夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

喫煙率は、学歴と反比例:中卒喫煙率は、院卒喫煙率の3.5倍

2017年05月11日 02時35分19秒 | 離煙ニュース: 国内編

「格差社会」とは、「喫煙率差社会」のことだったんですね。

**********

シリーズ:たばこ
喫煙率、学歴によって差 若者でくっきり

朝日新聞 2017年5月10日06時00分

 喫煙は格差の問題と大きく関わっている。厚生労働省の研究班が2010年の国民生活基礎調査をもとに調べたところ、学歴の違いで喫煙率に差がついた

 中でも25~34歳の若い世代の差が大きい男性は中卒の喫煙率が68・4%、高卒が55・9%に対し、大卒は36・5%、大学院卒は19・4%。女性はそれぞれ49・3%、23・9%、6・6%、4・8%だった。

 健康格差に詳しい、近藤尚己・東京大准教授は「若者でこれだけ喫煙率に差が広がっているのは、未成年の段階で、すでに情報や環境の面で格差があることがうかがえる。未成年でたばこを吸い始めないための手立てが必要だ」という。

 日本の高齢者約1万5千人を4年間追跡し、学歴別の死亡率を比べた2012年の論文では、男性で死亡リスクに最大約1・5倍の開きがあった。

 「学歴の差が所得の差、ひいては喫煙、病気や寿命にも影響しているのかもしれない」と近藤さん。「個人の努力だけで格差は縮まらない。屋内禁煙の法律やたばこ税の引き上げなど喫煙しにくい環境を政策で整えることが命の格差の改善につながる」という。

<アピタル・1分で知る・たばこ>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/minute/(錦光山雅子)

**********

大学院卒の喫煙率に対して中卒のそれとは、ざっと3.5倍。つまり、それだけ中卒の人が喫煙のもたらす健康被害をいまだ深く認識できていないということです。この結果、喫煙者は寿命すらも短くしているというのですから、教育というのは重要です。

しかし、自民党はこういうタバコのもたらす健康被害を国民すべてに徹底させることよりも、タバコを吸ってもらってタバコの売り上げとタバコ税で儲けようとしています。えげつない話です。

タバコを吸っても、何の得にもならないどころか、病気になる可能性を高めるだけだということを国民は理解すべきですし、国家はその科学的事実を国民すべてに伝えるべきです。

日本は、いつになったらタバコに依存しない国になれるのでしょう。哀しき格差社会です。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文在寅氏の韓国大統領就任に... | トップ | 小池都知事が都議選の公約に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

離煙ニュース: 国内編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL