花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

国歌・国旗を否定する日本人はどう応える

2017年09月01日 | 海外
国歌侮辱禁止、替え歌で拘留も…中国で法案成立



【北京=東慶一郎】
中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は1日、国歌を侮辱するような替え歌などを禁止する「国歌法」を可決、成立させた。

 施行日は、中国の国慶節(建国記念日)にあたる10月1日。10月の共産党大会を前に、習近平シージンピン政権には、国民の愛国心を高める狙いがあるとみられる。

 中国の国歌は、1930年代の抗日映画の主題歌「義勇軍行進曲」だ。「立て、奴隷となることを望まぬ者たちよ」の呼びかけで始まる有名な歌詞で、2004年に正式に国歌として憲法に規定された。

 国歌法では、公共の場所で悪意を持って歌詞を変えた国歌を歌うなどした場合、15日以下の拘留に処せられる。
商業広告に用いることや個人の葬儀などの不適当な場所での使用も禁じた。
愛国主義教育のため、小中学校で国歌の歴史や精神を学ぶことも義務づけられた。

2017年09月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun









確かに国歌・国旗を大切にしない国民は日本だけである

その国歌・国旗に関する法規定が無いのも日本らしいと言えば言えるのだが・・・


自衛隊法しかり、国歌・国旗法しかり、生活保護法しかりである

言わなくても分かり合えるのは過去の話

反日日本人がわんさか出没する現代において

重箱の隅を突いて、揚げ足をとる似非日本人議員ばかりの政治においても

沈黙は金などではない

言わない言葉は伝わらないし、定めの無い通例に法的な効力はない

これが自民党がおざなりにしてきた日本社会の現実である


国歌や国旗を「軍国主義」「戦争」に結びつけたがる民進党・共産党など

シナの国歌法についてどう応えるのか知りたいものだ(笑)


自分の国の国家や国旗を世界中で出していながら、国歌・国旗の法規定が無い事の矛盾を

敵国シナに指摘されたようなもので、何とも複雑な思いがしてくる


現在のGHQ憲法の不備を探せば山のようにあると言える

なぜ、いま、憲法改正なのか?

こんなところにも大事なヒントが隠れているのである。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の有権者の皆さんへ | トップ | 正月の神社の一人だけの目撃者 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愚かしい国と、笑えません (onecat01)
2017-09-01 21:21:12
長屋殿。

 いつもは中国を、愚かしい国と蔑視しておりますが、国旗と国歌を、かくも大切にする所はを見直したくなりますね。

 いつものように、ちとやり過ぎの中国なのに、共産党や民進党など、日本の反日議員たちは一言もコメントしないのですね。

 だがこんな反日野党より、日本の状況を72年間も放任した保守自民党は、まさしくも腰抜けでしたね。自民党こそ、しっかりしなくてはなりません。
onecat01さんへ (長屋の爺)
2017-09-02 20:45:10

こんばんは

小池都知事を「決められない」と糾弾する人は、この現実をどう釈明するのか・・・

72年間「なおざり」にしてきた責任は歴代政府・政治家にあります

国旗を燃やされても。「遺憾」で済ましてきたヘタレ国家ですから、何をかいわんやですね(笑)

共産党にも言いたい放題言われている国歌・国旗問題です、ここらへんできちんと法整備するべきでしょう安定多数の間に・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。