花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

不毛なやり取りに怒りが・・

2017年06月16日 | 政治
内閣府側と文科省側、言い分の違いが浮き彫りに


 「総理の意向などと伝えた認識はない」――。
 学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設を巡り、内閣府側から早期開設を迫られたとする文部科学省の文書が確認された問題で、山本地方創生相は16日、内閣府側が安倍首相や官邸の「意向」を背景に働きかけた事実を否定した。ただ、文科省側は前日に発表した再調査結果でこうした趣旨の発言を聞いたとする職員の証言を載せており、言い分の違いが浮き彫りになった。
 国家戦略特区を所管する山本地方創生相は閣議を終えた午前9時40分、報道陣の前に硬い表情で現れ、内閣府の調査資料に目を落とし、「個別のプロジェクトについて総理の指示は一切なかった」などと早口で述べ、「(内閣府側が)総理の意向、などと伝えたことはないと確認した」と重ねて強調した。

2017年06月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








言った 言わないという不毛な問答の繰り返しに辟易している有権者

「天下り」という役人の聖域に手を入れた政府に対する「役人ども」の意趣返し

そんな雰囲気すら感じてしまう・・・・


文科省に問うべきは、圧力があったとしてその「意向」に沿う結果にしたのは役人たちである

ことは間違いない事で・・・

圧力が無かったとすれば、どうしてそういう結果になったのかがまるで見えてこない・・・


仮に圧力があったと想定した場合、それに屈した役人の責任は極めて重大である


そもそも今回のような問題の根底には、【責任を取らない公務員システム】が

存在するからではないか


自ら責任を取る法規制が有れば、圧力に屈したり、忖度する必要がなくなるはずだ・・・


公務員制度改革が有名無実になっていたことを実証する問題であり

役人はその業務に関する一切の責任を負うべきであり、責任を取ることによって

国家・国民のための職務が全うできると私は考えている


役人の顔色をうかがう「腰掛大臣」や「名誉職大臣」「お飾り大臣」ばかりでは

いつかはこういう「役人の反乱」を引き起こすことは想像できた話である



とかくお花畑日本人は、代議士や役人が国民のために汗をかく姿を観ると、驚喜するが

本来かれらのそのような言動は特別に「褒められるべき行為」ではない

国民のために汗をかくこととは・・・最優先されるべき彼らに課せられた【使命】なのである



国民のために不利益になる行為を「押し付けられ」たとしても、主権者のために「はねのける」

気概があって然るべきなのであり、その為には「責任を取る公務員制度」が必要だと

私は感じている


さらには政府が言う事が真実と仮定するならば、そういう虚偽問題を引き起こした場合にこそ

「責任を取る公務員制度」による罰則・懲戒処分が必要だと言う事になるのではないだろうか。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実を無視する二階先生の戯言 | トップ | 南朝鮮のまともな決断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。