花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

被害者を置き去りにした愚かな人権発言

2016年10月08日 | 社会


日弁連

死刑廃止を宣言…「国家による人権侵害」


 日本弁護士連合会は7日、福井市で開かれた人権擁護大会で、「2020年までに死刑制度の廃止を目指し、終身刑の導入を検討する」とする宣言を採択した。日弁連が死刑制度の廃止を明確に打ち出すのは初めて。全国の弁護士が集まる同大会での宣言は日弁連の活動方針となる。死刑廃止を巡る議論や活動に影響を与えそうだ。


 採択されたのは「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」。提案理由で日弁連は「死刑制度は生命を剥奪する刑罰で国家による重大、深刻な人権侵害」と説明。死刑が確定した「袴田事件」の再審開始決定(検察側が即時抗告中)が14年3月に出され、元死刑囚が釈放されたことなどから「冤罪(えんざい)で死刑が執行されれば取り返しがつかない」などとした。

 また、国連の死刑廃止決議に多くの国が賛同していることから「国際社会のすう勢に従って死刑制度と決別すべき時期が来ている」と言及。国連犯罪防止刑事司法会議が日本で開かれる20年を死刑廃止の目標時期とした。

 一方で、犯罪被害者や遺族の支援を「重要な課題」とし、精神的なサポートや給付金の支給を拡大することを提案。死刑を廃止する代わりに、終身刑の導入を検討すべきだとした。無期懲役刑を見直し、仮釈放が可能になる時期を従来の10年から20年か25年に延ばす「重無期刑」の導入も検討課題としている。

 採決には弁護士786人が参加。犯罪被害者支援に取り組む弁護士らから反対意見が出たが、半数を超える546人の賛成で採択された。反対96人、棄権144人だった。

 死刑廃止問題を担当する木村保夫副会長は採択後の記者会見で「国民の理解が得られるように犯罪被害者の支援を拡充する。宣言の実現に全力を尽くしたい」と話した。 
 毎日新聞2016年10月7日 【島田信幸、立野将弘】








弁護士という【クズ】の正体を観た思いである・・・

死刑制度が命を剥奪する行為であるなら、殺人という犯罪は違うとでも言うのだろうか?

死刑制度を排するなら、被害者の命を元に戻してからいうべきだろう


被害者遺族の心情を無視した、自己満足・自分勝手な論理でしかない


だれでも、どんな状況でも、どういう経緯でも、闇雲に死刑にしているわけでは無い

むしろ極刑で臨むべき事犯に対して、無期懲役と言う無罪に等しい判決が現実に在るのが

今の日本の裁判制度の現実である

それをさらに軽くして、無期だ終身刑だと・・・・・


それでは問いたい・・・・

被害者の人権は何処に行った?

被害者遺族は犯人が生き延びることに、言いようのない義憤を抱いたまま生きている

ヒトの命が「平等」であるなら、「被害者の命」と「殺人犯の命」は同じ扱いをするのが

道理ではないだろうか・・・・



この似非人権弁護士たちの言う「冤罪(えんざい)で死刑が執行されれば取り返しがつかない」

という台詞には大きな矛盾が潜んでいる


冤罪で死刑になった人の命が戻らないと言うのなら、理不尽に殺された被害者の命は取り返しが

つくとでもいうのか

冤罪を失くすことと、死刑制度を同じ土俵で語る巧妙な手法に「お花畑日本人」は心を動かすかもしれない


自分の頭で考えない日本人は、ある日突然・・・自分が被害者遺族になって、はじめて気づくのだろう

自分の愛する人の命より、殺人犯の命が重いとされる事実を・・・・


人権を食い物にする「人権派弁護士」という偽善者たちは、自分が当事者になる事を想定せずに

殺人犯の命の弁護をする鬼畜なのである


弁護士は被害者の味方・援護者ではないことを日本人は知らないだけかもしれない


人権派とされる弁護士連中は殺人者の仲間・同類であると言っては言い過ぎか?

そうでなければ、被害者遺族の思いを無視し続ける理由が理解できない長屋の爺である


守るべき命は加害者の命ではない 理不尽にも命を奪われた被害者の命・人権ではないだろうか



当ブログ 一年前の記事  犬射殺の是非と社会問題


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早い者勝ちの日本の社会 | トップ | 保身だけで行動する地方政治 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
駆除すべき害虫 (onecat01)
2016-10-08 21:38:26
長屋殿

 こやつらの主張は、殺人者の人権擁護の詭弁です。冤罪を防止する手立てを工夫せず、殺人者の犯行をやりやすくし、社会の平和と安全をないがしろにする「エセ人権論」です。
議員や国家公務員だけでなく、二重国籍や曖昧な国籍の人間は、弁護士欠格条件とすべきでしょう。

立派な弁護士もいますが、社会に害を拡散する「宣言」に賛成する弁護士は、「こやつら」としか言いようがありません。
onecat01さんへ (長屋の爺)
2016-10-08 23:04:59
こんばんは

今の日本で「先生」と呼ばれる人間に碌な奴は居ません

弁護士も先生と呼ばれたりしますが、クズばかり目立っています

人の痛みが理解できないで、何を弁護する気なのでしょう
自己弁護か? 商売人としての身分か?

弁護士バッジの天秤が平均なのは噓と言う事を証明した似非弁護士たち、じつに日本の弁護士の8割は似非弁護士だったわけです(単純計算ですが)
96/786の反対した弁護士たちに拍手を送りたいですね


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。