夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

中村吉右衛門自分史2:4歳の初舞台

2017年07月12日 06時03分49秒 | 歌舞伎

連載2回目です。記録しておきましょう。

**********

(語る 人生の贈りもの)中村吉右衛門:2 4歳の初舞台、泣き続けて代役
朝日新聞 2017年7月11日05時00分

1948年、4歳の時の初舞台「ひらかな盛衰記 逆櫓」で初代中村吉右衛門(左)と=本人提供

 ■歌舞伎俳優・中村吉右衛門

 初代吉右衛門の一人娘が、ぼくの実母の正子(せいこ)です。初代は母を跡取りの男の子と思って育てていたようで、実母が初代松本白鸚(当時・五代目市川染五郎)と結婚すると言うと怒っちゃいましてね。すると母は「嫁に行ったら男の子を2人産んで、1人をうちの養子に出して吉右衛門を継がせる」と言って嫁入りしたのです。母は「女の一念岩をも通す」で、男の子を2人産んだ。1942年に兄(九代目松本幸四郎)、44年5月にぼくが生まれました。

 《4歳での初舞台は、東京・築地の東京劇場「御存俎板長兵衛(ごぞんじまないたのちょうべえ)」の倅(せがれ)長松と、「ひらかな盛衰記 逆櫓(さかろ)」の「槌松実(つちまつじつ)は駒若丸」をつとめた》

 初代のお弟子さんが化粧をしてくれましたが、駒若丸ではぼくが泣いて化粧がうまくできない。舞台に出てもやっぱり泣いちゃう。初代に「やめちまえ」と言われました。

 普段は「坊よ、坊よ」とかわいがってくれる祖父が、役ではケガをして血を流している恐ろしい顔だったので、怖かったんじゃないかな。結局、弟子の子どもさんが代役に立ってくれました。初舞台では前代未聞でしょう。

 長松の方は顔を真っ白に塗り、肝のすわったところを見せ、「だれだと思う、えー、つがもねぇ」とタンカを切る。お客様が拍手してくれるし、気持ちのいい役なので、喜んでやっていましたね。

 口上の時は初代の隣に座ってお辞儀をしました。初代が「養子にして二代目を継がせます」などと長く述べているので退屈でした。あぐらをかかせてもらっていましたが、ふと下を向くと赤いふんどしが目に入った。垂れている部分を引きずり出し、アイロンをかけるように手でしわをのばしていたら、客からじわじわと笑いが起きました。

 我々兄弟の世話をしてくれていたばあやのたけが、初代に言われて客席の後ろの方から様子を見ていた。初代にはごまかしてくれたようですが、たけは死ぬまで「あんなに冷や汗をかいたことはなかった」と言っていました。

 (聞き手 山根由起子)

**********

二代目吉右衛門の著書は全部読んでいて、このエピソードも知っているはずなのですが、忘れていました。長松はやったのに、駒若丸は途中降板したというのにはびっくりしてしまいました。名優・吉右衛門にも、こんなことがあったのかと驚かされます。

それにしても、4歳ですからね。いまだとその幼さで2本に出演するというのはあり得ない話です。大変なことを初代吉右衛門は要求したものです。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村吉右衛門が語る自分史の... | トップ | 中村吉右衛門自分史3:初代吉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歌舞伎」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL