年寄りの知恵袋

若い方々に色んな知識を教えたいと思っています!
実のなる木の剪定方法などを掲載予定です。

N0.2 山の木で迷い安い木に付いて

2017-06-19 10:46:54 | 日記
N0.2 例えば.(小楢とは)皆さんが何処かの森や林の続きなどで見ている.(ドングリ)の実が成る木で夏の頃に(カブト虫)が集まる木の事を言います。
 (大楢:ミズナラ)の木の葉っぱの大きさは.ドングリの木の葉っぱよりもやや大きくて.葉っぱの幅は9㎝位で:長さは20㎝位有ります.例えば(あちら此方)の家の庭先や近くの土手などに植えて有る.柏の木を皆さんも見た事が有ると思いますが.ドングリの木の葉っぱは小さいのに対して.大楢の木の葉っぱは柏の木の葉っぱと同じ大きさです。
 皆さんは柏の木の葉っぱの裏を見た事が有りますか.見て手で触って見ると直ぐ分ると思いますが.細かい産毛の様な毛が生えています。それに比べると大楢の木の葉っぱは.柏の木のはっぱと同じ大きさですが.葉の裏には産毛が無くて少し(ザラっぽい感じ)です。
 大楢の木の葉っぱはにも2種類有って.少し小さめの葉っぱと:大きな葉っぱが有るため.昔山の仕度とをして居た人達が.やや大きな葉っぱの木で(小さい木の苗を)こいて来て.家の敷地などに植えて有る人も居ますが.柏餅にして蒸かし終えた葉っぱを剥す時に.葉っぱが柏の葉っぱよりも柔らかいので.華麗に剥ぎ取る事が出木ません。
*(山ウルシ)に付いて.木の肌は滑らかですべっこい感じですが.木の太さは1年目で手の指位の太さで.高さは1m位の枝の先から伸びた茎に付いて居る.春の芽吹きの頃の茎や葉っぱは薄いピンク色で.固い茎にはトゲが無くて全体が滑らかです.若い芽は柔らかいため.知らない人達が山菜の(因みにタラの木の肌は)鋭いトゲが有るので.見れば直ぐ分ります。
 (タラの芽と)間違えて取って来て.(テンプラ)にして食べる事が有るため.口の中やノド~胃の中や.その先の小腸~大腸に掛けて(カブレ)て.大変な事に成りますので要注意です。若い芽が段々と成長して来ると.葉っぱの色は緑色に変わる.幅は3㎝位で:長さは20㎝位の葉っぱが茎に並んで付いて居る.秋に成って霜が降りると葉っぱの色は.赤く綺麗に紅葉しますその他の種類で(本漆は山に限らず).平地の田んぼや畑の土手などに生えて居るために.親の木の根っこが伸びて:その先に若い芽が出て来て成長している木や.親の木から種が落ちて芽を出した木が本数を増やして居るため.場所に寄っては数本有る所も有ります。
 本漆の木の肌は灰色より黒っぽいくて.太くて大きく成長するし.木の肌も立て方向に細かく裂け目が有り.葉っぱの幅は6㎝位で:長さは25㎝位で滑らかで艶がる.俺は男のくせにどちらの種類にも(カブレ)るので.見掛けたら遠回りをしてさけて通る様にしています。
 次に続く.  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« N0.1 山の木で花が咲く木. | トップ | N0.3 山の木で迷い安い種類... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。