夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

男は、走るときでさえ、男友達に勝ちたがる

2017年04月20日 04時46分33秒 | ランニング

面白い!記録しておきましょう。

**********

友人のSNSに影響され、走る距離増 男性に顕著な傾向
朝日新聞 2017年4月19日11時13分

 SNSで友人のジョギングの記録を見ると、自分も走る距離やスピードが増す――。米マサチューセッツ工科大(MIT)のチームが分析したところ、こんな傾向がわかった。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに19日、論文を発表した。

 研究グループは、フェイスブックやツイッターなどのSNSには、腕などに付けた端末で測ったジョギングの距離や速さなどが記録されていることに着目。公開されている約110万人分の記録を調べた。

 その結果、SNSでフォローしている友人が普段より1キロ長い距離を走ると、本人が走る距離も0・3キロ伸びるという傾向が出た。友人の走るスピードが時速1キロ分速く走ると、本人も0・3キロ速くなった。

 SNSの影響は、友人が自分と同性の場合の方が強く、男性はその傾向がさらに顕著だった。一方、女性は男性の友人のSNSを見ても、全く影響されなかったという。(小宮山亮磨)

**********

男というのは、男友達には負けたくないんですな。気持ちはわかりますが、ほどほどにしておかないと、後が大変です。

個人的には、われ関せず、わが道を行く、でいいとおもっています。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嗚呼、東京・千代田区の歩き... | トップ | 尿の臭いでがんかどうかを判... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL