ハナのパパ日記

(有)インバオートサービスの店長とハナの田舎暮らしのあれこれです。
海と南の島が大好き!キャンプや車中泊が大好き!

イノシシ用電気柵

2016-10-19 17:49:48 | 工作

ここ10年ほど印旛村でもイノシシの被害が多発しています。

地主さんの事務所裏の畑にもイノシシが出没しているのです。

地主さんのお母さん曰く、

「色々と農家で聞くと、電気柵は2~30万円もするんだけど貴方だったらなんとかなるでしょ。調べて見て!」

と、相談されたのです。


インターネットで色々と検索の結果、格安で良さそうな電気柵を見つけました。

早速ネットで注文。

説明書を読んでご主人と一緒に取り付け終了。

簡単で効果抜群!


その結果その裏の畑にイノシシが暴れまわったのです。

今度は裏の裏の畑から電気柵の取り付け依頼がきました。


さて早速ネット注文して取り付けに行きましょう。

中古車屋さんなんだけれどね。


電気柵キットが届きました。

100m2段張りのキットです。

今回の取り付ける畑です。

おばあちゃんが作っている畑なのです。

周囲約120m

まずは角々に木製の支柱を打ち込みます。

リング碍子を取り付けてホワイトライン(電線が織り込まれた線)を張り巡らせましょう。

5m間隔で絶縁ポールでラインを支えて、入り口・出口を作ります。

パワーユニットは露天でも良いのですが小さなビニールハウスがあったのでハウス内に取り付け。

電源は自動車用のバッテリーを使用。

単一乾電池6本でも使用可能だけど、19バッテリーだったら多分半年は十分持つでしょう。

半年ごとに充電しに行かなくちゃね。

最後に通電試験。

ゴム長靴でも素手で触ると結構ビシッっと来ますね。

各場所でも素手で触ってテスト完了です。

地面がアースです。

線を地面に触れるとパチンと放電しますから、素足のイノシシは結構衝撃が来るでしょう。

それも多分鼻先にね!


電気ショックは7000Vの1㎃なのでちょっと強い静電気ぐらいかな。

なので危険はありません。

ちょっと強く驚くぐらいでしょう。

素足のハナも一度触りましたが、「キャン!」と言ってました。

もう近寄りませんでした・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今期の最後のミョウガ | トップ | 里芋が好き! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。