夢と希望と笑いと涙の英語塾

INDECという名の東京高田馬場にある英語塾で繰り広げられる笑いと涙の物語
新入会員募集中!

老人が外へ出て、若者はひきこもり、日本人の外出は減る

2016年12月28日 05時34分46秒 | 時事放談: 国内編

 

 

外出する人が過去最低に

マイナビニュース

(マイナビニュース)

 

国土交通省は12月26日、2015年度「全国都市交通特性調査」(速報版)を公表した。人々がどのような目的で、どのような交通手段を利用して移動しているかなど、都市における人の動きをおおむね5年に一度調査しているもの。全国70都市4万3,700世帯を対象に郵送またWEBで行われた。

調査日に外出した人の割合は、平日で80.9%、休日で59.9%と、この調査が開始された1987年から最低の値となった。また、一日の移動回数も、平日で2.17回、休日で1.68回とこちらも調査開始以来最低の値だった。

○特に20代の移動回数が減少

移動回数が減少している要因としては、移動回数の少ない高齢者の人口が増えたことや、かつては移動回数が多かった若者も移動回数が減少していることが考えられるという。特に、20代の移動回数は1.43回と減少しており、今回の調査結果では70代の移動回数1.60回を下回った。また、割合が増加している非就業者について着目すると、就業者よりも外出が少なく、減少幅も大きいことが分かる。

三大都市圏(東京、名古屋、大阪)では、公共交通の利用率が増加している一方、自動車の利用率は減少している。地方都市圏では、自動車の利用率が増加している一方、公共交通の利用率はほぼ横ばいの傾向を示していた。
 

約4割が「休日出かけない」 1日の移動回数も過去最低に 国の交通特性調査

約4割が「休日出かけない」 1日の移動回数も過去最低に 国の交通特性調査

【図】年齢別の外出率、その推移

(乗りものニュース)

国土交通省が2015年度の「全国都市交通特性調査」(速報版)を公表。調査日に外出した人の割合、1日の移動回数ともに、1987年の調査開始以来、最低の値になりました。

若者の「移動回数」、高齢者を下回る

 国土交通省は2016年12月26日(月)、2015年度の「全国都市交通特性調査」(速報版)を公表しました。

 人がどのような目的で、どのような交通手段を利用して移動しているかなど、人の動きをおおむね5年おきに調査するものです。今回は、調査日に外出した人の割合が平日で80.9%、休日で59.9%、ひとりが1日に移動する平均回数(移動回数)が平日で2.17回、休日で1.68回と、いずれも1987(昭和62)年の調査開始以来、最低の値でした。

 若者の移動回数が減少し、高齢者の移動回数が増加しています。休日における20代の移動回数1.43回に対し、70代の移動回数はそれを上回る1.60回でした。特に20代の非就業者における外出率が大きく低下している一方で、人口が増加している60歳以上では就業者、非就業者ともに移動回数が増加していることがわかりました。

都市と地方で差が広がったもの、縮まったもの

 交通手段の利用率については、三大都市圏では公共交通が増加し、自動車が減少。一方、地方都市圏では自動車が増加しているのに対し、公共交通はほぼ横ばいの傾向を示しました。ただ、全国平均で見ると自動車は平日、休日ともに5年前と大差なく推移しています。

 ひとりが1日に動く回数の平均を目的別に見ると、通勤目的ではほぼ横ばい、通学や業務では年々減少しています。そして、休日における買い物、食事、娯楽といった私事目的では、1992(平成4)年と比べて約20%と、大きく減少しました。また、かつて三大都市圏よりも地方のほうが多かった移動回数は、いずれも減少傾向にあり、現在では地方都市圏2.18回、三大都市圏2.16回と差がほとんどなくなっています。

 今回の調査は全国70都市の世帯が対象。郵送またはウェブで4万3700世帯が回答しました。国土交通省は調査結果の具体的な要因などについてさらなる分析を進める予定です。

**********

金をもっている年寄りが元気で、金を持たない20代がひきこもり。傾向としてはこうなるのでしょう。確かに、映画館でも、劇場でも、年寄りだらけです。

若者よ、もっと外へ出てくれといいたくなります。勉強できる楽しいことがいっぱいあるのですから。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本肺癌学会会員の病院、16... | トップ | 交通事故死亡者数、1949年以... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL