印旛郡市中学校美術部展ClosedSite

「印旛郡市中学校美術部展 OFFICIAL SITE」内で印旛郡市の中学校美術部や全国の美術部の活動を紹介するページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『100人ワークショップ(千葉県立美術館)』成田市立成田中学校

2010年09月24日 | ワークショップ

平成22年9月18日(土)千葉県立美術館で行われた『100人ワークショップ』に参加しました。自然木をシュロ縄で結んで等身大以上のオブジェを作ろうという企画。千葉大学の先生と大学生・大学院生の皆さんが教えてくれます。

JR成田駅を8時30分頃出発、10時前に美術館に到着しました。右前方にポートタワー。左方向に横断歩道を渡ると千葉県立美術館です。

H22narita1001

天気は快晴。前方に千葉県立美術館。

H22narita1002

千葉県内の美術部から6校が集まりました。印旛郡市からは佐倉市立臼井中学校、成田市立下総中学校、成田市立成田中学校が参加しました。まずは事前アンケートの記入。まだ緊張気味の美術部員たち。

H22narita1003

アンケートの記入が終わり、日程説明の後、ジャージなどに着替えて中庭に移動します。体育館ほどある広い芝生の庭は、大量の自然木で囲まれていました。

H22narita1004

大学生・大学院生の進行で『名前順に並ぶゲーム』『手をつないで、どこまで長くなるかゲーム』などのレクをしながら、10人くらいのグループができ上がります。その後、庭いっぱいにグループごとに広がり、担当の学生さんを中心に輪になり自己紹介などを行います。

H22narita1005

いよいよワークショップ開始。使う物は、自然木とシュロ縄。そしてハサミ。

H22narita1006

グループの学生さんが、木の組み方、縄の縛り方の基本を中学生に伝授。

H22narita1008

大学生・大学院生の学生さんに教わりながら、生徒達も、どんどん動き始めます。

H22narita1009

三脚のように、3本の木を組み合わせせると、立ち上がるようです。

H22narita1007

木を運ぶ、3つの中学校の美術部員たち。今日初めて会ったとは思えないチームワーク!

H22narita10011

どんどん、組み合わせて、結んでいきます。

H22narita10010_2

みるみるうちに、大きくなっていきます。

H22narita10012

H22narita10013

H22narita10014

お昼をはさんで、午後になると、背の高さを超え、木に登りながらつくる生徒も増えてきます。さらに巨大になっていきます。

H22narita10015

H22narita10016

NHKのインタビューにこたえる、成田中学校部長。

H22narita10017

あっという間に終了時間。片づけの後、鑑賞会です。順番に各グループの作品の前に集まり、代表者がグループ名・作品のテーマ・題名などを発表します。

H22narita10018

H22narita10019

この後、グループごとに記念撮影。さらに参加者全員の記念撮影で、終了です。千葉大の学生さんとのお別れは、修学旅行のバスガイドさんとのお別れのようでした。

室内で事後アンケートを書いて、全て完了です。帰り際に、他校の生徒と連絡先を交換する姿も見られました。

校外に出て、他校と本格的に交流する初めての機会だったので、貴重な経験となりました。今後、こういう交流の機会を積極的に増やしていこうと思います。今回作った作品は、しばらくの間、展示されているとのことです。お近くにお立ち寄りの際は、是非、ご覧下さい。

H22narita10020

NHK。当日午後6時45分首都圏ニュースで、『100人ワークショップ』の様子が一分間くらい、放送されました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一宮町立一宮中学校(千葉県... | トップ | 第3回 魚住東中学校美術部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。