of the British Empire)

・メリット勲章(Order of Merit) 日本人は山県有朋が授章

・コンパニオン・オブ・オナー勲章(Order of the Companion of Honour)

・ロイヤル・ヴィクトリア勲章(Royal Victorian Order) 日本人は東郷平八朗が授章

・帝国功績勲章(Imperial Service Order)

日本の場合は明治から今上天皇まで歴代天皇はガーター勲章を受勲。

有色人種でガーター勲章を受勲した人間は、日本の天皇陛下以外に存在しない。





日本の最高位勲章、大勲位菊花章頸飾

日本の最高位勲章、大勲位菊花章頸飾は、2009年現在の現存者で日本人で佩用しているのは

今上天皇のみ。

外国人ではイギリス女王のエリザベス2世、タイ王国のプミポン国王、アメリカ合衆国大統領のドワイト・

D・アイゼンハワー(1953 - 1961)大統領が受勲。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在日韓国・朝鮮人ら特別永住者の地方行政への参加

2012年09月19日 | 政治
特別永住者の行政参加も=橋下氏「議論の余地ある」

 国政新党「日本維新の会」の代表に就任予定の橋下徹大阪市長は19日、在日韓国・朝鮮人ら特別永住者の地方行政への参加について、「特別永住者が多い大阪では、コミュニティーのルールづくりに何らかの関与をしてもらうことには、議論の余地があるのではないか」との認識を示した。市役所内で記者団の質問に答えた。

 橋下氏は「一般的な外国人参政権(を認めること)は反対だ」と強調。
その上で、特別永住者の意思を地方行政に反映させる余地のある事例として、保育所設置や水道料金の問題などを挙げた。

 また、特別永住者の制度自体に関しては「未来永劫(えいごう)残すものではない。(在日韓国人らが)4世、5世、6世になってくれば、韓国人と日本人のアイデンティティーのどちらかを選択してもらうことが必要だと思う」と語った。(2012/09/19-13:15)

--------------------------------------------------------------------------------




すべて大阪を基準に物事を語る市長。

大阪市長として発言しているのか、政党党首としての発言なのか不明である。

在日が多いから、行政参加も有りと言うなら、在日の少ない地方は無しということか?

道州制に移行して、在日参政権を認め、在日のための在日による、在日の大阪を作るのか。

さらに、在日票をバックに”大阪カジノ”構想を具現化する魂胆か?

そのための韓国との関係強化を政策に盛り込んだと言うことになる。


道州制・・・・・

賛成する議員も多いと聞く。

この案、冷静に考えなくてはいけないと思う。

今現在、東京の一極集中の是非が問われている。

道州制にすれば、州都に集中するとは考えられないか。

大阪に物・金・権限が集まり、神戸・京都・大津あたりはどうなるのか。

仙台にしても然り、その他の県の県庁所在地は、蚊帳の外にはならないのか?

各州に東京のコピーができるだけではないのか。

国民が不利益を伴う改革は、痛みだけを残すことになってはいけない。

小泉改革の先例もある、弱い者だけが痛い目を見る、そんなものは改革ではない。

痛みだけ残り、実感として何も得られない、そういうのを改悪と呼ぶ。

国民は”甘い言葉””痛みを伴う改革”には、ひどい目にあっているのが現実。

改革をする事によって、何が得られて、何を失うのか。

そしてその改革は誰がどんな責任を負うのか、明確に示さなければいけない。

耳障りのいい言葉には、ほとほと嫌気が差している。



そういえば、こんなときに”小泉改革”が行われたのであった。

『痛みを伴う』こんなちょっときつい言葉が、新鮮に感じたものだった。

結果『 痛みだけが残った改革』であったことを今になって知る。

過疎地の郵便局も、毎日の営業を止められ、週1~2日のサービスになると聞く。

都会の人間の意識で物事を決め、小数の声は置き去りにされてしまう。

これが改革の実態である。


改革の先にある『 目的地 』をきちんと示すべきであり。

何が国民に与えられ、何を奪われるのかを、政治家は伝えなくてはいけない。

単なる政治家の夢に付き合わされる国民は大迷惑である。

国民も夢のような話に惑うことなく、現実をしっかり見て、選択しなければダメ。

美味い話には裏があるという、選挙のたびに痛みだけが残ることだけは、避けたいものである。







* 韓国に纏わるエピソード


甕は重いでしょう。樽だと楽なんですが、それがないんですよ。
だから升に入れて、車がないから、チゲといって全部背中に担ぐ。
王朝の宮廷に地方でとれた蜂蜜を届けるんですけれども、そういう時は四角の升です。
それを組み合わせて木釘で打ったものに蜂蜜を入れて、背中に担いで山越え谷越えするものですから、着いた時は半分ぐらいないという状況になる。
もっとすごいのは、李朝には商店がないんですよ。
御用商人の商店が一カ所に集まっている。でも戸が閉まっている。
要するに、宮中の御用をするだけなんですね。

一般の民衆はどうかというと、みんな市場で買い物をします。北朝鮮と同じなんです。
開いている商店というと、筆屋とか真鍮の食器屋ぐらいですね。
両班(ヤンバン)のうちで使うから筆屋と食器屋はある。
帽子などは地面に広げて売っています。商店というものが全然ないんですね。
これは儒教のせいではありません。初めからずっとないのです。
北朝鮮も同じで商店がない。
闇市しかないわけです。

刺激的な内容である。
では朝鮮の誇る青磁・白磁はどうか。

李朝には顔料がないです。だから、赤絵の壷がないでしょう。
薄ぼけた赤いのがあることはありますが、ほぼ全部真っ白。
赤絵の壷がないというのが大きな特徴です。
柳宗悦が「朝鮮の白は悲哀の色」といったのですが、それは本当は貧しさの悲哀のことです。
顔料がないのです。
コバルトをすこし発色できるだけでしょうか。だから衣も民衆は全部白です。

上流はみんな色付きです。中国から取り寄せて上流階級では色の付いたものを着ている。
また地方の農村でヤンバンが御用の染料屋に衣を染めさせるという記録はあります。
でも下層は麻や木綿地の白ですよ。
それを川辺で棒でたたいて洗濯をするものだから、ますます白くなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過激な反韓デモ新大久保にて

2012年09月18日 | 政治
中央日報 latest news中国に殴られた日本、韓国に腹いせ?…過激な反韓デモ
2012年09月17日17時33分

日本の極右団体の会員が韓国人タウンで反韓デモをした。日本ニュースポータルJPNewsは15日、日本の極右団体が東京新大久保で大規模な反韓デモを開いたと報じた。

日本の極右団体「日本侵略を許さない国民の会」の会員およそ100人は15日、東京新宿の柏木公園に集まり、午後4時から約1時間半ほど市街地を行進した。

会員は旭日旗とともに「天皇陛下を暗殺しようとする朝鮮人を追放しよう」「竹島を朝鮮人に奪われた。

日本人たちは目を覚ませ」「kill KOREA」などと書かれた紙を持って新宿駅から新大久保まで行進した。一部の会員は韓国人が運営する店が見えると、攻撃的な姿勢を見せたりもした。

韓流ショップでショッピングを終えて出てきた30歳代の日本人女性は「いくらデモとはいえ、ここにいる市民はほとんど日本人なのに、このような過激な行動するのは理解できない」と話したと、JPNewsは伝えた。




発炎筒の投げ込み、ロシア領事館での車放火事件

相手と同じレベルでの争いは何も産まないような気がする。


ただ黙って静観しろとは言わない、が日本人らしい抗議の仕方があっていいと思う。

それぞれ国には土壌がある、下地というか、キャンバスのようなものと言ってもよい。

日本人に過激なデモは似合わない。

日本はできることを淡々と行えばよいと思う。


中国が経済制裁をちらつかせ始めた、これは願ってもない好機である。

経済制裁は経済力の上位の国が行うものと決まっている。

中国が自ら上位と認めれば、ODAなど一切援助することはなくなる。

いや、有償分を返還して貰うとよいのである。


海軍の投入をちらつかせれば、海自のイージス艦などを配備すればよい。

戦争をしろということではない、覚悟の問題である。

理不尽な所業には、断固たる対応をする明確な態度を、見せなくては外交とは言えない。

領海侵犯されて、黙って大人しくしているのは、わが国日本だけである。

拿捕するのは当然、ロシアでは反抗的な態度の密漁船は、攻撃して沈没させもする。

これが『毅然』とした対応である。

 

毅然とは・・・・・

国を護る、国民の生命を護る、国民の財産・生活を護る、その強い意志を表す言葉であるはず。

口先だけで軽々に”毅然”を言ってもだれも納得・評価はしない。


毅然とした対応・態度が見えてこない。

そのことに国民は苛立ちを覚え、その結果が数々の軽率な抗議行動に現れる。

静観しても責任追及され、行動しても責任を問う声はなくなりはしない。

それが国民である。

一国の宰相とは何をすべきで、何をすべきでないかが、問題なのである。

相談・熟考しても”船”は進まない。

決断するために日本国総理大臣は存在している。

違うだろうか?

国民の思いを無視して、消費税増税を決めたのなら、決断することは可能であろう。

総理としてその職に留まるつもりなら、決断することが課せられた責務であると思う。

決断すること無理というなら、即時解散し国民の声を聞くべきと私は考える。









* 韓国に纏わるエピソード


韓国政府とハンナラ党は中国の違法操業を根絶するために、銃器使用を強化して韓中間の常設高位級協議体を作ることを推進する。

任鍾竜(イム・ジョンリョン)国務総理室長は26日午前に政府与党協議を終えた後にこうした内容の関係官庁合同違法操業根絶総合対策を発表した。

総合対策によると、違法操業根絶強化のため2016年まで9324億ウォンを投じ、来年に優先的に所要予算1084億ウォンを支援する。

まず西南海岸に大型艦艇を9隻増やす一方、10メートル級高速ゴムボート18隻を2014年までに全て新型に交替するなど取り締まり能力を強化する。

また、艦艇運営人材191人を増員し海上特殊機動隊要員342人全員を特殊部隊出身に変えるという原則でまず来年に既存の54人から156人に増やす方針だ。

特に高速ゴムボート乗船人員8人のうち2人だけに支給した銃器を全員に与え、生命の脅威を感じたり公務執行が不可能だと判断される場合には、ただちに銃器が使用できるよう年内に単純化された銃器使用ガイドラインをまとめることにした。

また、韓中の関係当局間に常設高位級協議体を作り、違法操業根絶対策を議論する専門担当チャンネルとして活用する計画だ。
このため中国政府の積極的な管理・監督が先決課題という認識により27日に開かれる第4次韓中高官級戦略対話で違法操業再発防止問題を深く議論することにした。


韓国ですら、中国密漁船の対応をしているのに、わが国はただじっとしているだけの政府である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

維新、みんなの党と対立決定的

2012年09月18日 | 政治
維新、みんなと対立決定的…競合区に候補擁立へ

 【ヤンゴン=山村英隆】地域政党・大阪維新の会が設立する新党「日本維新の会」は、次期衆院選でみんなの党と競合する小選挙区にも公認候補を擁立する方針を固めた。

 新党の幹事長に就く松井一郎・大阪府知事が17日夜、訪問先のミャンマーで記者団に対し、「政党が別々だから選挙で争わないといけない」と述べた。維新はみんなの党との選挙協力を模索してきたが、今後の対立は決定的となる。

(2012年9月18日07時42分 読売新聞)




物も言いようである。

松井知事の言う事は、政党が別なら選挙で争うと言う事か。

ならば問う、全国九箇所の”公明党”の出馬地域の問題はどうなる。

九箇所には立候補しないと言うのは、争わないと言う事ではないのか。

特定の目的を目指すあまり、ちらほら出てくる整合性のない言葉。


私が感じている事、維新とは何を目指しているのかが見えて来ない理由。

大阪府を立て直すには、まず大阪市を変える事、府と市が一致する事。

それには中央省庁の権限が邪魔をする。

それなら省庁の権限を弱めてしまえ。

抵抗されるのは必死、ならば国会を変えればよい。

ついでに政府の一部、若しくは政府そのものになればよい。

だから、根本を変える事を”明治維新”になぞらえて、維新の会。

行政改革だけでは、政策にならない。

元省庁のOBをブレーンに迎え、可能性はさておきの”短冊”政策作り。

全て付け刃のような方針、整合性の無いことは自明の理。

大阪府市の議会運営に、公明議員の協力が不可欠。

口ではなんと言えども、数の論理が議会を動かす。

地方と中央は別と言っても、やはり大阪の現状を思えば公明切りは無理。

違う政党と言いながら、争わない理由はここに有る。



『 問うに落ちずに 語るに落ちる 』

まさに松井知事の言葉は、自らの言動の整合性の無いことを公表した。



時間はまだある。

しっかりと、現在・過去・未来を考え、政治の矛盾を見逃さないように。

早晩、自民・民主も俎上に上がる事になるだろうが・・・・。







* 韓国に纏わるエピソード


韓国の技術競争力が米国・日本など他の経済協力開発機構(OECD)加盟国より低いレベルであることが分かった。

10日のOECDによると、2010年の韓国の技術貿易収支倍率は0.33で、統計が確保されたOECD25カ国のうち最も低かった。 技術貿易収支倍率とは、技術輸出額を技術輸入額で割ったもので、数値が低いほど該当国家の技術競争力が低いという分析が可能だ。

韓国は技術輸出額が輸入額の3分の1にしかならない。
技術貿易で黒字を出すほど累積した源泉技術が足りないという意味だ。

倍率が最も高い国は日本で4.60だった。
この数値は韓国の14倍。
技術貿易の規模が他国に比べて著しく小さいエストニアを除けば、ノルウェーが2.07で日本に次ぐ2位、次いでスウェーデン(1.98)、英国(1.81)、オーストリア(1.57)などの順だった。
世界最高の技術輸出国の米国は1.46だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加