花はそっと咲き 静かに散れ

咲時ハ 花の数にハ あらねども 散にハ もれぬ 山ざくらかな    (伊達政宗)  

傲岸不遜な幹事長、これが自民党の現実だ

2017年04月26日 | 政治
小泉、長崎氏公認を明言=「文句あれば追い出してみろ」―自民幹事長


 自民党の二階俊博幹事長は26日、無所属の衆院議員で同党二階派特別会員の小泉龍司(埼玉11区)、長崎幸太郎(山梨2区)両氏の次期衆院選での処遇について、「私の方針は揺るぎない。(復党させ)公認する決意だ」と明言した。東京都内で講演し、質疑応答の際に語った。
 小泉、長崎両氏をめぐっては、二階氏がかねて復党に意欲を示しているが、競合相手が所属する細田派や岸田派の反発を招きそうだ。二階氏は「文句があったら私を自民党幹事長の席から追い出してみろということだ」とも述べた。






自民党の本質が【理】ではなく【利】と【チカラ】だという話

破落戸(ごろつき)か893の台詞まがいを平然と口に出す二階爺・・・

こんな男を幹事長にしたのも安倍晋三氏である


日本人にとって一番大事なものは【義】だと私は思う

「義」とは、打算や損得勘定の無い、人間として欠かしてはいけない道のことだ

二階派にあらずば 自民に非ずとでも言いたいのか?

傲岸不遜(ごうがんふそん)も此処まで来ると、腐臭すら感じてしまう


タヌキ、狢(むじな)、魑魅魍魎(ちみもうりょう)

これが自民党と言う組織の真の姿なのかもしれないが・・・


国民を振り向きもせず、権力・利権ごっこに現(うつつ)をぬかす愚か者たちには

投げかける言葉さえ失ってしまう


これもクズ野党連合の撒いた種のおかげである

野党がクズだから言いたい放題、やりたい放題の自公党の議員たち

野に下る懸念が無い事こそ最大の問題なのではないだろうか


国民を置いてけぼりにする数合わせと、派閥抗争には有権者の顔も声も存在しない

民進、共産、社民などを消し去ることも大事だが、【自民党の腐った膿】を

除去することも必要なのかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慮外者 復興相に怒りが・・・

2017年04月25日 | 政治


今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭








復興相という職務が政府の中で、どういう位置づけなのかを如実に語る問題である


かつて、「お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ」

「長幼の序が解っている自衛隊なら、そんなことはやるぞ わかった?」

「最後の言葉は オフレコです 書いたらその社は終わりだから」

そんな台詞で恫喝が理念のような復興相も居たことは記憶にある方も多い・・・


なぜ、大臣ともあろうものが、そんな愚かな発言をするのか?

答えは簡単である

思っていないことは口から出ることは無く、常からそういう感覚を持っているからなのであり

復興相と言うより大臣と言う職務の大半が「腰掛感覚」であり、**褒章とかいう勲章に

似た栄誉職に過ぎないからなのである


痛みのわからない人間だからこそ口をついて出る言葉

あくまでも「他人事」なのである

いま我々が疑問や不満に感じていることも、彼等にとっては所詮他人事で有り、対岸の火事程度の

感覚でしかない

東京や首都圏でなければ、かまわないという異常な感覚は、社会の常識とは無縁の世界である永田町の

常識・感覚なのである


安倍晋三氏も不快感を・・・という見出しもあったが、慮外者を任命したのは誰だったのか?

私は安倍シンパでもないので不勉強だから、安倍晋三氏が総理になってから何か大きな「事」を

成したのか知らないのだが・・・

何か形ある成果を上げたのだろうか?

安倍晋三以外に日本を任せられる人物がいない・・・と巷では囁かれているようだが・・・

慰安婦問題も拉致問題も、Tppに関しても結果と呼ぶほどの事は見えないのではないか?

印象操作で特別な人物に思えてしまうが、国民の税金を海外にバラマキ「善い治世者」を

演じているが、日本人生活困窮者を救う解決策も出せていないし、外国人生保受給者の廃止にも

触れようとはしないし、外国人労働者を無秩序に増やし、カジノを造り「博打奨励」を推進する

大変立派な人物である

言葉は悪いが、人気取りの問題だけを大声で叫ぶのがお得意であり、肝心な目的である

憲法改正も進んでいるとは言い難く、憲法改正ができない総理ならだれがやっても同じ気がする

のは私だけだろうか?

安倍晋三氏の最大の理念は憲法改正ではなかったか・・・


それでも、安倍晋三しかいない・・・

そういう有権者が多くいるのだろうけど、安倍総理が何を成し、何を国民に与えて来たかを考える時期

かもしれない

クズ野党の叫ぶ「安倍批判」とは別な次元で、自公党政権や自民党の本質、安倍政権に対し是々非々の

採点をする時かもしれないと私は思うのですが・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本が日本でなくなる原因の一つ

2017年04月21日 | 裁判


【ケント・ギルバートのニッポンの新常識】

日弁連の左翼的政治活動を黙認するな 「日弁連意見書」の実態…「詐欺同然」と言いたくなる


 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」の出演者として有名な北村晴男弁護士は9日、ツイッターで以下のようにつぶやいた。

 《弁護士になりたくて頑張った。弁護士会に入らないとなれないので、入会した。
多額の会費も払い続けている。
すると、会や会長の名前で意見書や声明が出される。
中には、共産党や社民党等の主張にそっくりで、自分の主張と真反対なものがよくある。
「俺は政党に入ったんじゃ無い!」と叫びたくなる。》(夕刊フジ)


 このツイートは話題を呼び、短期間で1万回以上もリツイートされた。

 私は以前から、日本弁護士連合会(日弁連)による左派偏重の政治活動を批判してきたが、日弁連への入会を義務付けられた日本の弁護士が、北村氏の主張を支持するには勇気がいるようだ。賛同意見を表明した弁護士の話をまだ聞かない。
私が所属するカリフォルニア州弁護士会でも、以前、強制徴収された会費を一部の左派弁護士が政治活動に使っていた。
 左派弁護士の政治活動の自由は認めるべきだが、保守派の弁護士は彼らに資金提供したくない。
サイレントマジョリティーだった私たちは、ついに声を上げ、強制徴収された会費を政治活動に使えないよう規則を変更させた。
 日弁連のウェブサイトを見ると、会長声明・意見書等の中に「最新の意見書」というコーナーがある。
「いわゆる共謀罪を創設する法案を国会に上程することに反対する意見書」(2月17日)、「本国憲法に緊急事態条項(国家緊急権)を創設することに反対する意見書」(同)などが掲載されている。

 また、2016年の会長声明には、「死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求める会長声明」(11月)や、「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」(7月)などがある。
 これらの政治的問題は世論が鋭く対立している。新聞の社説なら分かるが、日弁連の意見書や会長声明に世論誘導の意図が読み取れるのは問題だと思う。
 そもそも、「2020年までの死刑制度廃止」は、日弁連全会員約3万7000人のうち、786人が採決に参加し、546人が賛成したに過ぎない。わずか1・5%だ。3万6000人強の弁護士は、不在投票も委任状の提出もできなかったという。
 日弁連は、それを「日弁連意見書」や「日弁連会長声明」などの名称で発表する。この事実を、弁護士の多数意見と勘違いした人が知れば、「詐欺同然」と言いたくなるのではないか。
 執行部の暴走を黙認してきた弁護士にも道義的責任がある。弁護士業が多忙なのは分かるが、自分が所属する組織内の正義も追及してほしい。

(産経Web より)

 
* ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。







私が弁護士嫌いだからというわけでは無いが・・・

犯罪者の刑罰の軽減に血道を上げる弁護士にとって、左寄りだとか右寄りだとかは

北村弁護士のような感覚が無く、端から問題に感じていないのだろう

倫理観も使命感も無く、商売だから顧客の望む方向に持って行き、儲かりさえすれば

被害者の事など二の次・三の次ということだから、被害者の無念より依頼者・顧客である

犯罪者の利益だけを追求する

そんな弁護士ばかりが増殖しているから、当たり障りのない「眠ったふり・死んだふり」を

して弁護士会の枠の中にしがみついているのだろう


弁護士会制度そのものが形骸化し硬直化して、常識の波を跳ね返し続けている

ベテラン弁護士や弁護士会の幹部の発言が「理に適っている」わけでもなく

道徳に沿うものでもないことは少し考えれば明白なのである

人権、人権、自由、差別などと、声高に叫ぶ弁護士ほど「ろくでもない」人間が多い


何が最優先されるのか?

弁護士諸氏に問うてみたい・・・・


日本人として勤勉に生活している無辜の市民の命より優先されるものなど有るのだろうか?

真面目に社会に迷惑もかけず、静かに生活する人間の命より、異常者の命が優先されている現実

殺された遺族の納める税金で、加害者の生活を一生面倒を見る「無期懲役刑」

これが不可思議でないというなら・・・誰でもいい説明してほしい!


子供でも理解できる理屈・道理を無視する人間、それが「弁護士」というクズ輩なのである

給費(税金)で支えた結果が、痛みのわからない倫理観の欠如した「オレ様が一番」という

異常者を作ることになるという矛盾

日本が日本でなくなる原因は三権(司法・立法・行政)の腐敗なのかもしれない・・・。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

税金で養うから庶民の痛みが理解できないのだ

2017年04月20日 | 裁判
司法修習生に「給費」、今秋から支給開始


 司法修習生に生活費などを一律支給する新制度創設のための改正裁判所法は19日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。

 11月1日に施行され、今年秋の司法修習生から支給が始まる。
 新制度では、国が司法修習生に基本給付金として月額13万5000円を一律に支給し、アパートなどを借りている場合は住居給付金を月額3万5000円加算する。修習に伴う引っ越し費用も国が負担する。2018年度以降は年30億円程度が必要となる見込みだ。
 司法修習生には約20万円を一律に支給する「給費制」があったが、11年に廃止され、その後は希望者に無利子で貸し付けを行ってきた。
2017年04月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun







建て前論で考えるなら、将来日本の【司法】の担い手となる専門家を育てると言う

大義名分は結構なことと思える・・・・

しかし、現状の裁判官の程度・判決内容、検察官の起訴状況、反日・不良弁護士の増殖を鑑みれば、

果たして税金で支える価値など有るのだろうか?という疑問もわいてくる

むしろ税金で支えるのではなく、実社会で自ら額に汗し生活費を得る経験こそ大事なのではないだろうか

「痛みのわからない 六法全書の番人」を育成するのではなく、本来の目的である弱者のため、被害者のための

司法の担い手を時間をかけて育てるべきだと私は思うのだが・・・


六法全書に書いてないことにはまったく心を動かさず

被害者や被害者遺族の心情すら慮れない「血の通わない痛みの理解できない木偶人形」を育成しても無駄であろう

過去の判例をなぞるだけのことなら、新たな司法の番人など必要ない

コンピューターに法律書と判例をインプットしておいて、事件の内容を入力すれば「判決が自動で出てくる」

いまの裁判所の現実とはそういう事ではないだろうか・・・・


なぜ日本国民は疑問に思わないのか? なぜ声を上げないのか?

一人の命を奪ったら無期懲役、二人なら死刑という判決の制度化に対し、だれも声を上げようとしない

日本人の命の重さは犯人の【二分の一】という事を決めたのが誰で、どういう基準なのか

だれも問おうともしないし、政府も担当相も説明しようとはしない・・・・


司法修習生が被害者の血税で修習生生活・任官生活を送る意味を自身に問うてほしい

我々の血税で生活していながら、我々の家族の命を半分の重さにするのは、間違いなく

中央の一段高い場所に座る彼等現職裁判官(判事)たちなのである


加害者(犯罪者)の味方になるかもしれない者を、被害者になる我々の税金で養うことの意味を

冷静に考えれば、こんな理不尽な話は無いだろう・・・と私は思う


誰か教えてほしい・・・いつだれが 一人なら無期懲役で良いと決めたのか

殺した者の命は殺された者の命より尊重されると決めたのはだれなのか

こんな現実をいつまでも放置している日本は滅びて当然かもしれない




門田隆将氏の著書 「裁判官が日本を滅ぼす」の後記の記述にある一文を紹介したい

ルース・ベネディクト(米国女性文化人類学者)が著した『菊と刀』の一節


日本人は恥辱感を原動力にしている。

明らかに定められた善行の道標に従いえないこと、いろいろの義務の間の均衡を

たもち、または起こりうべき偶然を予見することができないこと、それが

恥辱(”ハジ”)である。

恥は徳の根本である、と彼等は言う。

恥を感じやすい人間こそ、善行のあらゆる掟(おきて)を実行する人である。

(略)

日本人の生活に於いて恥が最高の地位を占めているという事は、恥を深刻に

感じる部族または国民がすべてそうであるように、各人が自己の行動に対する世評に

気を配ると言う事を意味する。





だれでも一度は聞いたことがある言葉だが、「日本は恥の文化を有する国である」

しかし、過去の日本、戦前の日本を否定する風潮が、日本らしさ・日本の良さまで失なわせて

しまったのではないだろうか・・・。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

器が大きい?「揚げ足取り」「重箱掃除人」ガソリーヌのお粗末

2017年04月19日 | 政治


【テロ等準備罪】民進・山尾志桜里氏、安倍晋三首相に「器が小さいんだよ!」〜「ぱらぱら」「そもそも」論争の末に…





民進党の愚かさは、とどまるところを知らない

しかし、考えてみれば「ガソリーヌ」から、器が小さいと言われるとは安倍氏も

予測できなかっただろう(笑)

収支報告書に不実記載したり、ガソリン代疑惑を提供するこのオンナに「人間の器(うつわ)」に

関する発言ができることのほうが驚きである

このセンセイは態度だけは大きいが、発言内容は「揚げ足取り」と「重箱の隅」だけであり

「器の大きい代議士先生」は【天下国家】を論じるべきで、喫緊の難題が山積している現状で

取り上げるべき価値のある質疑ではない

非常識、横紙破りが「民進党」の十八番と言うなら、私も納得してしまうが・・・


民進党と言う集団(もはや政党とは呼べない)には「ほとほと愛想が尽きた」という有権者も多いだろう

目指すべき二大政党制がこけて、気づけばクズ政党が淘汰されて、政党が2党しか残らなかった

そういう話も「現実」に起こり得る気がしてきた

自民党の議員の「失言」や「不祥事」の責任の一端は「クズ政党」にも多少はあるだろう

緊張感のない議員生活、危機管理の欠如した「職業議員」だらけでは自公党もクズ野党も

目糞鼻糞を笑うの構図である


一般有権者(一般人)より人間性・資質の劣る人間を「センセイ」と呼んで敬う愚民の現実が

今の日本の政治のレベルなのだろう・・・


ダメなものは「ダメ」と言わない・言えない、日本社会の限界かもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加