夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

中村吉右衛門・自分史5:嫌だった女形

2017年07月15日 05時27分00秒 | 歌舞伎

中村吉右衛門の珍しい女形の写真が掲載されています。ファン、必見です。

**********

(語る 人生の贈りもの)中村吉右衛門:5 学芸会でも嫌々女の子の役
朝日新聞 2017年7月14日05時00分


「戻駕色相肩」に出た11歳のころ。「子ども時代はひょろひょろとして声も細く、女形が多かったのです」=本人提供

 ■歌舞伎俳優・中村吉右衛門

 《時代物にも世話物にもたけた立ち役の第一人者、吉右衛門。だが、小さい頃は女形が多く、好きではなかった》

 小学6年生の学芸会で「タイタニック」のお芝居をすることになり、先生から「女形やっているんだから、お前がやれ」と女の子の役をやるよう言われました。

 嫌で嫌でね。おふくろは妹のスカートを仕立て直して用意してくれましたが、本番では自分も相手役もセリフをよく覚えていなくて、2人でだまーっていました。見物の子たちがわあわあ騒ぎ出して散々でしたね。

 歌舞伎でも13歳のころ、「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ) 法界坊」で「野分姫(のわけひめ)」の役をやりました。揚げ幕から花道を通り、杖をついて舞台へ登場しますが、内股でそろそろ、しゃなりしゃなりと行くところを、男の歩き方で出てしまった。

 忘れられないのは11歳で「戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)」の禿(かむろ)たよりをつとめた時のこと。かごの中から「あい、あーい」と返事をして登場します。何日かは良い声が出ていたのですが、途中から「あいあい」と太い声になっちゃったんです。声変わりで。お客様に「うわー」と大笑いされました。

 《落ち着いた柔和な声、劇場内に響く名調子。吉右衛門は自在なセリフ術で知られるが、努力の下支えがあった》

 声変わりの期間が長く、声が出にくくなった。声帯を痛めたのか、声の出し方がよくないのか……と悩みました。声の良さとセリフ回しのうまさが初代吉右衛門の特長。セリフ回しは譜面に書けるような音階の豊かさがあり、音楽的でした。良い声を出せなくちゃ跡継ぎとして致命的なのです。

 ところが二十歳過ぎても良い声が出ない。実母に勧められて、清元節の清元志寿(しず)太夫お師匠さんに習うようになりました。お師匠さんは「変な声だからといってごまかそうとすると、のどを壊します。変な声が出た時はそのままやりなさい」と教えて下さった。おかげさまで少し、声が出るようになったんです。

 (聞き手 山根由起子)

**********

子役から大人の役になるのは、どの歌舞伎役者も苦労しているようですが、名優・吉右衛門も例外ではなかったようで、しみじみとしてしまいます。

逆にいえば、この時期の苦労があったからこそ、いまのすばらしいセリフ回しがあるのでしょう。頭が下がります。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村吉右衛門自分史4:10歳で... | トップ | 悪質な喫煙者を取り締まれな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歌舞伎」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL