年寄りの知恵袋

若い方々に色んな知識を教えたいと思っています!
実のなる木の剪定方法などを掲載予定です。

NO.1 隣の家の養子.皆さんは色んな苗木を.植えた後の管理

2017-07-12 02:11:09 | 日記
 N0.1 多くの皆さんに行って貰いたい事が有ります.それは何かと言うと例えば.ホ-ムセンタ-などから色んな植物の苗を購入して来て.自分の敷地内に植える事は知って居ますが.植えた後の手入れをしないで.掘ったらかしの状態にして置かないで。
 手入れの遣り方は例えば.葡萄の根本~出て居る蔓の本数が多い「かぶた」を.そのまんまにして置かないで.春の4~5月頃に行う事は.一番先に出て来た大きい芽を1個残して.そのほかの芽は全部(搔くとは)取り除く事.最初の1年は1個の芽を真直ぐ上に伸ばす事.ある程度伸びて来たら.自分の腰の高さに保つ様な藪の作り方は.ホ-ムセンタ-に売られている。
 (亜鉛メッキ)のパイプを購入して来る本数は.長さが:1本は真っ直ぐ上に立てるので.2m
を2本:斜めのXを2本と筋かえが1本加わるので.一組が3本で二組作るので6本購入.長さは2mを使用します。二組の(X:転び度目の役目とは)茎や葉っぱが多く(繫るとも言います)
成り.強い風が吹いても転ばない為の.筋違の入れ方は(例えば:藪に向かって)1本は右上~左下の土まで.もう1本は左上~右下の土まで.斜めに傾けた(パイプ)同士が(まじわう所を).3㎜のアルミの針金で縛って置く事で(よろび:転び止が)完成する。
 上に少し長いパイプ3mを横に乗せるので.敷地の場所にも依りますが3mを1本購入する事.出来上がった横向きの葡萄棚のセットが.内がわに傾かない様に.両方の内側に2mの筋違を入れる事.パイプの上に.葡萄の蔓を紐などで縛り付けながら.横に2mの所で蔓を切って置くとよい.2mの立てのパイプには.3㎜の(アルミの針金を)上下の間隔を30㎝位置きに.縛り付けて置く事で藪が「ガッチリ」します。次の年の5月頃~横に這わした蔓に.新しい芽が出て来たら.上下の横向きの針金に.紐で縛り付けながら誘導して伸ばせば良い。
 その内に段々に枝芽が出て来て本数も増えますが.出て来た芽を全部育てると(ツルが)込み過て.房の付き具合が悪いし.粒が(不ぞろい)に成るので.芽を搔いて本数を調整する事です。俺の隣の兄さんは長男の為本来は実家を継いでいかなければ行けないのに.僕は百姓が出来ないので弟に家を任せて.僕が養子に行くからと言って来たらしい.所が貰った方も小さい百姓屋で.家の前の庭続きに8畳間が4つ位の畑が有って.家の回りや庭などにも草が一杯生えて来ても.全然草を取る気が無いので困った物です。
 家の回りや畑の草が気に成らない人間が.ホ-ムセンタ-から大きく成長する木の苗を.購入にて来て植える事だけはしますが.その後の手入れをしないので.奥さんのお父さんが時々来た時に.こんな畑の南側に大きく成長する木を植えて.どうするんだと言いながら(根本~切た後に)細かく切断した物を.軽トラに積んで自分の家に持ち帰る。次に続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山ブドウとエブの違いに付い... | トップ | 鬼グルミの木と(キハダ:キワ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。