夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

WHO、肥満対策のために、ソーダ税の導入を提言

2016年10月18日 07時57分28秒 | 時事放談: 海外編

早晩、このソーダ税(soda tax)、提案されると思っていました。

**********

糖分入り飲料に課税提案 WHO、生活習慣病防止のため
朝日新聞 2016年10月17日23時09分

 肥満や生活習慣病の防止のため、糖分入りの飲料に対して課税を――。世界保健機関(WHO)は17日までに、こんな提言を盛り込んだ報告書を発表した。たばこへの課税と同様の対応を推奨し、小売価格を最低2割上げれば、消費も2割ほど減ることが期待できるとしている。

 今回の提言は、生活習慣病などの防止に向けた財政研究の報告書に盛り込まれた。糖類の過剰摂取が糖尿病や肥満につながることから、WHOの担当者は「糖分を含む飲料などに課税すれば、病気を減らし、命を救える」と主張している。

 WHOによると、2014年現在、世界の18歳以上の人々の39%が体重過多だった。また糖尿病の患者数は1980年に1億800万人だったのが、2014年には4億2200万人に増えたという。WHOの専門家は、「栄養上、砂糖は全く必要ではない」とした上で、糖分の摂取を必要なエネルギーの1割未満に抑えるよう推奨している。

 報告書は、新鮮な果物や野菜は健康に良いとして、補助金を出すことで小売価格を1~3割下げて摂取を促すことも提案している。(ニューヨーク=松尾一郎)

**********

高騰する医療費を考え、生産性向上をめざすとすれば、病人の減少はどの国でも重要なことです。特に肥満体国であるアメリカやメキシコなどでは、肥満は深刻な問題。ゆえに、アメリカでは、WHOの提言をもとに、清涼飲料水メーカーがどんなに反対しようが、すぐにでも厳しい規制法案ができることでしょう。

日本も、タバコと清涼飲料水への増税は、国民の健康を守るためにも、急ぐべきです。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間は、どんなにがんばって... | トップ | 辛党としては、チョコレート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL