夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

スティーブ・ジョブズのCEO辞任が、アップル帝国の衰退を示す?

2011年08月26日 08時10分25秒 | 時事放談: 海外編

昨日の裏ブログ「映画と本と音楽にあふれた英語塾」で紹介したように(「気になる英語表現(11-43): ジョブズ、アップル社CEOを辞任」)、スティーブ・ジョブズ氏がアップルのCEOを辞めました。

経済界への影響は計り知れなく、Financial Timesなどは最新社説で論及しています。昨日と同じ題材ですので裏ブログの「気になる英語表現」では分析しませんが、記録しておきたい文章。引用しておきます。

ヘッドラインを入れて、423語の社説。それほど難しくはありません。TOEIC900点をめざすなら、4分半でざっくりと訳せるようになってください。

**********

August 25, 2011 8:14 pm
Apple faces up to the loss of its core


The debate will no doubt rage for some time about how Apple will fare now Steve Jobs has stepped down as chief executive. Will the group retain its extraordinary leadership in the technology sphere – one that has carried it to the brink of becoming the world’s most valuable listed company?

Few bosses – even founders – have defined their companies with quite the intensity that Mr Jobs brought to the task, nor enjoyed the same success. More than a chief executive, he has been a sort of impresario – the presiding intelligence behind Apple’s growth.

The company’s fortunes have waxed with his presence and waned without him. Creatively, all of the fecund periods have certainly been under Mr Jobs’ leadership – from the development of the iconic Macintosh in the 1980s to the recent flowering of iPod, iPhone and iPad. It is hard to think of anything memorable in his absence. And it has been the same with Apple’s finances. Contrast its current prosperity with the position in the 1990s, when it nearly collapsed into bankruptcy.

To some extent, the focus on Mr Jobs is deceptive. In recent years, he has built a world-beating management team. The succession process has been well planned – perhaps due to Mr Jobs’ past illnesses, which led to him taking extended leave of absence in 2004 and 2009. His replacement, Tim Cook, ran the company on both occasions and is well regarded.

The challenge for any successor though is to replace Mr Jobs’ special talent; his ability to bring a technological vision and aesthetic sensibility to bear on Apple’s activities. Stories abound about his attention to detail. He once demanded changes to the iPhone because he felt the second “o” in Google’s logo was the wrong shade of yellow on the screen.

Mr Jobs’ authority allowed him to bet Apple’s resources on a relatively small number of often experimental products. Investors’ confidence in his judgment can be seen as one of Apple’s secret weapons. Compare it with Hewlett-Packard, where a radical strategy has led to shareholder uproar.

Apple does not yet have to confront life without Mr Jobs, in spite of the elegiac tone of his resignation letter. He will stay on as chairman as long as the board consents, which it surely will. But when the link is finally broken, Apple will need to replace the vital spark that he has brought to its affairs. And history suggests that this can only come from another individual, not a management team, however talented.

**********

ヘッドラインは、「アップル、核の喪失に直面」と直訳すると迫力が出そう。

FTはジョブズに代わる人間は他になかなかいないとして、ジョブズを単なるCEOではなく「興行主」か「音楽監督」(impresario)だと表現しています。つまり、アップル社の製品開発ならびにマーケティングにジョブズが必要不可欠な人間だと断定しています。

その結果、ジョブズがいるとアップルの資産価値は上がったし(wax)、ジョブズがいないと下がってきた(wane)と喝破します。

ゆえに、後継者は、ジョブズがもつ特別な才能を引き継ぐことができないと会社の価値を毀損してしまうといいます。それは先端テクノロジーに対する深い造詣とともに鋭敏な美的感覚を兼ね備えておくことです。

こうしたジョブズの存在があったからこそ、投資家たちはアップルを信頼してきました。ゆえに、ジョブズがアップル社に持ち込んだ「生き生きとしたひらめき」を同社は必要としており、歴史はそれがマネージメント・チームによってもたらされることはなく、あくまで個人の才能によるものだと結んでいます。

うーん、FTも酷なことを言います。はたしてジョブズに代わる人間が早々に見つかるかどうか。いまのCEOのティム・クックでは役不足だと認めているようなもの。FTにこう書かれたら、投資家がどんどん逃げ出しそうです。

ただし、ジョブズが残した遺産は大きいもの。10月にはiPhone5が出ると見られていますし、iPad3やiPod touch2の発売も期待したいところです。

アップル社には、夢と華のある製品を作り続けてもらわないといけません。カリスマ経営者が再来するまで、全社一丸となって世界中のファンを喜ばせるものを見せて欲しいと願っています。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国債の格付けが、先進国... | トップ | 韓国人の暴走に不快の意を示せ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL