年寄りの知恵袋

若い方々に色んな知識を教えたいと思っています!
実のなる木の剪定方法などを掲載予定です。

NO.4 天使の苺の続き

2017-06-02 11:20:11 | 日記
 NO.4 天使の苺に付いて知りたい方は.上の横の番号の5番の一番上のNO.1とNO.2とNO.3に書いて有ります。
 春の4月始め頃から花が咲き初めて.5月半ば位から花収まりの(かぶたに)苺の実が段々に大きく成長しながら.早い実は段々と色付き初めながら熟す為.頃合いを見ながら収穫した苺の実を水洗いをした後.(アミカゴ)の上に並べて露が切れたら.(PATP・21)長方形の透明の容器に並べて.入るだけ入れて上にラップを掛けてから。
 冷蔵庫の中に入れて置いて容器が2個に成ったら.苺のヘタを取りながら(フ-ドプロセッサ-)で砕いた後.砂糖や蜂蜜を加え無くても苺の甘みだけで充分甘いので.(ヨ-グルト)の空き容器に一杯(上の淵から5㎜)少なく入れて.蓋をしないで冷凍庫に平に並べて凍らせた後に.容器のプラの蓋の切り方は.剥した内側のRに沿って(ハサミで)切ると.丁度良い大きさに成りますから.先ほど凍らせて置いた苺の上に.鋏みで切ったプラの蓋を.凍って塊に成った苺の上に被せてから乗せて.注意として.冷凍庫の中の高さにも依りますが。
 俺の場合は2個ずつ重ねて入れて有るので.ある程度冷凍庫の中が整理が出来ますし.凍らせた苺を解かして食べる時には.(パックに入って売られている).100%濃縮野菜ジュウースを少し入れて.かき混ぜて食べると非常に甘くて濃厚で美味しいです.完全に溶かさずに(シャ-べットタイプ)で食べて見るのもおつな物ですよ.天使の苺は露地植の状態でも.春~秋に掛けて3回花が咲いて実を付けるので.例えばビニ-ルハウスなら.冬の寒い時でも4回目の花が咲いて実を楽しむ事が出来ますから。
 天使の苺は3ヶ月置きに花が咲いて実を付ける感じですが.普通の苺は寒い時期に実を付ける様にするには.カップに植えた苗を海抜の高い所に移動して.冬の寒さを体験させた苗をハウスに戻して植える事で.1月の元旦に収穫をしたり.観光客に味わって貰う事が出来ますが.天使の苺は色んな事はしないし.肥料も施さなくても.時期が来ると自然の空気で花が咲いて.実を付けるのでこんな良い事は行なった方が得ですよ。
 今までの一般の苺は赤いのが本当の苺だと皆が思い込んで居る為.薄ピンク色の苺なんか甘く無くて.酸っぱいとわと思って居ると思いますが.最初の内は皆が疑って見て居るだけで.手を出さない様な気がしますが.試に1個食べて見るとすぐ分ると思います.何だ色のわりには結構甘いわと.食べた人が大きな声で言って貰えば.その他の人達も次々に食べて見ると思います。次に続く、  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワラビを茹でて | トップ | NO.5 天使の苺.? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。