インバナリのブログⅡ

蝶の夢を見る

走りたい

2016-10-19 12:11:53 | 日記
病気以降、すっかりニート?引き籠り生活でそろそろ2年にもなろうとしている。1年間はダメージ強過ぎて訳分からないまま過ごしたが左目の視野が戻ったここ10ヶ月間?は時々、外にも出たりしているが体力の低下に驚いてばかりだ、だが体のバランスは大分良くなってきている。今冬の凍結路面が歩ければ問題ない筈?
 この2年間、時間が自由に使えるハズなのに一体何をしてたんだ?と考えると何もしていない・・・。
動かないし食べないから体は、すっかり痩せ細ってしまった。腹筋運動を続けていたから腹はへこんでいるけど、腹が出てたなら地獄絵図などで見る餓鬼みたいなスタイルだなと浴室の鏡で自分の体を見ながら物悲しい想像をしたりする。しかし、そんな事よりも人との接触を極力避けていた所為か、時々自分の思考に入り込んでしまい周りの状況判断に手間取ったりする時があるけどボケの始まりか? 一度、熊とか猛犬に追いかけられて必死になって逃げるという様なショック療法?みたいな事が必要だな・・・と思う気持ちだけは・・・但し、今日だけ?明日はそんな気力が湧くかどうか分からない、その前に走れるのか自分?という疑問など関係ない単なる妄想です。それも昔読んだシートン動物記からの連想・・・。体調が悪いと感じると無理を承知でキツイ運動をしていたけど、それは回復力がある若い頃の思い出かも?


 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疲れるかも | トップ | 腕立て伏せ »

あわせて読む