インバナリのブログⅡ

蝶の夢を見る

知ってるつもり?

2017-07-21 19:38:47 | 日記
昨日の朝、とある事で新鮮な?驚きを感じた。急に「ドヨウウシノヒって何?」と聞かれて、そんな事も知らないの?とまずは言ったが、それを相手が理解出来るように説明する時に、今までは自分では知ってるフリ?をしていたけど教える・・・ちゃんと納得するように説明出来るか?「土曜日、牛の日」だと思っている相手に!そこで自分で少し驚いたね、簡潔に分かり易くって無理だと・・・一応は何とか説明らしき事はしたが残念ながら非常に長い説明だったと思う、念の為に後でネットで調べて間違っていない事を確認したけど知ってる、つもりでも説明するとなると内心エッ?とかアレッ?となる事に驚いた。
 「土曜、牛の日」だと思っていた相手は、食べるならウナギではなく焼肉じゃあないか?と疑問に思ったらしい。それを聞いて最初は吹き出したけど、その意味を説明する段になると中々難しい、特に平賀源内の事とか諸説あるみたいだし。知ってるつもりで本当はよく知らない、そんな事は割と多い。例えば小学校の時に習った理科での(物理)滑車の原理とか、人の力で無理なら重機しかない!と短絡するけど定滑車と動滑車を組み合わせて使えば簡単に動かせるし費用も安い。そんな事は誰でも知っている?でも実際に活用する事は稀な上に簡単だった計算も出来ない。知ってるつもりで本当は・・・等と色々と考える朝だった。

この記事をはてなブックマークに追加

早朝

2017-07-19 14:35:42 | 日記
 朝一で近くにあるコンビニへ買い物に行く、風が冷たいかも知れない?とウィンドブレーカーを羽織ったのは余計だったけど。
 三連休でお客さんが来て、さぞ混んだ事だろう横丁や周辺のお店も早朝はひっそりとして今日一日のドラマの始まりを待っている様だった。人々の活動と共に街も、ようやく眠りから覚めようとしている感じに、若い頃の営業マン時代に朝、早起きして街散歩をする同僚とのやり取りを思い出す。静まり返った街を誰よりも早く起き出して散歩するのは面白いし誰よりも頑張っている気持ちがする等と言うので、そんなのフライングじゃあないのか?スタートなんかどうでも結局はゴールした時の着順しか世間も会社も認めないよ等と朝に弱い私は反論した。毎月毎月、数字(結果)を出す為に同僚達と鎬を削る日々、毎日刺激があってそれなりに楽しかったな!等と過去を振り返りながら歩く。
 近頃やり始めた筋伸ばし?で足の関節が楽になった為か歩くのも、これまでよりスムーズだ。退院して暫くは気を抜くと何時、何処で倒れるか分からないと神経をピリピリさせて歩いていた、その頃に比べれば今は気ままで気楽なものだ、後は長時間とか長距離という持続力の問題だがオイオイと・・・Aさんのように美魔女の所に歩いて通うのも検討しているが美魔女を漫画に登場させる構想というか妄想が纏まらない。何たって初作となる筈のムンのオチが未だ決まらない・・・。見て驚いたりしても「だから何だ?」というのは出会う度に思っていた事だし、その先が無い。要するに一番肝心な夢や希望と言うのが無い!ちょっとした動体視力があれば別に特別な感性?とか要らないし誰でも見る事が出来るし気が付く。だから何?何で姿を見せるのか?という疑問だけしか残らない。そんなのは多分オチに使えないし・・・まあ、最後は嘘で纏めるしかないだろう・・・と言う事に今までずっと引っ掛かっている訳だが、別に研究者でも何でもない事だし漫画だし、等と最近は思っている。

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

涼しい

2017-07-18 08:33:48 | 日記
 今年も涼しい夏だ、後一ヶ月しか夏は無いが果たして暑い夏はやって来るんだろうか?部屋の中でランニングシャツだけだと肌寒くなって更に上からTシャツを重ね着したりする事もある。涼しい風に早くも秋の気配?を感じたりして幾分ガッカリもする。
 カンカン照りの日中、木陰に逃げ込んで恨めしそうに太陽を見上げる・・・みたいな状況にならないもんだろうか?なればなったで文句は言うけど、欲を言えばもう少し夏らしい暑さが欲しい。
 このところは柔軟運動というか筋伸ばしにハマっている、筋を伸ばす事により関節の可動範囲も広がり動き易い、これまで試行錯誤しながらの自己流リハビリだがやっただけの効果は感じている。突然、病気によって体が麻痺して自由が奪われた悔しさがリハビリの原動力となっているが、その気持ちが薄れず体も持ち堪えてくれれば、いずれ体は元に復調する筈だ。
 
 
 

 
 




 


 
 
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

砥石

2017-07-16 10:11:25 | 日記
このところは流石に夏らしい気温だ。戸外に出ている訳ではないので猛暑とか言われてもピンとは来ないが、とにかく夏は感じるが涼しいそよ風(涼風)に吹かれていると早々と秋が紛れ込んでいるのか?という疑いを感じる時もある。
駐車場などで止めた車の中で少し仮眠を取る時、最初全開にした車の窓を途中で肌寒くなって閉めたりする程、涼しい風が車内を吹き抜ける。まあ、場所により状況は違うので涼しい北海道の夏!という思い込みは禁物だ、道内各地で30℃超えとの報道もされているが部屋のクーラーは未だ稼働させていない、扇風機の弱レベルの風で充分用は足りてる。コンクリートの建物やアスファルト舗装の道路が放熱する夕方は時々、軽く一杯?等と言う良からぬ発想もするが面倒臭いと思う様にしてパスしているが退屈だ。
 退屈ついでに刃物研ぎをしたが初めて使ったダイヤモンド砥石、スゴイな~と思わず独り言を言う。研ぐというより削る!刃の付いた面を少しの力でダイヤモンドがゴリゴリと削る!そして、あっと言う間に刃が立つ・・・これまでは気分転換とか集中する為の準備運動?みたいな感じで刃物を研いでいたけど、もうそんな事も終わったと思った。昔、どうしようもない程、頭にきたりした時は家中の包丁を研いだ。刃先の角度に気を付けながら砥石との摩擦で研ぐのは集中力が必要だし、それに集中していると気持ちが落ち着いて来る。傍から見れば怒り狂ったオヤンズがせっせと包丁などを研いでいる姿は決して平和的ではないけど・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

二日酔い

2017-07-11 09:58:45 | 日記
 この間、少し長い距離を歩いて幾らか汗ばむ。体のバランス感覚を司る神経がやられているので雑な作りのヤジロベエみたいで体も気持ちも安定しない。まあ、慣れというか場数で感覚を育ててゆくしかない、と思いながら無理やり長い距離を歩いた。誰でも幼少期は通った途だ、ヨチヨチ歩き・・・それをもう一度、今は繰り返している。
 歩き疲れたのと喉の渇き、という理由で家を通り過ごして飲みに行く。普通はビールと言うところだがウヰスキーをロックで飲む。普段なら2~3杯で帰るのだが、その日は渓流釣りを趣味にしているお客さんがいたので釣り談義!ヒグマの王国、北海道での渓流釣り師の話は、まるで子供時代に熱中したシートン動物記を彷彿させるものがある。クマなんか普通にいるし危ないと思った事も何度もあると言う。身を守るのに鉈の携行を!等と言うがせめて手槍の所持くらいは認めて欲しいと言うのも分かる気がした。鼻息がかかるほどクマに迫られて、やっとの思いで爆竹に火を付けて追い払ったなんて場面は想像するだけで勘弁だな。面白い話を聞きながら飲み過ぎてしまった結果、数年振りの二日酔い、ロックでチビチビ飲むつもりが・・
 

 

この記事をはてなブックマークに追加