花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

日本の裁判官は北の核並みか?

2017年07月29日 | 裁判

高校無償化、朝鮮学校除外は違法…大阪地裁判決


大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を国が高校授業料無償化の対象から除外したのは、平等に教育を受ける権利の侵害だとして、学校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」が、国の処分取り消しなどを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は28日、国の処分を取り消し、学園を無償化の対象にするよう命じた。

 西田隆裕裁判長(三輪方大まさひろ裁判長代読)は「教育の機会均等とは無関係の外交的、政治的意見に基づく処分で違法、無効だ」と述べた。
 同種の訴訟は東京など全国5地裁・支部で起こされ、判決は2件目。19日の広島地裁判決は「国に裁量の逸脱があったとはいえない」として、広島朝鮮高級学校側の請求を退けており、判断が分かれた。
 2010年4月に導入された無償化制度では、外国人学校も文部科学相の指定を受ければ対象となる。しかし、国は13年2月、大阪を含む全国10の朝鮮高級学校について、「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)や北朝鮮との密接な関係が疑われ、就学支援金が授業料に充てられない懸念がある」などとして不指定を決定。さらに、文部科学省令を改め、無償化の対象となる外国人学校から朝鮮学校を外していた。
 文科省によると、昨年5月1日時点で、朝鮮高級学校は全国に11校(休校1校)あり、生徒数は1389人。

2017年07月28日 Copyright © The Yomiuri Shimbun











教育の機会均等は「日本人」に限定して考えるべきではないか

日本の国内法は日本人を対象にすべきであり

在日外国人は別途細則などで処遇すればよいと思うが・・・


外国人にばかり血税を使用するのは如何なものか

生活保護法すら守れない日本政府、ハッキリと日本国籍を有するものと

規定されているのに、未だに改めようとはしない自公党政権・・・

* 生活保護法

 日本国憲法第25条に基づく生存権保障の公的扶助であり、国の責任において

 生活に困窮するすべての国民に対する、最低限度の生活保障と自立の促進を目的とする


そういう明確な法運用・順法意識が無いから、こういう訳のわからない裁判官が

出てくるのかもしれない


北朝鮮の核は外から飛来して日本を破壊するが、日本国内では在日と裁判官によって

ジワジワと真綿で首を締めるように破壊されようとしている


安倍晋三氏一人の責任ではない

無駄に税金で暮す「クズ議員たち」の怠慢から起きているのだ


「日本ファースト」でいいじゃないか・・・

「都民ファースト」でも構わないじゃないか・・・・

「韓国マンセー」とか「日中友好」とか「日露友好」というお題目を

唱える似非日本人より、【自分の国が一番大事】のどこが悪い?


地元の事を放っておいて、「安倍やめろ!」と馬鹿な事をいう議員たち

そんな戯言をいう暇があるなら、郷土のためになる事を一つでも多く実行すべきだ

その為の選挙区選出の「国会議員」なのだから・・・


ジャンル:
学校
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの蓮舫氏を「ジャンヌダル... | トップ | 相変わらずのNHKの偏向報道 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
裁判官に滅ぼされる (路傍の石)
2017-07-30 10:46:39
長屋さん、
おはようございます、

日本の司法は憂うべき事態になっています、
門田隆将氏が言う「裁判官が日本を滅ぼす」
意図する在日達の深謀遠慮が実現しつつある。

司法よお前もか、お前の庭にもとうとう在日が。
日本人は性根を据えてこの卑劣韓に立ち向かおう。
在日だけじゃない (長屋の爺)
2017-07-30 22:24:38

こんばんは

苫小牧駒澤大の問題を観れば、在日だけでなくシナにも侵食されてきている現実があります

理念なき細菌に侵されている日本人は既に破滅に舵をきったのかもしれない

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

裁判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。