インバナリのブログⅡ

蝶の夢を見る

2017-06-25 22:54:52 | 日記
ひょんな事から目の(見え)が良くなり相変わらず腹筋運動は継続中で更に目に良いと宣伝されているサプリ等も服用したり眼球の運動?とかもしている。見える、見えないでは天地の差がある。老化による目がショボショボするとかじゃあなくて一日中夕方みたいで暗くて更にモノが2重に見えてた。眼科に行っても「加齢による老化現象だから仕方ないね」とまるでゴミを放り投げる様な?説明・・・ええ、なら自力で頑張ります!って事になる。「病気になって病院に来ても私達の所為ではなくアンタの不摂生とかが原因だから自業自得ですよ」と言い放った医師よりはマシだけど医療の商売人?としては営業トークがなっていない。勿論、診察は置いといて口喧嘩になる。
 目と言えばケンムンが悪戯?で人の目を引っ掻く事がよくある。一体何の為に?と言う質問とかは分かりませんから疑問な方はケンムンに直接質問して下さい!そして、ネットで報告してくださいませ!大体、草や木の小枝等で目を突いたか?ゴミが目に入ったか?と思うけど2度3度と続けて目が痛むので開けた障害物の無い場所に移動し更に風下に顔を向けているのにガツンと目に痛みが走る。そんな時に、その者(目を引っ掻かれた者の)の眼球を見ると眼球に細い傷(引っかき傷)がある。体の急所でもトップに入る眼球を引っ掻かれる、しかも見えない相手からだから防ぎようがない。心証とかではなく現象として結果が確認出来るんだからケンムン・ワラを聞き書きして地図作成しながら自分自身を実験台?とするツワモノが現れる事を希望するね。数年後にはケンムン・ワラなんて言葉も消えてしまうし場所を知っている者だっていなくなる。
 
 
 
                                                                                                    

この記事をはてなブックマークに追加

夏草刈

2017-06-24 21:00:16 | 日記
最近になってやっと?幾らか汗ばむ様な気温になって来た。梅雨時という事もあって湿度もそれなりにあるが嫌なジメジメ感は無い。適当な湿度と暖かい気温で雑草の伸びが早い!で草刈の手伝いをしたが未だ片腕が不自由なので鎌ではなく怪我の恐れが無い刈込鋏を使った。
伸びた夏草を上・中・下と3度切る事になり結構な運動量となるが使用前に刃にヤスリがけしておいたので楽勝で作業終了するが、久し振りの労働?で昼食時に箸を持つ手がプルプルして苦笑い。草刈ぐらいでとイラっとはするし別に可笑しくも無いけど笑うしかない、ホント苦笑いだ。頭で考えている動きは以前のままで、それに体が必死になって付いて行く様な状態で思いと動きが一致しない。長かったけど、最近やっと人心地ついた感じがする。


 

この記事をはてなブックマークに追加

筋トレ

2017-06-21 20:08:14 | 日記
 昨日は仲間の筋トレマニアと仕事の打合せをする。前に頼んでた仕事も問題なく終えてくれたので次の仕事を頼む。打合せ等と言ってもメモを前にザっと5分も話せば終了!後は近況を聞いたり雑談だけだが、何のために何を目指して日々、キツイ筋トレしているのか?と聞いてみたら、それは時々、自分でも疑問に思う事だと笑っていた。彼は少し暇だからと勉強すれば難関資格をサラッと取ってしまう様な頭の良い人間で常に何かをしていなければ気が済まない?50歳を過ぎても未だ見た目は30代に見える筋肉質の体型を維持している、経営者として技術屋として常にストレスがかかっている彼からすると筋トレは彼にとっては一種の精神安定剤か?なら止める訳にはいかない・・・別に目標も無いのに毎日筋トレにも励むって辛いかも・・・それに比べれば私なんか幸せな状況だ、筋トレの成果が日常生活の動きに反映される、ふ~んモノは考え方次第か。
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

怪と怪物

2017-06-19 09:56:01 | 日記
 冬は急ぎ足で来るのに夏は随分とゆっくりだなと北国の気候に不満を感じる日々だけど気温が上がって来ているので近頃体調は良い。やっぱり年の所為で体にも精神(気持ち)にも熱が無いので外気温の助けも必要?まあ、肉体ではなく精神なんか怒れば熱は出るだろうが怒るだけのパワーも不足してるから無駄に怒れない、多分、年寄が怒りっぽくなるのは他に熱を供給するモノが無いから?怒る事で自己燃焼して熱を補給してるのかも知れない。
たまには活字でも読もうかとネットで探していたら「山怪」という本に興味が湧いたけど検索していると路線が違う?と分かった。大体が観察が半端で何?と言う個人の疑問がメインみたいな感じらしい。書評で現象ではなく心証だとか書かれているのも読む気を失くす。折角、コンビニのネットサービスとやらを使ってみようと思ったのに。ついでに同じ様なネット記事も沢山あるので読んでみたら、読む気が無くなった。ウン、何かはいるよね、でもソッチ方面にはあまり興味は無いな~みたいな?
 よく霊体験みたいな場面で悲鳴を上げたりする人はキッと頭の回転が早い部類の人だと私は思う。初めて見たモノが何であるか?を瞬時に理解出来るんだから勉強の仕方如何では天才と呼ばれる人になりそうだ。半面、鈍臭く鈍感な私なんか暫く観察していても理解出来ない。
 ただ色んな疑問が湧いてくるだけで終いに飽きて来る。幽霊だと言われるモノを見た時も微動だにしない姿勢や動かない喉や胸、腹を見ていて特殊な?呼吸法だと感心さえしていた。 何だか変だなと言う違和感を持ちながらヤッと気が付いた?のは目の前の女性が急に尿意をもよおしてしゃがんで用を足そうとした所に私がやって来て無遠慮にジロジロ見てる、それで仕方なく必死で尿意を堪えていると思ったので直ぐにUターンして帰った、後で母親に自分の鈍感さを話した。何でこんなに鈍なんだろうと、気が付かない以上に失礼だと・・・。ところが後で大人達の話で、それは数年前に亡くなった人の幽霊だったと分かった、勿論、子供だったから大人に混じって話などしてはいない、大人が世の中には不思議な事があるもんだと話しているのを聞いていると、場所も着衣も様子も全く同じで、それを聞いて「アレって幽霊だったの?」と驚いた。私だって変だと思ったから足元を見たりしていたが足はある、それに足が無い幽霊画は江戸時代の画家が流行らせた話も知っていた。集落の人の生活道路の脇で一方向を見つめて直立不動、いや、最初は私が会釈したら会釈して返したけど後はずっと直立不動で、動かないと有名なバッキンガムの衛兵を連想したりした。恐らく残像の様なモノ?だろうけど、そんなモノより海岸ではタイミングが合えばもっと凄いモノを見る事がある。それは作り物のお化け屋敷なんか足元にも及ばない、海中でも単に綺麗なだけではなく巨大なウツボやハモやサメやオニカマス(全て巨大な)に遭遇するしリアルにヤバイ!そんな時は手作りの手モリだけが身を守る唯一の武器だったがそれらに向けては一度も発射する事は無かった。
竹製の柄は簡単にへし折られるし、もし反撃されたら簡単に終わる・・・。山の怪よりも海の怪物の方が怖い!
 

この記事をはてなブックマークに追加

不機嫌の理由

2017-06-09 08:44:30 | 日記
街路樹の若葉が風を受けてそよぐ季節、柔らかな新緑を見に大沼公園まで足を伸ばそうかと思ったが何時、雨が降るかと思うと即、中断! 何せ、朝起きて部屋のカーテンを開けると見えるのは真っ白な空で冬も夏も空の色では区別がつかない、偶に朝から青空が覘く事もあるけど油断大敵な季節だし、普段は一面の霧空おまけに雲の動きも霧に覆われていて分からないから思い付き的な行動は制限される、つぅか面倒臭くなったから行くのを止した、ただでさえ何事も億劫になっていく年頃だから、しないとか、やらない方向は決定するのが素早い。
 筋トレは相変わらず仕方なく?渋々と続けているけど慣れると自然と楽な体勢を取るので効果は疑問だ・・・痺れる左手を見ると掌がシワシワ?恐らく血流やリンパ等の循環が悪いのか?と今度はセルフ・マッサージもリハビリのメニューに加える。そうやってメニューだけが次第に増えていくので以前の仕事している時よりも日々忙しい?その以前の仕事だって皆が考えたり行動するのが面倒臭い分野をやっていただけで、愚痴を言う程は忙しくは無かったけど面倒臭いから結局、孤立無援状態の一人働き、まあ気ままで良かった。実際は安直な発想からの指示とか注文で考えられない程ケチな予算には毎度大変だったけど今は昔、もう知らん!以前の仕事の関わりを断ち切るのは非常に気持ちいい。
 携帯電話が世の中に広まって、便利な反面、非常に腹立たしい事も多い。相手の都合に関係なく一方的に電話してくるとか、自分がそんな事を思うから時々、電話する前にショートメールで事前に打診?してから電話したりする。着信記録があろうとなかろうと嫌だと思うと折り返しの電話はしない、電話なんか寄こさないで要点のみメールしろよ!と何度も思う。人の時間を勝手に奪うなよ!そんな権利があるのか?等と思いながら電話に出るのでほぼ不機嫌な感じで電話に出る。便利だけど人を不機嫌にさせる携帯電話、もうメモの通信だけで良いと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


 
 

この記事をはてなブックマークに追加