東宮ご一家(皇太子さま、雅子さま、愛子さま)奉祝サイト

まもなく両陛下となられる皇太子ご夫妻と愛子さまを、折々に奉祝申し上げるための専用ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

皇太子さま、雅子さま、ご結婚24周年をお祝い申し上げます!

2017-06-06 13:35:46 | 東宮ご夫妻奉祝
2017年6月9日、東宮ご夫妻はご結婚24周年を迎えられます。
またとない、すばらしい女性が皇太子さまのお妃さまになってくださる!
その喜びに、日本中が沸き立ったあの日--1993年6月9日から24年!

この間、ご夫妻がどれだけの苦難に耐え、ともに手を取り合って乗り越えてこられたかを思うと、
国民の一人として、ただただ申し訳ない思いと、熱い感謝の思いで、いっぱいになります。


▲ご結婚の祝賀パレードに駆け付けた沿道の人々に手を振って応えられる皇太子ご夫妻。


▲祝賀パレードの後、東宮仮御所の玄関前にお姿を見せられたご夫妻。雅子さまの気高く美しい笑顔。


▲ご婚約発表時の皇太子さまと雅子さま。右はご結婚の儀で、束帯姿、十二単姿のご夫妻。

ご結婚当時にNHKで制作され放送された番組が、NHKアーカイブス「NHK名作選」に残されています。

「殿下に、お幸せになって頂けるように、そして私自身も、自分でいい人生だったと、振り返れるような人生に
できるように、努力したいと思います」
という雅子さまの言葉、

「苦労があった場合には、私がそばにいて、全力でもって守って、そして助けていってあげたいというふうに、
思っております」
という皇太子さまの言葉が、ご結婚の儀や祝賀パレードの映像とともに流れます。

そのお二人の誠実な、真摯な思いがこめられたお声を聞き、涙があふれてきました。

・皇太子さま・雅子さまご結婚(NHKアーカイブス、1993年)
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009030253_00000

雅子さまとご結婚されたことで、皇太子さまはほんとうにお幸せになられたと思います。
皇太子さまは、雅子さまを全力で支えてこられたと思います。

今後、ご夫妻への不当な圧力をどこまで防ぐことができるのか、
ご夫妻を、両陛下として戴くにふさわしい国・国民になれるのかが問われると思います。
私たちも、全力で努めなければならないと、改めて思いました。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (92)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛子さま、学習院女子高等科... | トップ |   
最近の画像もっと見る

92 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奉祝 皇太子殿下ご夫妻 おめでとうございます。 (菊の花)
2017-06-06 17:39:50
皇太子殿下 雅子妃殿下 ご結婚24年 誠におめでとうございます。

雅子さまが皇太子妃になってくださって、国民一同、心から感謝いたしております。

この24年の間には、敬宮愛子さまというご立派で優秀なお子様がお生まれになり、うれしく有り難いことにございました。

ご夫妻にはいろいろと大変なことが有りました(今もあります)が、その場面場面で、お二方力を合わせて乗り越えておられることに涙が出ます。そして、とても励まされています。

これからも茨の道は続くでしょうが、天照大御神様が見守っておられますので、私たちを正しい道へお導きくださいますよう、お願いいたします。
国民も非力ながら応援いたし続けます。

雅子妃殿下におかれましては、どうか無理をなさらず、お体をたいせつにお過ごしくださいますよう、心からお願いいたします。

2年後の新しい御世を楽しみにお待ちいたしております。

敬宮愛子内親王さまもお元気にすごされますよう、お祈りいたしております。
皇太子殿下同妃殿下 ご結婚記念日おめでとうございます (carry1201)
2017-06-06 18:45:22
皇太子殿下、雅子妃殿下、ご結婚記念日おめでとうございます🎉

あの晴れやかなパレードが昨日の事のように、鮮やかに思い出されます。

雅子妃殿下のご体調が気になりますが、どうか無理なさらず、お過ごし下さいませ。
おめでとうございます (宝船23)
2017-06-06 19:18:00
皇太子さま 雅子さま
24度目のご成婚記念日を迎えられますことを心よりお慶び申し上げます。

千代に
八千代に

両殿下そして愛子さまの御幸せをお祈りしております。
御成婚24周年、誠におめでとうございます! (anima mea)
2017-06-06 19:43:08
皇太子殿下、雅子妃殿下、24回目の御成婚記念、誠におめでとうございます。

御成婚当日の雅子妃殿下の美しいお姿、今でもよく覚えております。白い大輪の薔薇の花が輝いているようでした。

お二人がご結婚なさり、東宮ご夫妻として、そして次代の天皇皇后両陛下として皇室にいらしてくださることの有難みと喜びの気持ちは、時がたつにつれていっそう深まっております。

新しい時代を迎えるにあたり、順風満帆とはいかないこともあると思いますが、皇太子ご夫妻には我々多くの国民がついております。
陰ながらいつも応援させていただき、皇太子ご夫妻と、そして敬宮愛子内親王殿下のご多幸と平穏な日々を心からお祈り申し上げます。
おめでとうございます。 (ライラック皇太子殿下)
2017-06-06 21:50:58
皇太子殿下、雅子妃殿下24回目の御結婚記念日おめでとう御座います。

24年前のあの日、パレードの直前に降っていた雨が止みお二人を祝福しているかの様に晴れ渡った空。大輪の白薔薇の様に微笑まれた雅子様。
その時神様が観ていらっしゃる。お二人を祝福して下さっていると感じた事を今でもはっきりと覚えています。

年齢を重ねられ本当に素敵になられている皇太子殿下、前にも増して大輪の白薔薇の様に美しい雅子妃殿下。
両殿下が、両陛下になられる日を楽しみにしております。
おめでとうございます (手白香)
2017-06-06 21:54:18
東宮殿下 雅子妃殿下

御成婚24年を迎えられますこと、誠におめでとうございます。

国民の1人として、心よりお慶び申し上げます。

24年前の6月9日のパレードでのお二人の晴れやかなご様子を、今でも鮮やかに記憶しております。

両殿下、そして敬宮愛子内親王殿下のご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。
おめでとうございます (ガーネット)
2017-06-06 23:04:33
皇太子殿下 雅子妃殿下

24回目の御成婚記念日おめでとうございます。



御成婚の儀が昨日の事にように思い出されます。
パレード前まで雨天でしたが、雨降って地固まるように、パレードでは太陽は出て晴れました。

私はそれを見て、
(皇太子ご夫妻として、天皇皇后両陛下として、楽しいだけではなく御苦労される事おありだろう。
でも御苦労をお二方で乗り越えられて、今日このように明るい時を迎えられるだろう)
と思いました。

皇太子ご夫妻ファンとして、皇太子ご一家ファンとして、ずっと拝見するにつけ、皇太子ご夫妻が次代の天皇皇后両陛下であることに本当に嬉しく誇りに思います。

そして敬宮愛子内親王殿下には、
「皇太子ご夫妻のお子さまとして生まれてきてくださり、本当にありがとうございます」
という気持ちです。


皇太子殿下、雅子妃殿下、24回目の御成婚記念日を心より御祝い申し上げます。

おめでとうございます。 (大和三山)
2017-06-06 23:05:53
皇太子徳仁親王殿下ならびに、
皇太子徳仁親王妃雅子殿下。

ご成婚記念日、
おめでとうございます。

華やかで厳粛な、ご成婚式・パレード・祝宴の儀・宮中饗宴の儀などの行事。

平安絵巻物を見ているようでした。

これからの長い道のりが、
穏やかに平安に進みますように、
お祈りしております。
おめでとうございます (にこりん)
2017-06-07 14:06:29
皇太子殿下、雅子妃殿下
ご成婚24周年、まことにおめでとうございます。

大輪のバラのように美しく光り輝く雅子妃殿下のお姿、そして柔らかな微笑みを浮かべながら、そのお姿を見守る皇太子殿下のお姿。お二人の幸せそうなお姿を目にしたあの日のことは今でも鮮明に覚えています。

良き御伴侶を得られ、共にいたわりあい、励ましあうお姿は私ども国民の大きな支えとなっております。
皇太子殿下、そして妃殿下のお姿を模範とし、年を重ねていきたい、お二人のお姿を見るにつけ、このような思いを深くいたします。

ご成婚記念日、本当におめでとうございます。
Unknown (ヘカテー)
2017-06-07 17:05:14
ご成婚24周年おめでとうございます。

アラサーの私にとってあのご成婚のパレードが一番古い皇室の記憶です。

この24年間辛いことや悲しいことが沢山ありましたが、それに負けずに前へ進む姿に感動します。

雲外蒼天

この言葉通りの御代になることを祈っております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東宮ご夫妻奉祝」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。