夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

中村吉右衛門・自分史6:たけさんという育ての親がいた

2017年07月17日 05時37分16秒 | 歌舞伎

すごい人です、たけさん。

**********

(語る 人生の贈りもの)中村吉右衛門:6 亡きばあやの言葉、襲名後押し
朝日新聞 2017年7月17日05時00分

 

16歳のころ。鼓の稽古をする=1961年、「アサヒグラフ」より

 ■歌舞伎俳優・中村吉右衛門

 歌舞伎を続けていられるのは、住み込みで育ててくれたばあやのたけのおかげです。

 ばあやは生まれた時から家にいて、面倒を見てくれました。56歳で亡くなりましたが、髪が真っ白で、70歳ぐらいに見えましたね。

 朝早く起きて食事の支度や学校への送り、掃除をして、ぼくたち兄弟のお稽古ごとにもついてきてくれた夜はぼくらを寝かしつけて、帰宅する実父(初代松本白鸚〈はくおう〉)の食事の支度。その後、裁縫をやっていた。睡眠時間は3時間ぐらいだったのではないでしょうか。滅私奉公の代表みたいな人でしたが、いつもぼくを叱咤(しった)激励してくれた。

 当時、歌舞伎俳優には背の高い人があまりいなかったのですが、ぼくは小学生の頃からひょろひょろと背が高かった。体形的に向かないのではないかと悩み、「歌舞伎俳優にはなれない。やめる」と言うと、ばあやは「大きい人は下手なら下手が目立つけれど、うまければうまさが人より目立つでしょう。上手になりなさい」と励ましてくれました。

 《小学校から高校まで、私立の暁星学園に通う。大学は早稲田に進学した》

 ばあやは学校の父母面談まで行ってくれました。高校の面談の時、校長先生から「本当に大学に行くのか」と言われたとかで、「あたしはこんなに悔しいことはなかった」と言われた。ぼくにも火がつき、必死に勉強しました。高校3年の夏ごろです。「絶対、ばあやのためにも」と思って早稲田大学第一文学部を受験、合格しました。

 3年ぐらいはちゃんと通っていましたが、途中でばあやが亡くなるんですよ。襲名のこともそれまであまり考えていませんでしたが、看病の間に「吉右衛門をちゃんと継いで下さいね」と言われて、ばあやが亡くなって初めて継ごうという気になりましたね。

 襲名は40、50代になってからするものだと思っていたので、実感がわきませんでした。でも、ばあやの思いに背中を押されたんです。

 (聞き手 山根由起子)

**********

たけさんは、本当に吉右衛門の育ての親。梨園の名門家族のお世話で心身ともに酷使されたのでしょう。56歳と若くして亡くなったのも仕方ないかもしれません。

しかし、そのたけさんに吉右衛門が立派な恩返しをしたのも、事実です。泉下でお喜びのこととおもいます。安らかにお眠りください。合掌。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪質な喫煙者を取り締まれな... | トップ | 藤澤里菜三段、扇興杯を買っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL