花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

勝手な都合?がまかり通る日本

2017年06月22日 | 皇室

両陛下、演奏会を鑑賞…皇太子ご夫妻も同席



 天皇、皇后両陛下は22日、皇居・東御苑の桃華とうか楽堂で、宮内庁楽部職員によるクラシック音楽の演奏会を鑑賞された。
 演奏会は同庁の関係者らを招いて行われ、この日は皇太子ご夫妻も同席された。両陛下はハイドンの交響曲など4曲の演奏を聴き、拍手を送られていた。宮内庁楽部は雅楽が有名だが、宮中晩餐会ばんさんかいなどの場では管弦楽も演奏している。

2017年06月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








顔ぶれを見ると「尊崇」とか「敬意」とかの感情がわいてこない・・・

身勝手なご都合ばかりで、外国の招待には出かけないが、家族旅行のスキーには

率先して出かける「なんちゃって皇太子妃」


公務が負担と言いながら「憲法違反の退位騒動」で赤子の心を悩まし

絵画鑑賞や演奏会には頻繁にお出ましになる「ますます元気な両陛下」


とても皇族とは思えない外国での無様な失態をこともなげに「すまし顔の皇太子」


皇室典範は国民が守るべき規則ではなく、皇族が遵守しなければならない「決まり事」である

それを守らない現皇室、守らせない安倍政権に失望と怒りがこみ上げてくる・・・


なぜ【摂政】ではいけないのかを議論しない愚か者たち・・・

なぜ典範に定めのない「譲位」なのかをきちんと国民に語らないのだろう?


高齢で公務が負担なら若い世代が「代役」を務めればよいだけ

それが【摂政制度】ではなかったか・・・・


「仕事はやりたくないが今までと同じように金だけは寄越せ」

歳費は従来通り必要だと言う論理にも納得できない・・・


酷な言い方だが・・・「働かざる者 食うべからず」という言葉が有る

「仕事は嫌だが 高い給料は欲しい」 という言葉を聞いたことがあったが

そんな現代の「チャラい兄ちゃん」の台詞でもあるまいに・・・・

これが二千数百年続くと言われる天皇家の現実である


病気(適応障害)について何も発表しない宮内庁・病院関係者たち

陰で暗躍する「某組織」の報復が怖くて、真実を語れない医療関係者

誰が考えても「おかしい事はおかしい」のであって、それを問題にしない

日本と言う国・・・


政事云々など語る前に、国の支柱が倒壊しそうである

カケ問題・モリ問題もこの暴挙に比べれば些末な問題でしかない

日本が日本である根拠が消滅しようとしているのに、未だに「お可哀想」

とか「女性宮家創設を」とか語っているお花畑愚民・・・


主権は国民に在らず

一部の国賊によって好き放題にされているのが、日本と言う国の真の姿かもしれない。



『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南朝鮮のまともな決断 | トップ | 常に他人事の現代日本人 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お邪魔いたします (ミルティリおばさん)
2017-06-27 15:10:09
仰るように、森友・加計疑惑は
些事ですね。
英霊貶めの日韓合意も、
モンサント法もカジノ解禁もまた、
こんななぁ、憲法改正の前には
ゴミのようなものですわね。

しかし、我が国の”立法府の長’は、
改憲に民進党の意向を反映させているような。
女性天皇に関しても、正面から反対しているわけではない。
皇室典範、天皇陛下、安倍さんの絡み合いは、どう進展するのか見ものです。
(不届き、不遜、不敬を失礼いたします)

憶えておいでではないかもしれませんが、安倍さんは野田さんに、昔、
”国会議員数を削減する”と声高に
明言して民主を落としましたよね。

自分のブログには、こうしたことは、
もう書く気がしません。
(でも恐らく書くでしょうけれど)

皆様とお会いなさるのですね!
お楽しみに!
お目をお大事に。
再び、お邪魔します。 (ミルティリおばさん)
2017-06-28 02:02:50
大きな皮肉で書いたつもりなんですよ、
モリカケ疑惑は些末事だと。
言葉通りにお取りになるかたも
いらっしゃるかと思いまして、もう1度。

とんでもない、
モリカケは職権乱用の政治の私物化です。
隠しに隠してとんでもないことを
しでかしているわけです。
これに疑問を持たない人の思考回路は理解できません。

最近よく読んでいますのは、
故三宅博議員のHPと
野田佳彦元総理のブログ、瓦版プラスです。野田さんは、女性宮家に関して
「創設しないと皇族の方たちが減少してしまう」
と仰っています。この考え方には
私は反対ではないのですが。

それから安倍さんは、どこまで誠実に
皇統継承を考えているのかは疑問です。

どうもお邪魔しました。
お目をお大事になさってください。
ミルティリおばさんへ (長屋の爺)
2017-07-03 22:06:26

こんばんは

返信遅くなりました・・・

百人居れば百通りの「自説」があります

モリ・カケ問題も真実は未だ明かされていませんので、何ともコメントしようが有りません(悪しからず)

私の持論は世の中「是々非々」が大事
人にも組織にも「盲目的」になる事を軽蔑しています・・・やはり変わり者ですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。