年寄りの知恵袋

若い方々に色んな知識を教えたいと思っています!
実のなる木の剪定方法などを掲載予定です。

山ブドウとエブの違いに付いて.?

2017-07-10 15:10:14 | 日記
 山まのブドウとエブの違い.まず先に山ブドウはどんな稙物かと言うと。
山ブドウは蔓性稙物の為山の色んな木に絡み付いて成長して居る。ツルの肌は茶色で立て方向に皮が「ビロビロ」に割れている。皆さんも.葡萄園のブドウ棚を見た事が有ると思いますが.
あのツルの木の肌と全く同じ種類ですが。
 違う所は山ブドウの房の茎の色は薄いピンク色.(ピンク色の房の方の実は甘い)のに対して(緑色の茎の実は酸っぱい)房の2種類が有りますが.実の大きさは.一番大きい粒でも(ガラス
のビ-玉)位と.そのほかの実は小粒の銀杏位の粒が.(まばらとは)果樹園のブドウ棚の房には.実の間に隙間が無くてぎっしりと付いて居ますが.山ブドウの房には隙間だらけの状態です。最近人間が山の掃除をしないので.木が密集して枝や葉っぱが多い為に.太陽光が葡萄の茎や葉っぱに当たらないので.春花が咲きますが実に成る前に皆落ちて仕舞う。
 何故かと言うと最近「ミツバチ」が居ないので.大きさが大豆位に成ると皆落ちてしまう.それと例えば.木の枝の先に成って居ても高くて取れません。山葡萄の実は最初の内は緑色ですが.秋霜が降りると黒色に変わりながら熟す為.人間が食べる事が出来ますし.中には甘いのも有りますが.酸っぱい物の方が多いかも知れません。
 葉っぱは秋霜が降りると赤く紅葉します。もう-種類のエブの方は.蔓の肌は山葡萄や果樹園のブドウ棚の.ツルの肌と同じですが.葉っぱの大きさがわずかに小さい感じです.俺達も36災害前は山の方に住んで居て.あちら此方の畑の横の桑の木にも.エブの蔓が巻付いて居いて.藪の高さは自分達の頭位の高さの所に成って居た.房の色は黄緑色で実の大きさは大豆位の粒が.房に隙間が無いほどぎっしり付いて居たのを.夏は緑色秋の彼岸が過ぎればピンク色~赤黒く塾すので。エブの房の有る所は藪が低いので。
 小学生でも自分で何時でも取れるので.頃合いを見ながら取って食べて居いました。その頃は至る所にアケビも桑の木や.近くの色んな木に絡み付いて成って居たのが.その後は誰も山掃除をしないので.大きな木の下では太陽光が当たらないので.自然に無く成ってしまって現在は何処に行っても有りません。?   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田県で根曲り竹を取りに.? | トップ | NO.1 隣の家の養子.皆さん... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。