年寄りの知恵袋

若い方々に色んな知識を教えたいと思っています!
実のなる木の剪定方法などを掲載予定です。

NO.2 隣の養子のしぐさ

2017-07-23 15:27:45 | 日記
 NO.2 隣に養子に来て間もない頃.植え込み盆栽の続きのわずかな所に.一番最初に植えて有った木の種類は.実が成る木で(イチジクとは)枝や葉っぱを切らないで.掘ったらかしの状態で置いて有ったので.俺が遣り方を知っているから.と親切心に自分の鋸と剪定バサミを持って.切り方を教えて上げるわと言い長ながら近寄つて行ったら。
 (余計なお世話だと言われたので)俺が親切に遣り方を教えてやろうとして来たのに.(そういう言い方わ無いでしょう)と俺が言ったら.彼が.(俺に向かって)うるさいからあっちに行け.と言いながら)手で(犬や猫を追う様な:シグサで追い替えされた事が有りました。
 例えば皆さんも.その様に相手から言われたら度の様に思いますか?.俺は素直にそうですかと言いながら家に戻りました.根本~枝が出て来て1年立てば茎が1m以上伸びる為.場所が狭いのに次々と.色んな苗木を購入して植える事だけは知っている見たいですが。
 植えて数年たてば枝が(段々)多く成り込んで来ますが.管理の仕方が知らないくせに.なんでも植えて置けば良いと.本人は思って居るらしくて困った物ですね.知らなければ素直に切り方を教えて下さい.と言えば俺は何時でも教えて上げるのに.隣同士なので俺は皆んなと.仲良くしていかなければ行けないのにと思って居ますが.相手が俺の事を変な目で見て居る感じで.向こうから俺の方を見てもお互いに挨拶もしません。
 先のNO.1に書いて置いて有る葡萄藪の作り方も.本当は隣の彼に遣り方を教えて上げる内容を.俺は口で言いたいけれど最初に馬鹿にされたから.遣り方を文章に書いて置きましたが.彼は(パソコン)が有る見たいですが.俺もその辺を聞いた事が無いので全然分りませんが.
植えて有る葡萄の種類は(デラウエア)ですが.隣に色んな木や回りが囲まれている為.本来なら房も大きくて.粒が隙間が無いほど(ぎっちり)付いて.居なければいけないのに.回りを囲まれているので.人間に例えれば.満員電車に乗った時に背の高い人は.顔が人の頭の上に成るので良いのですが.背の低い人は隣の人の首~下に顔が有るため.違和感を感じて気持ちが悪い.植物だってそれと同じで.房も小さくて隙間だらけで実も小さい。
 俺から見るとあの葡萄は.昔俺達が畑の回りに有って.何時も取って食べて居た(エブ)の大きさと.同じ位だと何時も見て居るだけです。彼には.俺の(ブログ)の開け方も言ってないので.文章を開いて読んで見ながら.色んな事を行って見て下さい。
 *追伸.俺も隣の家の荒探しをして居る訳では有りませんが.玄関に(家族の表札)が無い.有るのは御爺さんと主人の名前だけ.それと(網戸)が無い.因みに.俺は家を新築して貰った次の年に作って貰ったので.夏の暑い時は何時も網戸にして居るので.快適に過ごして居ます。  次に続く.
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼グルミの木と(キハダ:キワ... | トップ | NO.3 隣の養子 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。