花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

東宮のコーム 若手警察官の発表会出席

2014年11月14日 | 皇室


 
皇太子さま、若手警察官の発表会お聞きに


 皇太子さまは14日、東京都府中市の警察大学校で開かれた全国青年警察職員意見発表会に臨席された。

 21~35歳の若手警察官10人が「警察職員としての使命感と誇り」をテーマにスピーチ。犯罪被害者に寄り添って支える大切さを実体験から学んだことなどを紹介した発表に皇太子さまは客席で耳を傾けられた。

 発表会後に10人と懇談し、長野県警山岳遭難救助隊員の藤沢周平巡査(23)には「御嶽山の噴火の中での救助は大変でしたね」とねぎらわれたという。



巷間の声が聞こえたのか

最近俄かに「御公務」が増えた皇太子

この「ぼっち公務」は定番化されてきた気がする

あのM皇太子妃の病は

オランダ国王の歓迎は差しさわりは無いが、下賤の前に出る

「公務」は大きな差しさわりがあるご病気と見受けられる

腐っていても「鯛」である

どんな人物であっても、東宮は「東宮」なのであり

真正日本人は露骨に批判することなどするはずも無い



集団的自衛権のように、皇室典範も過大解釈してはどうか?


【公務に著しい障害が認められる精神病の皇太子妃は「皇后」に

就くことはできない】



まさしく正論だと思っているのだが


皇族には存在するだけで、税金を謹呈するべきでない

その額に見合った「皇室行事」「宮中祭祀」を負わなければならない

皇太子妃だから「偉い」のでもなく、「尊い」のでもない

国民のために「祈り願う」姿勢に国民は頭を垂れるのである


日本は天皇が居たからここまで発展してきた

これは間違いない事だと思っているが

その天皇が「案山子」や「ぬいぐるみ」であって良いわけではない

あくまでも【日本国の元首】であり、【日本の祭祀王】の資質が

備わっていなくてはならない



公務をやっています・・・というパフォーマンスだけでは

国民は尊敬も敬いもしない

巷では「東宮のコーム」と野次る人も居る

皇太子には「櫛(くし)」が良く似合うらしい(笑)


 (不敬な表現についてはご容赦を・・・・)





ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「24時間以内に死んでくれ... | トップ | 田母神、西村両氏 次世代の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室」カテゴリの最新記事