インバナリのブログⅡ

蝶の夢を見る

変顔注意

2017-02-27 10:05:59 | 日記
 子供の頃に顎を外した経験がある人はどの位いるのか分からないが、多分、南西諸島では比率が他よりも高い筈だと思う。ケンムンと遊ぶと時に顎が外れて眼はガチャ目になったりする事がある。顎が外れたり外れかかったりするのは大きな声を出して叫んだり笑ったりするのが原因だろうけど、目が何でガチャ目(藪睨み)になるのか分からない。本人は楽しいのだろうが、その異様な顔を見ると鳥肌立つ思いがする。顔が伸びて曲がっている上に涎を垂らして、目は何処を見てるのか分からない・・・。他人(友達等)のそんな顔は見たが、自分でも何度かそうなった事がある。実際にそうなった自分の顔を鏡で見た事も。
 地面に倒れたりモノにぶっかったりもしていないのに呆けた顔になる。後でその事を聞かれても記憶が薄いとか全く覚えていない事もある。昔と違って現在では直ぐに病院に連れて行って貰えるので病院のカルテに残っている?外傷等何も無いのに顎が外れたり目の位置がオカシクなった子供の患者のカルテなんかがあると思う。それに学校の医務室とかにも。医療機関の記録に対して迷信だのオカルトだの文句を言う人はいないだろうし、夢見る妄想家もメルヘン路線を考え直すかも?何が可愛い姿をしているって?見た事も無いのに・・・。
ガチャ目になる理由を私なりに妄想すると、動いているから前は見なくちゃいけないし、他にも見なくてはいけないモノがいるので両眼が別々になるのではないかと妄想する。可愛いとかなら何も目をチョッと離す事ぐらいどうって事は無い?生死に関わる様な恐怖を感じたりしていると相手から目は離せないけど・・・。ただ、怖いと言う意識は無く逆に楽し過ぎるし解放感も半端じゃない、後で何であんなに楽しく感じたんだろうと不思議に思うぐらいだが記憶が薄い・・・。
 人では無くてそんな事を発生させた場所を警戒した方が良いと思う。そんな場所に現れるモノに注意しないと変顔になる場合がある。
 

 
 

 
 

 
 

 

 

 
 


この記事をはてなブックマークに追加

春よ来い

2017-02-19 06:37:37 | 日記
雪が溶けて乾いた路面に歩き易くなったと思うと又、雪が降って長靴が必要になる。関東では春一番が吹いたと言うニュースにチョッピリ羨ましく思ったりする、ここは未だ春遠い、雪国だから。
凍結した路面を滑って転んだりしないようにとか地面気にせずに歩きたい!両足に軽目のウエィト付けて重い長靴履いて雪降る外を歩いても楽しくは無い!春じゃなくて一足飛びに夏になって欲しいぐらいだ。で、温暖化はどうなってる?例のツバルって国、未だ海に沈んでない?当時のマスコミ報道だと、とっくに陸地は海に沈んでる筈だが・・・。後、10年もすれば云々と言っていたがアレから20年近くは経った。ヤッパリ温暖化詐欺ってヤツ?
 リハビリ用に足に装着しているウェイトは片方は装着している感じは全く無いが麻痺側は倍以上の重さを感じているので未だ重量を増やせないでいる、このまま慣れを待つか・・・。ウェイトのお陰で地に足がつく感じで体のバランスも良く安定するが、ツルツルの凍結路面には何の効果も無い、おまけに商業施設等の床も見た目の派手さだけで、冬場の水分を含んだ靴底でやって来る利用者への配慮など全く眼中に無い?滑り易いPタイル床とかが多いので外も中も気が抜けない季節だ。
 足といえば、子供の頃に両足に膝が2つづつある?少年に会った。足は長くて良いのだが膝が変だった。普通は太ももを上げて足の力を抜けば足の角度は直角に近くなるのに彼のは段々?
もっと変だったのは隠れてもいないのに「お前にはオレが見えるのか?」と聞いたりした事だが、私が一人で野良作業等をしている事にやって来て色々話をした相手だったから顔は見知っていたが、その日は色々と警告?するのが煩くて2度と話しかけるな!と怒鳴ったりした。結局、その後に大怪我をしたが、当時の私は周りの大人達から小言や説教ばかり聞かされていたので自分の事で何か言われる度にウンザリで誰に対しても聞く耳は持てなかった。先を予知して警告してくれるなら私が話を聞かない事も知っていた筈だ?特に熱心になって言われると反発いや、怒りしか湧いてこなかった、大人の酒飲みに言われると尚更で論語読みの論語知らずの癖に!と思っていた、拙くても自分の言葉で言えと。
 
 
 

 

この記事をはてなブックマークに追加

記憶って?

2017-02-11 21:38:06 | 日記
 ケンムンという妖怪は南西諸島で有名(昔ほどではないが)だが、その姿を見たと言う人は意外と少ない。果たしてそうなのか?と言うと少し疑問である。実際に見ても見たと言う記憶が残らないから分からないだけだ。それよりも、もっと変なのはその間の自分の行動等について振り返る事も無い?
 子供の頃に何人かと鬼ごっこの様な事をして遊んで疲れて休んでいる時に幾つかの疑問を持った。まず最初は缶蹴りから始めたが何時の間にか鬼ごっこになっていた。一体誰が変更したのか?鬼ごっこで何度鬼になったのか?とか鬼になった順番は?とか先程までの記憶があやふやで思い出せない。おまけに非常に疲れている、それに我々以外の者達は何処に行ったのか?誰だったのか?と分からない事だらけだった。そこで友達に声をかけて話を聞く事にしたら友達の記憶も中途半端で聞きたい事(質問した事)を何も覚えていない、疲れているので話すのも億劫だと言うが構わずに聞き出すと我々の他にも誰かいたと言う。その誰かと一緒に遊んでいてそんな状態だから学校での成績が悪いのは当然だ。しかし、みんなが皆、同じ様に先程までの記憶があやふやって何だ?おかしいじゃないか!と次第に怒ってきたが何の解決にもならない。そんな事が何度かあったが違和感を感じるだけでそれ以上の事は何も分からなかった。
 私が中学生の頃、友達や兄弟達と庭で遊んでいた時に強い違和感を感じて皆を見ると、私の知らない女の子が混じって遊んでいた。一体何処の誰だろう?という疑問から始まって色んな疑問を感じたが中々、それを聞くチャンスが無かった。赤い肌の色はまるでサンバーンの酷い状態に思えた。赤色人種?かと思ったぐらいだったが、彼女らに体をタッチされると非常に気持ちが良かったので、手の平で背中を叩いてもらったら指先に画鋲か何かを仕込んでいるみたいに痛いので、思わず相手の手首を掴んで見ると毛皮の手袋だ?手袋にしては手の甲にも平にも毛があるし指は4本で親指は何処に入れたのか?と聞く、そもそも親指が無いとモノが上手く掴めないじゃないかと毛皮の手袋をバカにした。それに暖かい時期だし手袋なんか必要はない。
そして肝心の画鋲?を探そうと指先を撫でてみたら鋭い釣り針?カギ爪?がある事が分かった。一体何のために猫のような爪を手袋に付けているんだ?と聞いたら、急に3人の女の子が私の顔を覗き込んだ・・・それを見た瞬間に私は悟った。が、分かった事を気取られない様にする以外に方法は思い付かない。例えば非常に癖の悪い猛犬を自分の家で飼っている犬と勘違いして、じゃれあっている様な状態?こっちが間違いに気づくとたちまち噛みつかれる怖さが・・・まあ、泥酔でもしていない限りあり得ない状況だけど。
喉が渇いたので水を飲みに家に戻り、水を飲んで又そこに行くと、みんなは相変わらず誰とも知れない、その3人の女の子と遊んでいる。しかし、途中で私の近くに来た幼馴染を叱り飛ばして正気に戻させた以外の者にはその3人の女の子の記憶が無い。後でケンムンを見た事が無いって言って私を呆れさせるが、見た事が無いモノと一緒に遊んでいたんだよ。

 

この記事をはてなブックマークに追加

修行?

2017-02-04 05:31:50 | 日記
暫く振りに、美魔女のお店に顔出しするとAさんの話題に。ほぼ毎日の様に通っているらしい。散歩がてらに良いんじゃない!運動も必要だし等と言ったが、毎日の様にって修行?幾ら目と心の「癒し」になるとは言えど今は厳冬期だから風邪が心配・・・寒さに弱い私だから外の気温に軽く負けるけどAさんが通う気持ちは分かる・・・オヤンズの執念?それよりもママの癒し効果だよな、特に雰囲気が何とも言えない。
 30年前に新聞に美人ママと紹介された写真を見せてもらったらスゲー美人(今もだが)!
どう見ても白人の血を引いてる?風に見えるんだけど本人は純日本人だと言う。東京のマスコミとか芸能関係者は何見落としていたんだぁ~2度も新聞に載っているのに・・・それにカメラマンとか画家志望者とかもいただろうに何でモデルにしなかったんだろう?と他人の事ながら少し残念に思う。発掘者?スカウト?として便乗出来た筈なんだがとか余計な事を考えたりしていた。病気の所為で寒い時に外に出る事を極力避けているし、偶に外で飲んでも、精々お湯割りを2~3杯と自重?しているのでAさんにも会っていないけどAさんは「癒し」を求めて修行?してたのか・・・。私など雪の中を走るジョガーを目にして羨ましいと思うだけで精一杯なんだけど、雪と氷点下の気温の街を歩いて(かどうか?)一杯のコーヒーとママの顔を見る為に、ほぼ毎日通う・・・うーん何かのドラマのワンシーン?と、まぁ絵にして想像中!
 ジョギングは無理でもウオーキングでも始めるか?と考えているけど、映画・八甲田山雪中行軍?とかイメージ浮かんで逃げ腰に・・・。
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加