花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

放送法そのものが違憲ではないのか?

2017年07月14日 | 裁判

NHK受信料訴訟、10月弁論=年内にも初の憲法判断-最高裁



 自宅にテレビがあるのに契約せず、受信料を支払わない男性をNHKが訴えた訴訟の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は14日、当事者双方の意見を聴く弁論期日を10月25日に指定した。大法廷は年内にも言い渡す判決で、放送法が定める受信契約の義務について初の憲法判断を示す見通し。
 男性側は「契約義務は憲法が保障する財産権などを侵害しており違憲」と主張。しかし、一、二審は「公共の福祉に適合している」として合憲と判断し、約20万円の支払いを命じたため上告した。
 今回の訴訟で、国は法務大臣権限法に基づき、「放送法の規定は憲法に違反しない」とする金田勝年法相の意見書を提出している。 (時事通信より)





公共の福祉 という【錦の御旗】で押し通そうとしている政府だが

NHKという放送機関だけが選択肢ではない現実を考えると、公共の福祉

という定義に嵌め込むのは少々無理があるように思える


契約の自由、選択の自由、NHKの公共性の信頼度からいえば、BS放送の

ように「契約の選択」ができる制度に変えるべきであり、NHKだけは観ない

国民もいることを無視するのは如何なものか・・・・


NHKには数多くの問題が潜在しており、公共放送と認識している国民は減って

きているのではないだろうか・・・


2015年度の職員の平均年収は約1,160万円と常識外の高給取りであり、現代社会の中で

国民からさらに搾り取る形は、言葉は悪いがやくざの「みかじめ料」の雰囲気すら

漂っていると思え、国民の理解を得られる状況にはないだろう・・・


公共放送と言いながら、連結子会社13社を抱える大企業のような組織に対し「公共の福祉」という

位置づけは少なからず抵抗を感じてしまう



『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当の親は何処に? | トップ | 蔡焜燦氏逝く・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
公共の福祉 ? (onecat01)
2017-07-15 13:01:01
長屋殿

 最近の裁判官が、国民の常識を逸脱した判決を多発しています現状は、目に余るものがあります。

 これもまたその一つです。いったい、反日と亡国のニュースを拡散させ、日本を混乱させることが多くなったNHKの報道や、番組のどこが公共の福祉に合致しているのでしょう。
テレビ受信機を設置していたら、文句無しに受信料を支払えというのは、法律の解釈が間違っています。
 放送法の第32条 (受信契約及び受信料)に、そんなことは書いてありません。

1、協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
 契約をしなければならないと定めているだけで、支払いについては言及していません。
左翼・反日の思想を流し、日本の歴史を改ざんするようなNHKは、朝日新聞と同じ姿勢です。最近では、腐れマスコミの先頭に立ち、不愉快な報道をしています。

 受信料は、貴方の言われる通り、ヤクザのみかじめ料みたいなものになっています。朝日のように、倒産してもらいたいから、むしろ不払い運動でもしたい気持ちです。
なぜ憲法改正支持なのか (長屋の爺)
2017-07-15 22:37:02

こんばんは

憲法改正の支持者たちの中には9条だけが主眼ではない人も多くいます

刑法の「重罰化」「無期懲役廃止&終身刑制度」放送法改正、生活保護法の厳正化、等々数多あります

そういう意味からも安倍自民にはカケモリ問題で足踏みしている暇はないはず・・・

ただし・・・希望は持っても、期待はしていません、小事を成せない者に、大事ができるのかどうか・・・そういう意味で。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。