ITパスポート

ITパスポート国家試験(問題)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

H28秋ITパスポート問1~問10

2016-11-08 10:30:42 | Weblog

問1 労働者派遣に関する説明のうち,適切なものはどれか。

  ア 業務の種類によらず,派遣期間の制限はない。
  イ 派遣契約の種類によらず,派遣労働者の選任は派遣先が行う。
  ウ 派遣先が派遣労働者に給与を支払う。
  エ 派遣労働者であった者を,派遣元との雇用期間が終了後,派遣先が雇用してもよい。
 
問2 BPRに関する記述として,適切なものはどれか。
 
  ア 業務の手順を改めて見直し,抜本的に再設計する考え方
  イ サービスの事業者が利用者に対して,サービスの品質を具体的な数値として保証する契約
  ウ 参加している人が自由に書込みができるコンピュータシステム上の掲示板
  エ 情報システムを導入する際に,ユーザがベンダに提供する導入システムの概要や調達条件を記述した文書
 
問3 あらかじめ明示的に同意を得た相手だけに,広告宣伝メールの送付や個人情報の取得を行う,コンプライアンスにのっとった手法を表すものはどれか。
 
  ア アクティベーション      イ オプトアウト
  ウ オプトイン          ウ ホワイトリスト
 
問4 定義すべき要件を業務要件とシステム要件に分けたとき,業務要件に当たるものはどれか。
 
  ア オンラインシステムの稼働率は99%以上とする。
  イ 情報漏えいを防ぐために,ネットワークを介して授受するデータを暗号化する。
  ウ 操作性向上のために,画面表示にはWebブラウザを使用する。
  エ 物流コストを削減するために出庫作業の自動化率を高める。
 
問5 CRMの前提となっている考え方として,最も適切なものはどれか。
 
  ア 競争の少ない領域に他社に先駆けて進出することが利益の源泉となる。
  イ 顧客との良好な関係を構築し,維持することが利益の源泉となる。
  ウ 製品のライフサイクルを短縮することが利益の源泉となる。
  エ 特定市場で大きなシェアを獲得することが利益の源泉となる。
 
問6 システム化計画において,情報システムの費用対効果を評価する。その評価指標として,適切なものはどれか。
 
  ア PER    イ ROI    ウ 自己資本比率    エ 流動比率
 
問7 大規模な自然災害を想定したBCPを作成する目的として,最も適切なものはどれか。
 
  ア 経営資源が縮減された状況における重要事業の継続
  イ 建物や設備などの資産の保全
  ウ 被災地における連絡手段の確保
  エ 労働災害の原因となるリスクの発生確率とその影響の低減
 
問8 経営戦略に基づき全社の情報システム戦略を策定し,それを受けて個別システムについての企画業務,開発業務を行う。このとき,全社の情報システム戦略を策定する段階で行う作業として,最も適切なものはどれか。
 
  ア システム移行計画の立案      イ システムテスト計画の立案
  ウ 情報化投資計画の立案       エ 調達計画の立案

問9 ある製品を生産,販売するのに,固定費が100万円,製品1個当たりの変動費が7万円である。この製品を単価10万円で販売するとき,利益を170万円以上確保するためには,少なくとも何個を販売する必要があるか。

  ア 90      イ 270      ウ 630      エ 900
 
問10 受注生産方式と見込生産方式を比較した場合の受注生産方式の特徴として,適切なものはどれか。
 
  ア 受注時点で製品の出荷はできないが,製品が過剰在庫となるリスクはない。
  イ 受注予測の精度を上げて,製品の在庫量を適正に維持することが求められる。
  ウ 製品の在庫不足によって,受注機会を損失するリスクを伴う。
  エ 製品の受注予測に基づいて立案した生産計画に従って,製品を生産する。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H28秋ITパスポート問1... | トップ | H29春ITパスポート問9... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。