花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

不適切発言とマスゴミの罪

2016年10月19日 | 社会

機動隊員が不適切発言…沖縄で抗議活動反対派に


 沖縄県の米軍北部訓練場(国頭くにがみ村、東村)の一部返還を巡り、現場周辺の警備のために派遣されていた大阪府警の男性機動隊員(20歳代)が、抗議活動中の反対派に向けて、「触るな。土人」などと発言していたことが分かった。

 沖縄県警は19日、報道陣の取材に対して事実関係を認め、「不適切な発言だった」と謝罪した。
 県警によると、機動隊員は18日午前、同県東村の同訓練場周辺で抗議をしていた反対派に対し、「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言した。当時、反対派は訓練場沿いに設置されたフェンスを揺らすなどして抗議をしていたという。
 県警の調査に対し、機動隊員は事実関係を認めているという。県警は「(発言は)極めて遺憾。以後、このようなことがないよう、改めて指導する」とコメントした。
2016年10月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun








たしかに適切な発言ではなかった

反対派に「土人」は間違いである


私ならば・・・・「触るな 基地外!」と言ってただろう


反対派の人間が警備する警察官などに、どのような言葉を浴びせているか

あまり知られてはいない気がするのだが・・

フェンスや鉄条網、バリケードなどを故意に損傷することは当然のように考えていて

自分達に向けて何かをされると猛抗議する身勝手な連中に同情など感じない国民が

ドンドン多くなって行くだろう


一連の過激な反対行動が続けば、本州の人間の多くが、沖縄県民を一括りにして、「勝手にしろ」

「同情など必要ない」そういう機運が高まってしまう結果になる


こういう問題をメディアが殆ど報道しないことの不思議を私たちは考えたことがあるだろうか


日本の各地で起きてきた「反対デモ」の生の声はとても報道できる次元の

言葉遣いではない・・・

ヘイトスピーチにかんするデモの数々、原発反対デモに於いてデモ隊(反対派)の

異常とも思える罵り声を活字や動画で報道したら、大きな社会問題になる事は間違いない

それでも警備を担当する警察官(機動隊員)は職務と思い我慢しているのである


言葉の暴力が反対派の人間には許されて、警察官には許されないとしたら、これは明らかな差別である


この先、沖縄県の基地・訓練場として使用している土地の返還が加速していくだろう

本土から金のために基地反対を叫ぶプロ集団に洗脳されてきた地元民は過酷な現実に

直面するかもしれない


返還されるという事は「地代」が途絶えることを意味する

地代が生活費の一部となっていたとしたら、この先返還されても安定的な収入にはならない

とどのつまりは、不動産業者に二束三文で売るしかなくなるだろう

沖縄県も補助金がどんどん減っていき、市民の土地を買い取ることも不可能になって行くはずだ

天に唾する行為に等しい事に私は思えてしまう

地権者はシナ・朝鮮の手先たちに、散々利用されて結果泣くことになるのではないだろうか


基地が無くなって絵にかいたような楽園が待っていると思っているなら、世界一の能天気である

周りの土地はシナ人に買いたたかれ、日本語でも沖縄言葉でも英語でもない中国語が日常語に

なってしまう可能性すらある

古き良き沖縄が戻ってくると考えているなら、申し訳ないがそれは不可能に近いのではないか


沖縄に平穏が訪れる条件は・・・

北朝鮮・金一族の独裁が崩壊し民主化されること

シナ共産党が解体され、民主国家として再出発すること

それ以外に日本にも沖縄にも、平和も安寧の日々も来ることは無い

米国や米軍基地、日本政府や自衛隊が沖縄の平穏を害しているのではない

何が原因で今の状況が改善されないのか、一人一人が冷静に考えてみる必要が

あるのではないかと私は思っている。



『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の考えが基準で突き進む... | トップ | 窃盗犯でも懲戒解雇にならな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。